金閣寺は、京都市北区にあるお寺です。金色に光り輝く建物が、観光名所として世界的にも有名です☆

金閣寺では、どのような御朱印や御朱印帳を頂けるのか、その種類と頂ける時間や場所、そして金閣寺の見所をご紹介します^^

スポンサーリンク

金閣寺の御朱印の種類や値段は?

金閣寺では、2種類の御朱印を頂くことができます。

金額は、各300円です。

  • 舎利殿
  • 石不動尊

舎利殿(しゃりでん)

 出典:http://hokuhoku-portfolio.seesaa.net/article/389636549.html

舎利殿」と中央に大きく書かれています。

舎利殿とは、お釈迦様の遺骨を安置する建物のことであり、

一般的に金閣寺と呼ばれている、あの金色に輝く建物のことを指します^^

舎利殿の最上層の内部中央が、仏舎利を安置する構造になっています。

石不動尊(いわふどうそん)

出典:http://hokuhoku-portfolio.seesaa.net/article/389636549.html

金閣寺の境内には不動堂があります。不動堂のご本尊は、石不動明王です。

御朱印には「石不動尊」と書いてあります。

あまり知られていないのですが、眼の病気に御利益があるといわれています。

金閣寺の御朱印が頂ける時間は?

参拝時間:9:00~17:00

17:00ピッタリに閉門してしまいます><

時間的には夕方が混み合います。比較的、午前中はすいているようです♬

ちなみに、午前中の晴れた日は、舎利殿(金閣)に正面から陽が当たって、ひときわまばゆいですよ☆

京都観光を金閣寺からスタートさせるのも、いいかもしれません!

※御朱印受付時間も同様ですが、16:30からは書置きの御朱印のみの対応となりますので、

ご注意ください。

スポンサーリンク

金閣寺の御朱印のもらえる場所は?

出典:http://watashaji.blog81.fc2.com/blog-entry-265.html

御朱印所は、金閣寺の境内を順路通りに進むと、出口付近にあります。

不動堂近くの納経所に「朱印所」と案内が出ています^^

書置きの御朱印も用意されていますが、観光客が多いシーズンはとても混雑しますので、

ゆとりをもって頂くようにしましょう。

また、境内は通路が狭かったり、坂があったりしますので、歩きやすい服装がいいですよ^^

 

出典:http://www.shokoku-ji.jp/k_sanpai.html

金閣寺で買える御朱印帳の種類は?

舎利殿(金閣)と鳳凰のデザインのオリジナル御朱印帳!

出典:http://ur2.link/KR3a

出典:http://hokuhoku-portfolio.seesaa.net/article/389636549.html

表紙には舎利殿(金閣)と池、裏表紙には鳳凰と足利家の家紋が、

金色の糸で刺繍してあります☆色鮮やかで格調高いデザイン。

表紙が厚くて高級感もあります。色違いで黒と水色があります♬

黒=夜の金閣寺、水色=昼の金閣寺、というイメージ!

やはり、オリジナルデザインは人気が高いそうです^^

ビニールカバーも付いています。

料金:1,900円
サイズ:12cm×18cm
色の種類:黒・水色
買える時間・場所:9:00~17:00・不動堂近くの御朱印所にて

オーソドックスな御朱印帳!

出典:https://ameblo.jp/clairetokuma/entry-11140075167.html

リーズナブルな御朱印帳もあります。唐草模様です☆

模様違いで薄緑色もあります♬

料金:900円
サイズ:12cm×18cm
色の種類:ピンク・薄緑色
買える時間・場所:9:00~17:00・不動堂近くの御朱印所にて

金閣寺の見所は?

舎利殿(金閣)

1987年(昭和62年)に大規模な改修が行われて、現在の姿となりました。

舎利殿は、三層構造になっています。

一層目は寝殿造(しんでんづくり)の阿弥陀堂、二層目は武家造(ぶけづくり)の住居、

三層目は禅宗仏殿造り(ぜんしゅうぶつでんづくり)の中国風の仏間で、

3つの建築様式が美しく調和した、室町時代の代表的な建物です。

残念ながら、内部への立ち入りはできませんが、三層部分は内側にも金箔が貼られています。

三層の順番についても意味があり「武家は貴族(寝殿造り)よりも上である」

ということを示唆しているそうです。

舎利殿の屋根の上には、金色の鳳凰(ほうおう)が輝いていますが、

この鳳凰は、金閣寺を建立した足利義満をあらわしているといわれています^^

ちなみに、現在の鳳凰は三代目とのことです!

出典:https://hirotravel.com/kansai/kinkakuji/page_thumb4.html

鏡湖池と葦原島

舎利殿を囲む、約6,600㎡(約2千坪)もの広い池は、鏡湖池(きょうこち)といいます。

舎利殿を鏡のように映し出すために作られた池です^^

湖面に映る逆さの舎利殿を楽しむのはもちろん、舎利殿の中からも(湖面の)舎利殿を

楽しむことができるようになっているのだそうです!

池には、葦原島(あしはらじま)など大小の島々や奇岩名石(珍しい形の大きな岩)があり、

極楽浄土を連想させる作りとなっています☆

この鏡湖池を中心とする金閣寺の庭園は、国の特別史跡及び特別名勝に指定されています。

出典:https://ameblo.jp/mtr-blis-3838/entry-12163001347.html

スポンサーリンク

夕佳亭

出典:https://kyototravelnoosusume.hatenablog.com/entry/kinkakujisekatei

江戸時代初期に、天皇をご招待するために作られた数寄屋造りの茶室です。

現在の建物は、1874年(明治27年)に再建されたものです。

夕佳亭(せっかてい)」という名は「夕日に映える金閣が、殊(こと)に佳い(よい)」

ということから名付けられているそうです。

舎利殿(金閣)を臨む最後のスポットですので、その美しさをぜひ堪能してください^^

不動堂

出典:http://ur0.work/KT2f

ご本尊の石不動明王像は、真言宗の開祖である弘法大師・空海ご自身の手によって

彫られたといわれています。

絶対秘仏であるため、一般公開は年に2回(2月3日と8月16日)のみです。

不動堂は、金閣寺の境内では最古の建物です☆

境内の出口付近にあるため、通り過ぎてしまう観光客の方々も多いのですが、

おみくじも引けますので、ぜひ立ち寄ってお参りしてくださいね!

御守授与所

出典:https://ameblo.jp/mtr-blis-3838/entry-12163001347.html

舎利殿(金閣)の正面から裏側を回って少し進むと、

たいへん味のある、かやぶき屋根の御守授与所があります。御札も授与して頂けます。

観光客で賑わっていることが多いです☆

このお屋根のフォルムがとてもかわいらしくて、つい足を止めてしまうスポットです♬

金閣寺の住所・電話番号は?

住所:京都市北区金閣寺町1
電話番号:0754610013
公式サイト:金閣寺

京都の数ある有名寺院の中でも、代表格といえる金閣寺。

正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)で、臨済宗相国寺派の塔頭寺院のひとつです。

室町幕府三代将軍の足利義満が、別荘にあたる「北山殿」を建てたのが始まりといわれています。

寺内の建物のひとつ「舎利殿・金閣」が特に知られているため、金閣寺と呼ばれています。

1994年(平成6年)に、ユネスコの世界文化遺産「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。

スポンサーリンク

人気のオススメ御朱印帳をご紹介☆

御朱印帳をもらったら集める御朱印帳が必要です☆
ネットでじっくり選びたい方は、通販で大人気のこちらはオススメです!

御朱印のためだけに作られた高級和紙を使用♪
ページ数も60頁とたくさんあって嬉しいですよね。

素敵な表紙も汚れない!透明カバー付き御朱印帳です♪
柄の種類も22種類と豊富だから好きなものを選んでくださいね。

まとめ+関連記事

金閣寺の御朱印の文字は、大変力強くて気高さも感じられますよね☆

金閣寺は四季折々の景観がそれぞれに素晴らしく、何度訪れてもまた行きたくなってしまう場所です♬

修学旅行で行ったことがある!という方が多いと思いますが、再訪もおススメですよ^^

関西の御朱印の記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

【京都】

【奈良】

    記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします^^

    スポンサーリンク