萬福寺(まんぷくじ)は、京都の宇治市にあるお寺です。中国の寺院のような雰囲気が感じられるお寺です^^
萬福寺では、どのような御朱印や御朱印帳を頂けるのでしょうか?その種類と頂ける時間や場所も気になりますね!
そのため今回は、『萬福寺の御朱印と御朱印帳の種類は?もらえる時間や場所、見所やアクセスも』をご紹介します^^

スポンサードリンク

萬福寺の御朱印の種類や値段は?

出典:https://ameblo.jp/tap-kun16/entry-12302912983.html

現在、萬福寺で頂くことができる御朱印は、5種類です!

萬福寺の御朱印
  1. 本堂の御朱印「大雄宝殿」
  2. 開創350周年記念の御朱印「萬徳尊」
  3. 都七福神の御朱印「布袋尊」
  4. 「韋駄天」
  5. 「魚梆」

本堂の御朱印

出典:https://ameblo.jp/devilark666/entry-12190079671.html

萬福寺本堂の御朱印です。

御朱印中央に書いてある大雄宝殿(だいおうほうでん)とは、本堂のことです。

開創350周年の記念御朱印

出典:https://ameblo.jp/devilark666/entry-12190079671.html

萬福寺は、2011年(平成23年)に開創350周年を迎え、2011年から2012年にかけて日本各地で特別展などが開かれました^^

こちらは、それを記念して頒布されている御朱印です。

御朱印中央には、萬徳尊と書かれています。萬徳尊とは、お釈迦様のことです。

都七福神の御朱印

出典:https://ameblo.jp/devilark666/entry-12190079671.html

萬福寺は『都七福神まいり』に含まれています。

御朱印の右側に印が押されていますね。「諸縁祥(しょえんきっしょう)」の文字もあります☆

そして中央には「布袋尊」の文字が書かれています!

布袋尊は、七福神のお一人で、開運・子宝・良縁・財運などの御利益を頂ける神様です。

都七福神まいり は、日本最古の七福神まいりといわれています。

特に新春に巡拝すると、功徳が大きいとされていますので、ぜひお参りしたいですね♬

韋駄天の御朱印

出典:https://ameblo.jp/devilark666/entry-12190079671.html

萬福寺の天王殿に鎮座されている韋駄天像の御朱印です。

韋駄天(いだてん)は、足の速い神様として知られていますね◎

韋駄天と背中合わせに布袋尊が鎮座されていますよ^^

魚梆の御朱印

出典:https://ameblo.jp/devilark666/entry-12190079671.html

 

萬福寺の魚梆(ぎょほう)の御朱印です。

魚のイラストが特徴的です!横書きの御朱印は、少し珍しいかもしれません◎

魚梆とは、飯梆(はんぽう)、開梆(かいぱん)ともいわれ、木魚(もくぎょ)の原形です。

もともと木魚は、たたいて時を報せる法具だったのだそうです^^

三門を入ってすぐのところに小さい魚梆があって、参拝者が実際にたたくことができます♬

出典:https://ameblo.jp/tap-kun16/entry-12302912983.html

萬福寺の御朱印が頂ける時間は?

参拝時間 9:00~17:00 ※受付は16:30まで
御朱印受付時間 9:00~16:30

拝観料は、500円です。

※御朱印受付終了時間は、閉門の30分前までになります。ギリギリにならないように、余裕をもってお参りしてくださいね^^

スポンサードリンク

萬福寺の御朱印のもらえる場所は?

出典:https://www.kyotonikanpai.com/spot/04_05_uji/manpukuji.shtml

萬福寺の御朱印は、すべて寺務所で頂くことができます!

寺務所は、斎堂(さいどう)の奥になります。斎堂には、魚梆がかかっていますよ☆

場所の詳細は、萬福寺公式HPの境内散策のページをご参照ください^^

境内はとても広く、たくさんの伽羅(がらん・寺院の建物)やお堂があります。

各伽藍は回廊でつながっており、雨天でも濡れずにお参りすることができますよ◎

萬福寺で買える御朱印帳の種類は?

萬福寺で買えるオリジナル御朱印帳は、2種類です!

※オリジナルではありませんが、他のデザインの御朱印帳を取り扱いされていることがあるようです^^

葵の御紋の御朱印帳!

出典:http://gosyuinnotabi.web.fc2.com/newpage295.html

出典:http://gosyuinnotabi.web.fc2.com/newpage295.html

萬福寺の御朱印帳には、「徳川葵」と呼ばれている丸に三つ葉葵(まるにみつばあおい)の紋がデザインされています◎

三つ葉葵は、黄檗宗(おうばくしゅう)の宗紋として使用されています。

御朱印にも印が押されていますね^^

黄檗宗は日本三大禅宗のひとつで、萬福寺は黄檗宗の総本山になります。

料金:1,200円
サイズ:16cm×11cm
色の種類:赤・紺
買える時間・場所:

萬福寺の見所は?

萬福寺の境内は、建物が左右対称に配置されていて、中国の建築手法やデザインが見られ、大変美しい様相です◎

萬福寺の見所をご紹介いたします♬

参道

出典:https://ameblo.jp/kazz0517/entry-10981512229.html

萬福寺の参道は、境内をまっすぐ、三門から天王殿、大雄宝殿、法堂と貫いています。

正方形の平石を菱形に敷き、両側を石條で挟んだ形式で、龍の背の鱗(うろこ)を表しています。

龍の背に乗ることはタブーとされていますので、菱形の石の上は歩かないようにしましょう><

放生池

出典:https://ameblo.jp/kazz0517/entry-10981512229.html

萬福寺の三門前には放生池(ほうじょうち)が広がります。

毎年6月下旬から7月にかけて、ピンクや白色のハスの花が咲き誇ります。

池というより、ハスの花畑のようですね☆

スポンサードリンク

萬福寺の住所・電話番号は?

住所:京都府宇治市五ケ庄三番割34
電話番号:0774323900
公式サイト:萬福寺

萬福寺は、京都府宇治市にある寺院で、正式名称は黄檗山萬福寺(おうばくさんまんぷくじ)です。

1661年(寛文元年)に、中国の僧である隠元禅師(いんげんぜんし)が創建されました。

ご本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)です。

隠元禅師は「インゲン豆」や「スイカ」「煎茶」などを日本にもたらしました。

萬福寺の伽藍建築・文化などは、中国の明朝様式にならっています。

萬福寺の建物の多くは、国の重要文化財に指定されています。

御朱印帳のオススメをご紹介☆

御朱印帳をもらったら集める御朱印帳が必要です☆
ネットでじっくり選びたい方は、通販で大人気のこちらはオススメです!

御朱印のためだけに作られた高級和紙を使用♪
ページ数も60頁とたくさんあって嬉しいですよね。

素敵な表紙も汚れない!透明カバー付き御朱印帳です♪
柄の種類も22種類と豊富だから好きなものを選んでくださいね。

まとめ+関連記事

萬福寺では黄檗宗の禅修行を体験することができます!
また、普茶料理(ふちゃりょうり)という精進料理をいただくこともできますよ。
とても貴重な機会ですので、ぜひ一度体験してみたいですね☆

関西の御朱印の記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

『京都』

『奈良』

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします^^

スポンサードリンク