ハワイといえば、常夏の国というイメージですが、1月の服装はどんな格好で行けばいいのでしょうか?また、気温や天気、持ち物も気になりますよね☆
そのため今回は、『ハワイの1月の服装は?気温や天気、持ち物や旅行の注意点、日本との温度差には注意』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

ハワイの1月の服装の目安は?

出典:http://u0u1.net/MEsL

【ハワイの1月の服装の目安】

  • Tシャツなど、半そでのトップス
  • 短パンなど、短いボトムス
  • 女性は薄めのワンピースなど
  • 冷房対策として、パーカー、カーディガンなど

日本での、6月下旬~7月中旬くらいの服装をイメージすると良いですね^^
真夏よりも少し手前くらいの服装をしていくのがおすすめです。

トップスはTシャツなど半袖

1月のハワイでの服装は、トップスはTシャツなどの半袖でOKです♪

夜は20℃を下回ることもありますが、
長袖を用意していくよりは、何か羽織るもので対応することをおすすめします。

ボトムスは短パンなど

ボトムスについても、夏の短パンでOKです♪

ハワイに観光に来ている人は、ほとんどが短パンを履いています。
日本だと、夏でも長ズボンを履いている人も多いですが、
ハワイだと浮いてしまうので、短パンを持っていくといいですよ^^

女性はワンピースもオススメ

出典:http://u0u1.net/MEsO

女性は、薄めのワンピースもおすすめです。

現地にハワイアン風のワンピースを売っているお店もたくさんあるので、
現地で購入しても良いですね^^

ハワイで人気のワンピースブランドとして、「ティアレハワイ」「ラニラウ」
「カッシュハワイ」「イオラニ」などがあります。

羽織ものはパーカー、カーディガン

羽織りものはパーカーやカーディガンで、
UVカットできるものであれば尚良いですね^^

いくら常夏のハワイといっても、常に暖かい訳ではありません。

天気の悪い日や、日没後、朝晩などは肌寒くなります。
身体を冷やすと風邪など引いてしまうこともあるので、
身体を冷やさないように、羽織りもので体温調節をしましょう^^

1月のハワイの気温と天気は?

出典:http://u0u1.net/MEsG

1月のハワイの気温

1月のハワイの平均気温は23℃と、とても暖かいです。
さすが常夏の国、ハワイですね^^

平均最高気温26.7℃平均最低気温19.1℃ですから、
日本でいうと初夏にあたるくらいの暖かさです。

これでも、ハワイにしては涼しいほうです。
夏はもっと暑くなるので、1月はハワイに行くのに適した季節でもあります。

晴れていれば泳げる

出典:http://u0u1.net/MEsI

常夏のハワイでは、1月でも海で泳ぐことができます

ハワイの海の平均水温は25℃程度で、年間を通して温かいです。

とはいっても、朝晩や天気が悪い日は気温が下がり冷え込みますので、
1月のハワイで泳ぎたい時は、晴れている日の日中にしましょう^^

寒暖差や室内のクーラーに注意

ハワイでは、屋内のクーラーが強く効いているところが多いです。

ショッピングなどで屋内にいる時間が多いと、
いつのまにか身体が冷えてしまっていることも良くあります。
海で泳いだりした後なら尚更ですね。

また、朝晩と日中の寒暖差もあるので、
一日中常夏の服装のまま過ごして風邪を引かないよう気を付けましょう。

寒暖差や屋内で体温調節できるように、
パーカーなど、羽織れるものを常備しておくと良いですね^^

1月は雨季

ハワイは雨季と乾季があり、1月は雨季のシーズンになります。

ハワイでは10月~3月が雨季、4月~9月が乾季に当たり、
雨季には降水量も多くなります。

ただ、雨季といっても、日本の梅雨のように毎日雨の日が続くというわけではなく、
短時間にまとまって降るので、降水量は日本に比べて多くありません。

雨上がりに虹が出ることも多いので、
雨季のシーズンならではの楽しみもありますよ♪

スポンサードリンク

ハワイの1月の持ち物は?

出典:http://u0u1.net/MEsT

  • ストールやスカーフ
  • パジャマ
  • 小さくたためるダウン
  • ヒートテックやレギンス
  • 帽子・サングラス・日焼け止め
  • ウェットティッシュ
  • 携帯の防水カバー
  • ビーチタオル

ストールやスカーフ

日焼け対策や、冷房対策として、女性はストールやスカーフを持っていきましょう。

ハワイは1月でも日差しが強く、肌を長時間露出していると、日焼けしてしまいます。

また、屋内は冷房が強く効いているところが多いので、
外にいるときの恰好のままだと、寒く感じることもあります。

ハワイでは、半袖やスカートなど、肌を多く露出する服装をする時間が長くなるので、
ストールやスカーフが一枚あると便利です。

パジャマ

出典:http://ur2.link/MJUl

ハワイでは、日本のホテルのようにパジャマなどが置かれていないので、
パジャマが必要な方は持っていくようにしましょう。

冷房が効きすぎていることもあるので、
夏用の薄いパジャマだと寒く感じることがあるかもしれません。

パジャマを持っていく場合は、冬用の生地の厚いものではなく、
春や秋に着るような薄めの長袖長ズボンのパジャマでOKです^^

小さくたためるダウン

日本とハワイの気温差に備えるため、小さくたためるダウンを持っていくようにしましょう。

ハワイは暖かくても、日本は真冬です。
日本を出るまで、日本に帰ってきた時は、暖かい上着を着ないと
風邪を引いてしまいます。

ハワイでは、さすがにダウンは必要ないので、
かさばらず、小さくたためるものを用意していきましょう。

ヒートテックやレギンス

ダウンをサポートするものとして、ヒートテックやレギンスも用意することをおすすめします。

1月といえば日本は真冬なわけですが、あまりにかさばるアウターを着ていくと、
ハワイについたときにかさばって不便です。

ですから、小さくたためる少し薄目のダウンに、
それだけでは寒いときは、ヒートテックやレギンスを合わせて、
寒さ対策をすると良いですね☆

帽子・サングラス・日焼け止め

 

ハワイは日差しがとても強いので、
帽子・サングラス・日焼け止めは必須アイテムです。

帽子はUVカットのもので、頭皮や髪への紫外線をブロックしましょう。
つばの広い帽子であれば、顔も紫外線から守ることができます^^

また、ビーチに行くならラッシュガードもあった方がいいですね^^
ラッシュガードがあれば、日焼け止めを何度も塗り直す必要がなくなります♪

ウェットティッシュ

ハワイでは、日本の飲食店のようにおしぼりが用意されていることは少ないので、
ウェットティッシュを持参するようにしましょう。

レストランだけでなく、砂浜で手を拭いたりするのにも役立ちますよ。

携帯の防水カバー

海やプールサイドでは、水や砂対策として、
携帯の防水カバーがあるといいですね^^

最近では防水携帯も沢山ありますが、海では砂の対策も必須になります。

携帯の防水カバーがあれば、
水や砂対策になる他、小銭なども一緒に持ち歩くことが出来ます。

防水カバーは首から下げられるタイプの物がおすすめですよ♪

ビーチタオル

大きめのビーチタオルがあれば、
身体の冷えを防いだり、砂浜やプールサイドに敷いたりすることもできるので、何かと便利ですよ^^

特に海から上がった後は、海風で身体が冷えやすいので、
忘れないように持って行きましょう。

スポンサードリンク

ハワイの旅行のおすすめをご紹介☆

ホテルは先に決めておこう!



『現地で止まる場所決める!』となると、かなり汚かったり、サービスが悪かったり、宿を取れなかったりとトラブルが起こりかねません

そのため、利用会員が9600万人もいる大手のトリップアドバイザーで宿泊先を探しておきましょう!
ここは、9600万人の口コミが見れたり、場所に合わせて宿泊先ランキング等も見れちゃうので、
アタリを見つける確率が格段に上がります

今や何を決めるにしても口コミは必須なので、おすすめです^^

【高評価レビュー 4.5点!!】ラッシュガード レディース 送料無料

高品質のシンプルラッシュガードです☆
首元~手まで紫外線がガードでき、しっかりとした厚さの生地を使用しているので
身体に張り付きにくく、シルエットのバランスを良くするシンプルなデザインです^^

ラッシュガード メンズ ≪365日品質保証≫

メンズ用のラッシュガードです☆
日焼け防止、速乾、擦り傷防止、保温性に優れているので、
サーフィンなどのマリンスポーツウェアに最適です♪

ダウンジャケット メンズ 撥水 防風 透湿

リアルダウン80%使用の軽量ダウンジャケットです☆
軽く羽織れるライトダウンなので着膨れしにくく、
インナーダウンとしても着用することができます☆

まとめ+関連記事

1月のハワイは、海で泳げるほど暖かいのですが、ちょっと雨が多い時期です。日本は真冬なので、日本との気温差にも気を付けて用意していきたいですね^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク