韓国ソウルの1月・2月・3月は、日本と比べてもかなり寒いようで、どんな服装をすればいいのか気になりますよね?
また、気温や天気はどうなのでしょうか?
そこで今回は、『韓国の服装!1月/2月/3月の気温や天気、持ち物や旅行の注意点等も』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

韓国での1月/2月/3月の服装の目安は?

出典:https://www.konest.com/contents/spot_hot_report_detail.html?id=9742

  • アウター :厚手のコートやダウン
  • トップス :厚手のセーター等
  • インナー :ヒートテック等
  • 靴    :女性はムートンブーツやロングブーツ

アウター 厚手のコートやダウン

釜山や済州島だと日本の東京の冬と同じような服装でだいたい大丈夫ですが、
ソウルの冬は最低気温が氷点下になる日がかなり続きますので、しっかりとした防寒対策が必要になります。
東京よりもはるかに寒いので、アウターには厚手のコートやダウンを準備しておきましょう。

トップス 厚手のセーター等

そして、コートの中に着る服では、厚手のセーターがいいでしょう。
もしくは、首元の防寒対策としてタートルネックやハイネックなどのニットセーターもおススメですね。
ニットセーターであれば、屋内と屋外で簡単に温度調節がしやすいですからね。
その他では、ハイネックとセーターの重ね着にするのもいいですね。

インナー ヒートテック等

さらにその下に着るインナーにも防寒対策をしましょう。
下着の上に着るとすれば、ユニクロの極暖やヒートテックを2枚重ねに着るととっても温かいです!
上にたくさん着こむよりも下にたくさん着こむことで防寒することが大切になります。

ただ、インナーを着すぎると室内に入って暑くなったときにも気軽に脱いだり着たりすることが難しいので、
その辺りも考えて、脱いだり着たり楽にできるユニクロライトダウンのようなベストは非常に便利ですね。

最後に足元が冷えると寒さの体感が増しますので、
靴の中の靴下も足の冷えないような厚手のものにしましょう。
これもヒートテックのようなあったかい靴下にするのもいいですね。

また靴は、運動靴では寒さが足に伝わりやすいため、ムートンブーツやロングブーツがおススメですね。
モコモコのムートンブーツだと見た目にもあったかそうですからね^^

その他、パンツの下もタイツ履いて防寒すると、なお足の寒さを防げますね。

韓国の1月、2月、3月の気温や天気は?

出典:http://www.ap-travel.com/blog/travel-topics/korea/ko_vol07.html

特にソウルの気温はかなり低い!

ソウルの位置と東京の位置を比べると、少しだけソウルのほうが北に位置します。
ですので、東京と同じような気候だと思いがちですが、実は季節によっても大きく違います。
特に冬の寒さは大きく違います。

ソウルでは一日中、0度以下という日もあったりするので、
東北より北に住んでる人なら慣れた寒さかもしれませんが、東京と比較すると厳しい寒さですね。
気温だけ見ると、北海道の札幌くらいの感覚になります。

また、場所によっては真冬の時期はマイナス10度を超えるような極寒になるところもあり、
この部分だけ見ても韓国の冬は日本の東京以上に厳しい寒さであることがわかります。

ソウルでも最高気温がマイナスの時が多く、雨の代わりに雪がよく降ります。
その寒さのため、建物の中は暖房が効いているのですが、屋外と屋内との温度差が厳しいので、
余計に寒さを感じることになりますね。

ではここで、月ごとのソウルと東京の気温を比較してみましょう

ソウル 1月 2月 3月
最高 1.6 4.1 10.2
最低 -6.1 -4.1 1.1
降水量 21.6 23.6 45.8
東京 1月 2月 3月
最高 9.8 10.0 12.9
最低 1.1 2.4 5.1
降水量 48.6 60.2 115.0
【1月】

ソウルは朝晩はマイナス7度くらいまで下がることもめずらしくなく、一年でもっとも寒い冬本番のシーズンです。
日中の気温もマイナスのまま留まりやすく、外に出ると身を締め付けられて芯から冷えるような感覚になります。
寒さで体が痛く感じこともあります。

【2月】

ソウルはマイナス5度くらいまで下がることもあり、1月よりは冷え込みのピークが過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が多いです。最高気温、最低気温の差が激しいですし、東京の1月よりも寒いのでまだまだ防寒対策は必要になりますね。
東京よりも降水量は少ないため、空気はカラリと乾燥しています。

【3月】

ソウルはようやくマイナス気温から解放され、1,2月に比べるとずいぶん暖かく感じる日が増えてきます。
ただ、それでも東京の1月と同じくらいの気温ですから、まだまだ寒く、春間近を感じるにはもう少し時間がかかりそうですね。

■3月の服装に関しては別記事で詳しくご紹介しています☆
韓国の3月の服装!気温・天気を基準に旅行のコーデの目安を紹介!

スポンサードリンク

釜山や済州島は東京とあまり大差はない

次に、ソウル以外で旅行のスポットとなる釜山や済州島と東京との気温の違いを見てみましょう。

釜山 1月 2月 3月
最高 7.6 9.1 13.0
最低 -0.7 0.5 4.6
降水量 37.8 44.9 85.7
済州島 1月 2月 3月
最高 8.3 8.9 12.2
最低 3.0 3.1 5.6
降水量 63.0 66.9 83.5
東京 1月 2月 3月
最高 9.8 10.0 12.9
最低 1.1 2.4 5.1
降水量 48.6 60.2 115.0

上の表から各月の気温を比較してみると、

【1月】

釜山や済州島の最高気温は8度くらいで、最低気温は釜山は氷点下、済州島は3度くらいになります。
東京と比べると、釜山は最高気温、最低気温とも気温も低く寒さが厳しそうです。
ただ、済州島はほとんど東京と気温は変わらないですね。

【2月】

釜山や済州島の最高気温は10度くらいで、最低気温は釜山は0.5度、済州島は3度くらいになります。
東京と比べると、釜山のほうが最低気温は低いとはいえ、釜山も済州島も東京とほぼ同じ気温になっています。

【3月】

釜山や済州島の最高気温は13度くらいで、最低気温は釜山と済州島とも5度~6度くらいになります。
この時期になってくると東京と比べても釜山、済州島とでほとんど気温差はなく、ほぼ同じ気温になっています。

各地の気温表を見ても、ほとんど日本で国内旅行をするときと同じような服装で充分ですね。
ただ、一年を通じて空気が乾燥しているので、喉が弱い場合はうがい薬や喉飴を持参して予防してくださいね。

■3月の服装に関しては別記事で詳しくご紹介しています☆
韓国の3月の服装!気温・天気を基準に旅行のコーデの目安を紹介!

時には雪が降る場合も

冬は、北西からの風が強く吹きこんでくるため、空気がとても乾燥しています。
しかも寒冷で大陸性の高気圧の影響で寒さが厳しくなります。
ソウルでは最高気温も氷点下になることが多く、雪がよく降ります。

1月/2月/3月の韓国旅行の持ち物は?

出典:https://unusual-web.com/?p=1679

防寒アイテム(帽子、マフラー、手袋)

韓国の冬は日本の東京よりも断然寒いです。ですので、ダウンコートや暖かいニットを着ていくのはもちろん、下着も発熱する効果のあるものにしたり、靴下を厚手のものにしたりなどの工夫もするようにしてくださいね。その他、帽子や手袋、マフラー、耳あてなど思い付く防寒のためのアイテムは荷物にならない程度に忘れずに準備しましょう

また、身につけていくもの以外でもカイロは必要な持ち物になります。滞在する日数分持っていくようにすれば安心ですね。

マスク

上の防寒アイテムで身体のほとんどの部分は覆われましたが、後は顔がカバー出来ていないので、そこはマスクを使ってカバーします。
凍てつく寒さでとにかく風が痛く感じるので、それを和らげるためにも顔をカバーできるマスクは必需品になります。

圧縮袋

出典:https://kariruno.com/futon-compression/

かさばる厚手のセーターやニットなども圧縮袋があれば、ぎゅっと圧縮して収納することが出来るので、鞄のスペースが空いてくるので圧縮できない他の物を持っていくことが出来ますね。
特に冬場はかさばる服が多いのでオススメですね。
100円ショップにも売られていますから、購入しやすいでしょう。

クレジットカード

クレジットカードは市場や露店などを除いて、ほぼどこでも使えますので、現金をたくさん持ち歩かずに済むのがいいですね。
万が一にもカードが使えなくなってしまったということもあり得ますので、念のため予備のカードを持っておくと安心ですね。
両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる場合がありますし、現金をたくさん持ってると盗難の心配があります。
多少の現金は必要ですが、必要以上には持って行かなくてもいいので、クレジットカードは持っておくと便利ですね。

パジャマ

出典:https://www.talblo.com/entry/2015/11/23/102605

いわゆる高級ホテルとよばれる一部のホテルのみ、お部屋にバスローブが備わっています

ですので、パジャマは先の圧縮袋で圧縮し、持って行くようにするのがいいですね。
持っていかずに、ホテルに泊まった時にバスローブがないのが分かって、あたふたする時間がもったいないですからね。

防寒着など必要であれば現地調達もOK

事前にしっかりと準備したと思っていても、やっぱり防寒グッズが足りなくて寒い!なんてこともありますよね。
そのときの対処法は、「現地調達」ですね^ ^
韓国は日本よりも安価でいろんな服が種類豊富に揃っているので、寒くて服が足りてないと思った場合は我慢せず、現地で調達しましょう!
東大門にはファッションビルが数多くて、服の問屋さんが多くあることで有名です。
また、深夜まで営業しているお店が多いので、時間に追われることなく、買い物を楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

ハワイの旅行のおすすめをご紹介☆

ホテルは先に決めておこう!



『現地で止まる場所決める!』となると、かなり汚かったり、サービスが悪かったり、宿を取れなかったりとトラブルが起こりかねません

そのため、利用会員が9600万人もいる大手のトリップアドバイザーで宿泊先を探しておきましょう!
ここは、9600万人の口コミが見れたり、場所に合わせて宿泊先ランキング等も見れちゃうので、
アタリを見つける確率が格段に上がります

今や何を決めるにしても口コミは必須なので、おすすめです^^

【日本製 スマホ 手袋 】メンズ 手袋 レディース スマートフォン 対応

こちらは、スマホ対応の防寒防風の手袋ですね。
防水性にも優れているため、雨や雪に強いです。
防寒対策にもってこいのアイテムですよ^^

送料無料 ダウンコート レディース 超ロング ダウンジャケット

こちらは、冬の必須アイテムのダウンコートですね。
羽毛を70%使用していて防寒性も優れています。
ベーシックでシンプルなデザインのため使いやすいアイテムです。

ダウンジャケット メンズ リアルファー フード脱着

こちらは、ファーフード付きのダウンジャケットですね。
カラーバリエーションが12種類と豊富でどれにしようか迷います^^
ダウンのボリュームが増量されているのに、スッキリみえるシルエットを実現しています!

まとめ+関連記事

韓国は日本よりも寒いので、気温や服装に注意してくださいね。ただ、服も日本で買うよりも安いので、現地調達で済ませることが出来ます。服装や体調に気を付けて、楽しい韓国旅行にしてくださいね。
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク