大雪が降った後の雪かきは結構な重労働ですよね。雪かきをする際、お湯を使ってはだめなのでしょうか?
また、適切な雪かきの方法、道具等も気になりますよね☆
そのため今回は雪かきでお湯で溶かす・まくのはだめ?正しい使い方や他のNGな行為、コツや道具もご紹介します!^^

スポンサードリンク

雪かきでお湯で溶かす・まくのはだめ?

出典:http://ur0.work/NtYR

絶対ダメというわけではない

出典:https://hokkaidos.net/snow-remove-water/

雪にお湯をかけることは「絶対にダメ!」というわけではなく、
状況によっては、雪かきにお湯を使っても良い場合があります。

【お湯を使っても良い時】

  • 雪の量が少ないとき
  • 気温が高く、凍結の恐れがないとき

【お湯を使ってはダメな時】

  • 雪の量が多い時
  • 気温が低く、凍結の恐れがあるとき

気温が高く、雪の量が少ない場合で、
お湯をかけることで全ての雪が溶けるような状況であれば、
お湯を使っても良いということですね^^

反対に、気温が低く雪の量が多い場合は、
凍結の恐れがあるため、お湯を使ってはダメということです。

なぜお湯は効果ないの?

雪にお湯をかけると、溶けた雪が凍結してしまいます。

凍結すると、地面がスケートリンクのようにツルツル滑るようになってしまうため、大変危険です。

雪の量が多いと、「お湯で一気に溶かしちゃえば楽なんじゃない?」と思いがちですが、
後からが大惨事になってしまうので、絶対にやめておきましょう。

適切なお湯の使い方とは?

適切なお湯の使い方は、比較的気温が高く、雪の量が少ない時や、
ピンポイントで雪を溶かしたい場所の雪を溶かすときです。

お湯をかけて雪を溶かすときは、しっかりと溶かしきることを心掛けましょう。

雪かきの正しい方法とは?

出典:http://ur0.work/NtYU

正しい雪かきの方法

雪かきは、雪が積もったその日のうちにスコップを使って、
腕の力だけに頼らず、全身を使って行うのが正しい方法です。

雪は、積もってから時間がたつと、雪の重みで、下の方から氷のように固まっていきます。
氷のように固まってしまうと、かくのが大変ですし、
滑りやすくて大変危険です。

また、暗くなってからだと周りの状況が分からなくて危険なので、
雪が降ったその日の暗くなる前に済ませておきましょう。

雪かきのコツは?

雪の量が少ないときに

雪かきは、雪がある程度つもってからまとめてしてやろう。と思いがちですが、
雪の量が少ないうちに済ませておきましょう。

雪が止むのを待っていると、どんどん降り積もっていき、
雪の重さが増し、雪かきが大変になってしまいます。

全身を使う

スコップを使って雪かきをする時は、腕の力だけでするのではなく、
全身を使うように心がけましょう。

雪をすくって、持ちあげるときは、膝も使って、
全身で持ち上げるようなイメージで持ち上げましょう。

前かがみになって腕だけで雪かきをしていると、
肩や腰を痛めやすいので、注意が必要です。

ホウキを使う

出典:http://ur0.link/NDSq

さらさらした軽い雪の場合は、竹ボウキが役に立ちます。

スコップよりも早く、効率よく除雪できるのでおすすめです☆

休憩をする

雪かきは、思ったよりも体力を使う作業です。
少し疲れたら、こまめに休憩を取るようにしましょう。

手足が冷え切っているはずですから、暖房やカイロであたためたいですね。

こまめに休憩を取ることが出来るくらい、時間に余裕を持ってはじめることも大切です。

雪かきを始める前に

雪かきを始める前には、服装や積雪状況の確認、準備運動など、
雪かきをするための準備をしましょう。

雪の中で作業をしていると、体温はみるみる奪われていきます。
防寒対策として、防水素材の上着やスキーウェアなどがベストです^^

ただ、雪かきをしていると、汗をかくほど暖かくなったりもします。
そんなときの為に、重ね着などをして体温調節ができるようにしておきましょう。

靴は滑り止めがついたもので、靴下も保温性のあるものだと良いですね☆

また、雪かきを始める前に、屋根からの落雪や、
雪かきをする場所の状況等について、しっかりチェックしておきましょう。

雪かきは腕だけでなく、足腰にも大きな負担が掛かります。
雪かきを始める前にはしっかりと準備運動をして、思わぬ怪我のないよう十分に気を付けましょう!

スポンサードリンク

絶対にやっていけない雪かきのNG行為

出典:http://ur0.work/NtZ1

夜間の雪かき

夜、暗くなってからの雪かきは、周りの状況が分からなくて、危険です。

屋根の上から突然雪が落ちてきたりするので、
夜間の雪かきは控えましょう。

また、夜遅い時間や、朝早い時間の雪かきは、
近所迷惑にもなってしまいますので、注意しましょう。

一人で雪かき

特に大雪が降った時など、一人で雪かきをするのは危険です。

屋根から大量の雪が落ちてきて埋まってしまった。という事故が、
毎年発生しています。

万が一の時に助けを呼ぶことが出来るよう、
大雪が降った時の雪かきは、二人以上でするようにしましょう。

体調が悪い時の雪かき

体調が悪い時は、雪かきは控えるようにしましょう。

雪かきは、寒い中で体力を使う、過酷な作業です。
体調が悪いのに無理をして雪かきをすると、悪化してしまいます。

「雪がたくさん積もる前に!」と焦る気持ちも分かりますが、
身体が一番大切です。

体調が悪い時はゆっくり休んで、後日にするか、
家族、近所の人、業者にお願いすることを検討しましょう。

雪かきに必要な道具とは?

出典:http://ur0.work/NtYY

雪かきスコップ

スコップは、雪かき道具の代表格です。
固い雪には、金属製のスコップを使うようにしましょう。

踏みしめられて氷のようになっている雪には、
先端がとがっている、「剣先スコップ」が便利です。

防水手袋

出典:http://ur0.link/NDSm

雪かきをする時は、必ず防水の手袋をするようにしましょう。

雪かきをする時、防水ではない手袋を使うと、
手がしもやけになってしまいます。

滑り止めのついた靴

雪かきをする時、地面はとても滑りやすくなっています。
滑り止めの付いた靴を履いて、転倒しないように注意したいですね。

自分が雪かきをするために足で踏んだところは、
より滑りやすくなっているので、
どういった順番で雪かきをするのかも考えてからはじめましょう。

ホウキ

軽い雪で、それほど積もっていなければ、ホウキで払ってしまうのが便利です。

5~10センチくらいまでなら、ホウキで簡単に払うことが出来ます。

ラッセル・スノーダンプ

それほど固くない雪を、まとめて運びたい時は、
ラッセルや、スノーダンプが便利です。

大量の雪をまとめてどかすことができます。
あまり固い雪、重い雪の時は、一度に乗せすぎると動かなくなってしまうので、
少し量を減らしましょう。

つるはし

雪が固まって、氷になってしまっている春先には、つるはしをつかうと便利です。

つるはしで氷を割ると、割れたところから簡単にはがすことができます。

比較的気温の高い日を選んで行いましょう。

スポンサードリンク

雪かきの時の楽天のおすすめはこちら★

融雪剤【雪とけっ子】塩化カルシウム(2キロ8袋)

ふりかけるだけで雪がとけます。
玄関、庭、道路、入口どこでもまける環境にやさしい弱アルカリ性融雪剤。

凍結防止剤 融雪くん(無塩・凍結防止剤) 2kg

翌朝も安心。
前の晩に玄関前や駐車場など、凍って欲しくない場所のまくだけで凍結が防げます。
環境に優しい凍結防止剤です。

滑り止め 靴 雪 簡単装着!靴底取り付け型

積雪の際に役立つ、靴底取り付け型スパイクです☆
ゴムが良く伸びるため革靴、スニーカー、パンプスなど、
ほとんどの靴にフィットします。
雪はもちろん、凍結したツルツルの路面でも滑らず歩くことが出来ますよ♪

雪かきスコップ2本組

軽くて丈夫な雪かき用スコップ2本セットです☆
お皿の先端部にステンレス補強カバーが付いているので強度があり、
軽いので女性でも扱いやすいのが特徴です。
負担が軽減されるので、雪かきも楽になりますよ^^

まとめ+関連記事

雪かきにお湯を使うときは、しっかりと溶かしきることが大切です☆雪の量、雪の質に合わせて、正しい方法で雪かきをしましょう^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク