季節の雑学

「風鈴がうるさい!」騒音の苦情の入れ方を紹介【集合住宅/一軒家別】

アパートに住んでるんだけど、隣の部屋の風鈴がうるさい...

涼しげに感じるのもわかるけど、夜もチリンチリン鳴っていて寝付けなくなってしまったわ...

風鈴は日本の風物詩とは言え、ずっと音が鳴り響いていると不快に感じてしまうこともありますよね。

実際、風鈴が原因でご近所トラブルが発生していることもあるようです。

本記事で、近所の家の風鈴がうるさい時の対処法について詳しく解説していきます!

この記事でわかること

  • 風鈴がうるさいと感じるのはあなただけではない!
  • ご近所の風鈴がうるさい時の対処法【集合住宅・一軒家別】
  • 直接クレームを入れにいくのは最終手段

スポンサーリンク

「風鈴がうるさい!」と思う方は他にも大勢いる

近所の風鈴をうるさいと思っている意見

https://twitter.com/3plcard3/status/1550864561519337472?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1550864561519337472%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2F3plcard32Fstatus2F1550864561519337472widget%3DTweet

Twitterで「風鈴 うるさい」で検索してみると、たくさんの意見が出てきます。

Tweetを分析してみると

  • 日本の文化・風情がある理解はあるけど、うるさく思ってしまう
  • うるさく感じても言いづらくて我慢してしまう
  • せめて夜はしまってほしい

まとめると上記のような意見が多かったです。

「近所の風鈴がうるさいと思うのは自分だけ?」と思う方がいらっしゃいましたら、そうではないことがわかりますね。

風鈴の音をうるさいと思わない意見

https://twitter.com/mii_chan08/status/1550643348074950656?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1550643348074950656%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2Fmii_chan082Fstatus2F1550643348074950656widget%3DTweet

風鈴の音がうるさいと思う一方、風鈴の音を不快に思わない方もいます。

価値観は人それぞれですから、これが悪いというわけではありません。

ただ、これを近所の方がうるさいと感じてしまっているのであれば、それは立派な生活騒音になります

東京都環境局のホームページでも、生活騒音にとらとらえることができるものとして風鈴があげられています。

  • 風鈴の種類
  • 吊るす場所
  • 音の出る時間帯

などによって、音の聞こえ方はまちまちです。

そのため、もし本記事を読んでいる方で風鈴がご近所迷惑にならないか心配に思う方は、以上の3点を意識すると良いでしょう。

例えば

  • あまり大きな音の鳴らない風鈴選ぶ
  • 音が響きすぎない場所に吊るす
  • 吊るすのは日中の時間帯だけにする

これらのような工夫をすることで、近所からうるさいとクレームをもらうこともなくなるでしょう。

スポンサーリンク

風鈴がうるさい時の対処法【一軒家・集合住宅(アパート・マンション)別】

風鈴がうるさいなと感じても、お隣さんや近隣住民の方々となるべく争いごとを起こしたくない・関係を悪化させたくないという気持ちが芽生え、我慢してしまうことも多いかもしれません。

ですが、こちらが我慢しすぎると、ストレスが溜まり、体や精神に様々な悪影響をもたらすことも十分に考えられます。

なかには、肉体的な痛みをともなってしまったり、精神的な問題を抱えるまでになってしまい、大きな争いごとにまで発展してしまったということも。

それでは、どういった対策があるのでしょうか。

相手が集合住宅か一軒家どちらに住んでいるかで対応は若干異なるため、それぞれご紹介します。

※直接苦情・クレームを言いにいくのはトラブルになる可能性があるためオススメできません。

相手がアパート・マンションに住んでいる場合

管理会社・大家さんに伝える

同じマンションやアパートに住んでいるのであれば、管理会社に伝えるのが1番良い方法です。

かつ、管理会社も住人同士でトラブルが発生するのを防ぎたいとしているため、まずはこの手段を取りましょう。

掲示板に張り紙をしてくれたり、各部屋に風鈴の音に気をつけるよう注意喚起の書類を配布してくれることがほとんどです。

もし、あなたが別のアパート・一軒家に住んでいて、向かいのアパートの風鈴がうるさい場合でも、管理会社への連絡で問題ありません。

「アパート名+管理会社」と検索してみるとヒットするはずなので、連絡してみてください。

↓対応によっては、風鈴禁止になるマンションもあるようです。

匿名で手紙をポストに入れておく

住所などを書いて郵送するわけではなく、自分で相手のポストに投函します。

相手が不快にならないように、文面は丁寧になるよう心がけてください。

「風鈴を吊るすのはやめろ!」のような感じではなく、

  • 音が大きくない風鈴に変えられないか
  • 夜だけはしまってくれないか

のように妥協策を提示すると応じれくる方も多いです。

相手が一軒家に住んでいる場合

集合住宅であれば、管理会社に問い合わせるのが最適手段なのですが、相手が一軒家だとそうもいきません。

その場合は、下記のような手段をとってみましょう。

町内会に相談し回覧板で伝える

一軒家に住んでいる場合は、町内会の人にも相談してみるのもいいかもしれません。

町内会の人からしても、町から人が出ていってしまうことは極力避けたいというのもありますし、風鈴の音で困っている人たちは一軒のみに限らない可能性も高いため、一緒に対策を考えてもらうのも一つの手です。

少し時間はかかるかもしれませんが、町全体で対策していることが伝われば、自ずと意識してくれることでしょう。

匿名で手紙をポストに入れておく

住所などを書いて郵送するわけではなく、自分で相手のポストに投函します。

相手が不快にならないように、文面は丁寧になるよう心がけてください。

「風鈴を吊るすのはやめろ!」のような感じではなく、

  • 音が大きくない風鈴に変えられないか
  • 夜だけはしまってくれないか

のように妥協策を提示すると応じれくる方も多いです。

この手紙は書いたらコピー・または写真を撮っておくと良いです。

理由はこの次で後述します。

役場・警察に相談

これまでに紹介した方法で相手に風鈴が騒音になっていることを伝えても応じてくれない場合は、役場・警察に相談しましょう。

逆にいうと、いきなりこの方法で解決しようとしても取り合ってくれないことがほとんどです。

しかし、今までこんな手段で相手に伝えたけど応じれくれないという証拠があれば動いてくれることがあります。

その時に活用するのが前述した手紙のコピーや写真です。

「自分でこれだけやっても応じてくれないから、お願いします。」というスタンスで行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

直接苦情・クレームを言いに行くのはやめた方がいい

冒頭でも紹介しましたが、風鈴の音が大きくても不快に思わない方もいます。

こういった方に直接苦情を言いに行くと逆ギレされるパターンもあるようです。

相手が騒音になっていることに気づいていなく、すんなり風鈴を下げてくれれば良いですが、最悪風鈴がうるさいだけでなくさらなるトラブルを招くことになりかねません。

相手は近所迷惑になってることを考えていない方ということなので、直接言いに行っても理解されないことも多々あります。

そのためこれまでに紹介した方法を試してみて、それでも対応してくれなくて、どうしても音に我慢できない場合は直接言いにいきましょう。

防音対策のアイテムを使う!

防音の定番アイテム、高性能な遮音シート☆
防音材メーカーの商品。比較的低コストなのに、高い遮音性能を兼ね備えているほか、軟質なのでカッター等で簡単に切ることができます。これさえあれば、どんな音も怖くない!

超遮光・断熱・防音カーテン「uraco」☆
省エネ断熱機能カーテンの決定版。なんと遮光率100%!ぐっすり安眠できるほか、ホームシアターにも最適です。また、暖房効果アップで省エネ対策や防音効果も期待できる有難い商品。

音漏れ対策に最適、防音パネル☆
吸音性抜群、壁に貼るだけで音漏れ対策ができる優れもの。高い断熱性も兼ね備えており、このパネルがあれば、冷房・暖房の節約も期待できます。女性でも簡単に取り付けられるのが嬉しいポイント。

スポンサーリンク

【まとめ】風鈴がうるさいと感じたら、トラブルにならない方法で解決しよう!

近所の風鈴がうるさいと感じた時の対処法などについて解説してきました。

風鈴がうるさいと思う方は、あなた以外にも大勢いるようですね。

直接言いに行くのは最終手段として、相手が集合住宅だったら管理会社・一軒家だったら町内会へまずは相談してみましょう。

極力ストレスを減らして、暑い今年の夏も乗り越えましょう!

【関連記事】

-, 季節の雑学
-