エンタメLab.com

季節のイベント情報・生活お役立ち・雑学等・iPhone・アプリの情報を発信!面白いブログを目指します!^^

USJの冬の服装は?持ち物や防寒対策、楽しむための注意点も!

冬のUSJは、冬ならではの魅力が満載ですよね♪冬にUSJに行く際は、どんな服装が良いのでしょうか?また、持ち物や注意点なども気になりますよね☆
そのため今回は、USJの冬の服装は?持ち物や防寒対策、楽しむための注意点もご紹介します!^^

スポンサードリンク

冬のUSJでの服装の目安は?

出典:http://u0u1.net/NklS

  • ライトダウン、ロングコート
  • ヒートテックインナー
  • 手袋
  • マフラー、ストール、ネックウォーマー

着込むよりアウターで調節する

出典:http://ur2.link/NpnR

屋内と屋外での温度差に備えて、
着込むよりもアウターで調節するようにしましょう☆

寒いからといってモコモコに着込んでしまっては、
屋内に入り、暖かくなった時などに煩わしくなってしまいます。

何十にも重ね着するのは動き辛くなってしまいますし、荷物も増えますよね。

着込むよりは、ヒートテックなどの薄くて保温性に優れた防寒アイテムを使い、
屋内と屋外の温度差は、ライトダウンやロングコートなどのアウターで調節するというくらいがおすすめです^^

帽子、手袋などの防寒アイテム

出典:http://urx.blue/MxYp

帽子や手袋などはUSJに限らず冬の必須アイテムですよね^^

帽子や手袋は暖かく、防寒対策には必須ですが、
混雑しているパーク内では落としやすいので注意しましょう!

実際にパーク内を歩いている時に、
手袋が片方だけ落ちている光景を見たことがある方もいるのではないでしょうか?

ポケットに入れたまま落としてしまったり、
レストランなどで食事をした後イスに置いたまま忘れてきてしまったり・・・。

こうなると探すのはとても大変なので、
帽子や手袋を外したら、カバンや手提げ袋に入れるのを忘れないようにしましょう!

マフラー、ストール、ネックウォーマー

首まわりを覆うだけも体感温度はぐっとあがるので、
マフラー、ストール、ネックウォーマーなど、首まわりを温めるアイテムを忘れないようにしましょう!

首まわりの防寒対策は意外と疎かになりがちですが、
首まわりを温めることで体感温度は3~4℃あがると言われています。

マフラーはハリーポッターのエリアなどでも販売されているので、
現地調達してもいいですね♪

マフラー、ストール、ネックウォーマーなどの防寒アイテムは、
「首元が窮屈になるから苦手!」という人もいるかもしれません。

そんな人は、首まわりにふんわりと巻いてボタンで留めたりして固定できるタイプのものがおすすめですよ☆

固定できるタイプのものはずり落ちたりする心配もないので、
マフラーやストールを整えたり、首まわりを気にすることなく歩き回ることが出来ます^^

ただ、マフラーやストールは隙間もできやすいので、
完璧に首まわりを覆いたい方は、ネックウォーマーの方が良いかもしれません。

冬のコーデに合ったアイテムを使って、冬のUSJを快適に楽しみましょう♪

USJ周辺 大阪市の冬の気温

USJ周辺、大阪市の11月~2月の平均の最高気温、最低気温をご紹介します^^
特に12月~2月は、万全な寒さ対策が必要となってきます。

11月の気温

大阪市の11月の最高気温は、平均で17℃程度、最低気温は10℃程度です。

もちろん日によって差があり、暖かい日は最高気温が20℃を超える日もあり、
寒い日の最低気温は5℃近くになることもあります。

暖かい日は歩き回っていると汗ばむくらいですし、
寒い日は薄着では風邪をひいてしまうので、
天気予報をしっかりと確認しておきましょう♪

12月の気温

大阪市の12月の最高気温は、平均で13℃程度、最低気温は6℃程度です。

12月に入ると本格的に寒くなってくるので、冬の装備で行きたいですね。

1月の気温

大阪市の1月の最高気温は、平均で10℃程度、最低気温は3℃程度です。

1年で最も気温が低い時期なので、寒さ対策は万全にしていきましょう。

2月の気温

大阪市の2月の最高気温は、平均で10℃程度、最低気温は3℃程度です。

1月と同じく、1年で最も気温が低い時期です。
最低気温が氷点下になる日もあります。

天気予報を確認して、万全な対策が必要です。

冬のUSJでの服装の注意点とポイント

出典:http://u0u1.net/NkFz

暑さ調節のしやすい服装で!

先に説明したように、歩き回ったり屋内に入ったりすると、
冬といえど暑く感じてしまうこともあります。

たくさん着込んでしまうと、暑く感じた時に体温調節がし辛いので、
暑さ調節のしやすい服装にしましょう。

また、昼と夜では気温差があるので、
夕方以降寒くなってきたら、暖かいアウターで調節するのがいいですね^^

アウターは、裏起毛のロングコートがあると寒い夜にも重宝するのでおすすめです♪

靴はスニーカーなど歩きやすいものを

一日歩き回っても疲れないように、
靴はスニーカーなど歩きやすいものを履いていきましょう。

混雑しているパーク内で、ヒールの高い靴なんかを履いていくと転んでしまう可能性がありますし、
歩き回ると足に負担が掛かり疲れてしまいます。

せっかくのUSJなのでファッションに気合いを入れたくなりますが、
途中で足が痛くなったり、足が疲れて動けなくしまったりするのはできるだけ避けたいですよね(>_<;)

アトラクションやショーなどの時間に合わせて急いで移動しなければならないことも多いので、
足に負担が掛からず歩きやすいスニーカーなどを履くようにしましょう^^

スポンサードリンク

冬のUSJでの持ち物は?

出典:http://u0u0.net/MgfY

  • ヒートテック
  • 貼るカイロ
  • タオル
  • レジャーシートや薄いクッション

ヒートテック

冬のUSJには、薄くて保温性に優れたヒートテックを着ていきましょう。

ヒートテックは身体から発せられた水分を熱に変える性質があるので、
シャツの上に着るのでなく、素肌で着るようにしましょう^^

薄くて身体にフィットするので、重ね着しても着膨れしないのが嬉しいですよね♪

ただ、ヒートテックは身体から出る水分を熱に変えるという性質から、
肌の水分を奪ってしまい、乾燥肌の人だと身体が痒くなってしまうこともあります。

ヒートテックで身体が痒くなってしまう方は、ヒートテックの下にインナーを着ることで、
痒みを予防することができますよ☆

貼るカイロ

出典:http://u0u1.net/NkmR

カイロはアトラクションの待ち時間などに役立ちます☆

カイロは貼るタイプのものと貼らないタイプのものがありますが、
貼るタイプのカイロだと背中やお腹に貼ったり、
足裏に貼ったりと、身体を直接温めることができるのでおすすめです☆

アトラクションによっては、長時間屋外で列に並ばないといけません。

冷え性の方は特に、身体の末端からどんどん冷えてきて辛いですよね・・・(泣)

そんな時は、足裏にカイロを貼りましょう!
頭寒足熱という言葉があるように、冷え性の方もそうでない方も、
足を温めることはとっても大切なんです。

足元から血行も良くなるので、待ち時間の辛さも軽減されますよ^^

タオル

USJでは水をかぶるアトラクションも多いので、タオルは必需品です。

大きめのタオルであれば、防寒具として首に巻いたりすることもできます^^

タオルはパーク内のショップにキャラクターの可愛いタオルがたくさん売られているので、
必要な時はショップで購入しても良いですね☆

レジャーシートや薄いクッション

座って観覧するショーやパレードのために、
レジャーシートや薄いクッションなどを用意しましょう。

パレードやショーをゆっくり見たいなら、レジャーシートは必須アイテムですね☆

パレードやショーでは、待ち時間から長時間座ることもあるので、
その場合は薄いクッションなどが一枚あればお尻が痛くなりにくく、おすすめですよ^^

スポンサードリンク

楽天で人気の関連商品はこちら☆

豪華なラクーンファーミドルダウンコート \楽天ランキング1位★雑誌GINGERmirror掲載/

女性らしいシルエットが特徴のダウンジャケットです☆
本物ならではの高級感で、ボリュームたっぷりなりアルファーを惜しみなく使用しています。
柔らかで軽いので、一日中パーク内を歩き回っても快適です^^

FILA フィラ 軽量ダウンジャケット

着回ししやすいシンプルなダウンジャケットです♪
収納袋が付属するのでコンパクトに持ち運ぶことができ、カバンの中でもかさばりません。
ファスナー付きのポケットなので混雑時の落とし物防止にもなりますよ^^

コロンビア バックアイスプリンググローブ

ソフトなフリース素材の手袋です☆
手首はゴムギャザーになっているので、外からの冷気もシャットアウトできます。
柔らかで暖かく、保温性も抜群ですよ♪

まとめ+関連記事

冬のUSJは、昼夜や、屋内と屋外の温度差も考慮することが大切です☆体温調節のしやすい暖かい服装の他、防寒アイテムも忘れないようにしましょう^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク

iPhone

Return Top