あなたは自身がファンのアーティストのライブ!では、持ち物は何を持っていけばいいのでしょうか?
冬であれば防寒対策も必要になってきますよね!
そのため今回は、『ライブの持ち物リスト!(冬編)服装や防寒対策、注意点等も』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

冬のライブの持ち物リスト!

出典:https://pixabay.com/

  • チケット
  • 会員証や身分証明書
  • お金
  • 小さなバッグ
  • スマートフォン
  • タオル
  • ビニール袋
  • 替えのシャツ
  • 双眼鏡
  • 飲み物
  • カイロ
  • ヘアセット用のコーム(クシ)

チケット

誰のライブに参加するにしてもそうですが、

これを忘れてしまうと当然ながら会場に入れませんので、

ある意味ほかの何を差し置いても、ライブにおいて最も大切なものと言えます。

「そんな大切なものを忘れるはずないじゃないか!」と言う人もいるでしょうが、

ついうっかりということが絶対に無いとも限りませんので、

ライブ当日に自宅を出発する間際まで確認を怠らないようにしましょう。

会員証や身分証明書

アーティストのファンクラブに入会している人であれば、

会員証もチケットに次ぐ必需品と言えます。

なお、ァンクラブ会員限定のライブの場合だと、

開場前に間違いなく会員証の提示を求められることになるので、

必ず持って行くようにしましょう。

また学生証や運転免許証などの身分証明書も、同じ理由からまたしかりです。

お金

出典:https://pixabay.com/

言わずもがなですが、お金が無ければ好きなアーティストのグッズを購入することはおろか、

公共交通機関を使って会場に行くことすらできませんよね。

要するにこれが無ければ何もできないというのが現実です!

そういう意味ではチケットと同じくらい、

いやひょっとするとそれ以上の必需品となるものです。

なおグッズをたくさん購入する予定の方は、当然ながら金額も多めに持って行くようにしましょう。

とにもかくにも、絶対に忘れないように!

小さなバッグ

ここまでご紹介してきた貴重品やアーティストのグッズを全て収納できるような、

トートバッグなどを持っていると便利です。

またあまりに大きいものだと自身でも「邪魔だなあ」と感じてしまったり、

周りの人の迷惑になってしまう可能性もあるので、極力コンパクトなものがオススメです。

スマートフォン

近年はスマートフォンでQRコードを読み込む「QRコードチケット」で、

入場できるアーティストも多いことから、

参加するライブによっては、スマートフォンも必須となる場合があります。

ちなみに誤解の無いように言っておくと、通常のライブではスマートフォンをはじめとした、

カメラ機材を使っての撮影および録音等は一切禁止されています。

もしそれらが発見された場合は、

機材の没収や下手をすれば強制退場という実に悲しいことになりかねません。

ですので、くれぐれも決して撮影や録音などはせず、

きっちりとマナーを守って楽しむようにしましょう。

タオル

出典:https://pixabay.com/

いくら冬とは言っても、いざライブが始まってノリにノリまくっていたら、

やはりだんだんと体温が上がって暑くなってきますよね。

そんな時に役立つのがタオルです。

なおアーティストによっては、フェイスタオルやバスタオル、

マフラータオルをグッズとして販売しているので、

開場前にファッション&実用品として1、2枚購入しておくととても役立ちますよ。

特にロックなどの激しいジャンルのライブであれば、

時間が経つにつれて汗が吹き出してくることも考えられるので、

そういう意味では「あれば便利」というより「必需品」と言えるでしょう。

ビニール袋

これは例えば、会場まで着てきた防寒具や、

汗をかいて濡れたシャツなどを入れるのにもってこいです。

また野外ライブなどの場合であなたがもし電動車イスユーザーであれば、

急に雨が降り出した時のため、

バッテリー挿入部分および操縦コントローラー部分における雨除けとしても活躍するので、

極力持って行った方が良いでしょう。

替えのシャツ

ライブで大熱狂し、終演後に汗だくのシャツのまま防寒具を羽織って外に出てしまうと、

風邪を引いてしまう恐れがありますよね。

しかし替えのシャツを1枚持って行っておくと、これを未然に防ぐことができます。

せっかくの楽しいライブ観戦後に風邪を引いてしまっては、元も子もないですからね。

もちろんこれまたタオルと同じく、開場前にツアーTシャツを購入しておくというのもアリですよ!

ぜひツアーTシャツの上に防寒具を羽織り、ライブ後も余韻に浸って下さい!

双眼鏡

出典:https://pixabay.com/

好きなアーティストのライブに行くなら、誰でも極力見やすい席あるいは最前列で見たいものですが、

なかなかそうはいかず、場合によっては2階席・3階席の一番後ろという場合もあるでしょう。

そんな時に役立つのはやはり双眼鏡です。

これさえあれば、アーティストの表情や動きがはっきり見えるので、

ひょっとすると最前列の人よりも「お得感」を味わえるかもしれませんよ。

たとえば「うわ!〇〇さん/ちゃんが俺/私の方を見て笑ってくれたぞ~!」とか。

そんなラッキーな瞬間を、座席のせいで見逃す訳にはいきませんよね。

ですので、チケットを確認してもし後方の席であれば、ぜひ用意しておきましょう。

飲み物

冬時期のライブとなると、開場までの外で待機している時間に寒さをしのぐために、

温かい飲み物が欲しくなりますよね。

もちろん前もってペットボトル飲料を購入して持って行っても良いですし、

会場内に設置されている自販機で購入することもできます。

ライブが始まる前はホット飲料で身体を温め、

ライブ中は冷たいもので身体をクールダウンさせるなど、変化を付けると良いでしょう。

ただし、熱狂と興奮でうっかり水分補給を忘れないように気を付けて下さいね。

カイロ

屋内でのコンサートであっても、入場までには座席順や整理券番号順に並ばされたりと、

何かしらの待ちぼうけを食らうもの。

そうなるとやはり外の寒さが身に沁みてきますよね。

そんな時あなたを思わずほっこりした気分にさせてくれるのがカイロの存在。

かさばることもありませんし、

ひとつ持っていると寒さを撃退する心強い味方となってくれることでしょう。

もしこれで撃退できなければ、恋人・友人に両手を擦ってもらって下さい!w

ヘアセット用のコーム(クシ)

もしもあなたの参加するライブがバリバリのロックだった場合、そのアーティストに影響を受け、

整髪料を付けて髪型をセットしている人にぜひ携帯して欲しいもの、

それはヘアセット用のクシです。

スーパーハードのジェルなどであれば特に問題無いかもしれませんが、

昔ながらの整髪料であるポマードなどでセットした場合、激しいライブでノリまくっていると、

汗で次第にせっかくキメた髪型が崩れてくることがありますし、

あまりにも崩れ過ぎた状態でノッていると、周りのファンの方から、

「直せば良いのに。この人、クシ持ってないのか!?」という…

冷ややかな視線が突き刺さることも考えられますからね。

また会場に入ってから開演までの間、改めて気合いを入れ直すためにも、

カバン内などに携帯しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

不要なものはロッカーに預ける

防寒具など、「ライブが始まったらこれは邪魔になるかもな」と思うようなものは、

開演前に会場内・外のロッカーに預けるようにしましょう。

ライブハウスを例に取って言えば、会場内のロッカーを使う場合は、

既に使えるロッカーが埋まってしまっている可能性もあるので、注意が必要です。

また会場外のものなら、数の問題や使用時間制限を導入している会場もあるので、

なるべく早い時間帯にロッカーへ行き預けるようにしましょう。

冬のライブの服装は?防寒対策をしっかり

出典:https://pixabay.com/

屋内でも後方で静かに見る場合

会場に入ってから始まるまでや、始まってからしばらくは、

半袖Tシャツの上ににロングTシャツを着ておき、

気分が高揚してきたらロングTシャツを脱ぐというのが良いでしょう。

いくら「静かに見る」と言っても、ライブ会場というのは、

一歩足を踏み入れると照明とファンの人たちの熱量(熱気)でかなり暑い(熱い?)ですから。

とにかく、あまり厚着をし過ぎないというのが肝心です。

 

野外ライブや外に並ぶ場合

野外ライブの場合ですと、ライブが始まるまで、もしくは始まってからしばらくはやはり寒いので、

それなりの防寒対策が必要になってきます。

服装の一例を紹介すると・・・

マフラーやストール

 

かつて一世を風靡した韓流スターの「ヨン様」ことペ・ヨンジュンさんではありませんが、

マフラーおよびストールも防寒対策に一役買ってくれる頼もしい相棒のひとつです。

また首には太い血管が通っているので、温めることで体全体がポカポカしてくるはずですよ。

待ち時間に体も気持ちもしっかりと温めて、開演に備えて下さい!

ダウンジャケットなど

冬の時期に開場までの待ち時間を外で過ごすというのは、なかなか辛いものですよね。

あまり過剰な厚着はしたくないという人には、

すぐに着脱できるライトダウンジャケットがおすすめです。

なお比較的寒がりな人は、生地の厚いものを着ると良いでしょう。

 

■服装に関しては別記事で詳しくご紹介しています☆


スポンサードリンク

ライブのおすすめはこちら☆

ウエストバッグ ウエストポーチ

長財布や厚みのあるものも楽に収納できるほか、
内側と後ろにアイテムが取り出しやすいオープンポケットが付いている
便利なウエストバッグです。

コンバース Converse ダウンジャケット

星マークがデザインされたスニーカー等でその名を知られ、
長い歴史を持っているコンバースのダウンジャケットです。
軽量かつシンプルなデザインでありながら、
カラー切り替えもできる2WAY機能付きです。

洗えるニットカーデ カーディガン

まるでシルクを思わせるような心地良い肌触りと、
主張し過ぎずさり気ない光沢が印象的なニットカーディガンです。
保湿性&通気性に優れ、四季を問わず着用できるので、
アウターとしての使い勝手は抜群ですよ。

まとめ+関連記事

冬ライブにおいて様々なアイテムや防寒対策以上に大切なのは、

外の寒さを吹き飛ばすほどのあなたの熱気です。

ぜひ熱く盛り上がって下さい!

関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓☆

    スポンサードリンク