夏デートの定番といえば、プールですよね♪プールデートをより楽しくする為に、色々なプランを計画している方も多いのではないでしょうか?また、女性だと特に服装や髪型も迷ってしまうものですよね。
そのため今回は、プールのデートでのカップルの過ごし方は?楽しみ方と注意点、持ち物もご紹介します!^^

スポンサードリンク

プールデートの過ごし方4選

出典:https://www.jalan.net/news/article/96766/

流れるプール

二人でのんびりプールデートを楽しむなら、ゆったりとした時間を過ごせる流れるプールがあるかどうかもチェックしておきましょう。

流れるプールは、プールの中で泳ぐというよりも、流れに身を任せてのんびりしていられるので、二人で一緒に過ごすプールデートに最適です。

プールに半身浸かりながら、暖かい日差しも感じてとてもリラックスできる時間を過ごせます。

注意点として、流れるプールではぐれると、迎えに行くのが結構大変です。
流れに逆らって泳いでみたことがある人ならわかると思いますが、全然前に進みません。
はぐれてしまわないように、しっかりと手をつないでいたいですね。

プールサイドでセレブ気分

出典:https://www.pakutaso.com/20180639178post-16622.html

プールの中だけではなく、プールサイドが充実しているところを探して、
プールサイドでセレブな気分を楽しむのも良いですね。

大きなプールだと、プールサイドでパラソルを広げることができたり、
横になることができるような休憩コーナーが用意されているところもあります。

プールの中で泳ぐだけではなく、プールサイドでゆっくり寝ころびながら、
食事やドリンクを飲んでおしゃべりをするのも楽しいものです。

プールに入っているときだけでなく、プールサイドでも楽しみたいなら、プールサイドが充実しているところを選びたいですね。

スライダー

プールデートに行くなら、二人で滑ることができるスライダーがあるところがオススメです。

レジャープールには多くの場合、スライダーがあります。

様々な工夫を凝らしたスライダーが登場し、
スライダーを目玉にしている施設も多くなってきました。

スライダーの定番型というと、一人用の曲がりくねった筒状のスライダーですが、
できればデートでは二人一緒に楽しめるスライダーに乗りたいですよね♪

大型のプール施設には、二人乗りの浮き輪に乗って滑るものから、
複数人乗れるような大きな浮き輪で滑るものまで、様々なものがあります。
プールデートでスライダーを楽しみたい方は、二人で滑ることができるスライダーがある施設を事前に調べておきましょう。

スライダーで遊ぶときは、勢いよく滑ったあとの水着のズレに注意しましょう。
少々のズレなら水中ですぐに直せますが、あまりにも大胆にズレたら直すのにも時間が掛かりますし、
なにより他の人の視線もある中で必死で直さなければいけないという状況になったら、
せっかくのプールデートが苦い思い出に変わってしまいますよね・・・(涙

ワンピース型の水着はほとんどの場合、ズレても少し直すくらいで済みますが
ビキニの場合だと、完全に外れてしまうということもありますので十分に気を付けて下さい。

滑っている最中よりも着水時に一番ハプニングが起きやすいので、
着水時には水着がズレないように手で抑えるなどして、衝撃を緩和しましょう!

さり気なくスキンシップ

プールデートは、さりげなくスキンシップをすることができるチャンスです。

流れるプールで、一つの浮き輪の中に入って一緒に流されてみたり、混雑するプールサイドでは、はぐれないように手をつないだり、いろいろなシーンで自然とスキンシップをとることができます。

お互いが水着でオープンな気分になっているところなので、ちょっと勇気を出してスキンシップをしてみましょう。

ナイトプールなんかだと、より人目を気にせずスキンシップをすることができますよ☆

プールデートの注意点 男性編

出典:https://www.sozai-library.com/sozai/4368

ムダ毛処理を忘れずに

プールでは、肌を露出するわけなので、ムダ毛の処理には注意しなければいけません。

特に男性は、普段気を付けているのは髪の毛とヒゲくらいで、ムダ毛の処理に無頓着な方も多いのではないでしょうか?

女性ほどムダ毛の処理に気を遣う必要はないかもしれませんが、清潔感は大切です!

プールデートの前に、一度鏡でチェックしてみましょう。

お金の管理はスマートに

プールでは水着一枚で過ごすため、お金や貴重品を落とさないように注意が必要です。首からかけたり、水着にひっかけたり、お金をなくしにくい小銭入れを用意しましょう。

貴重品はロッカーに入れておくことが多いですが、プール内の売店で飲食するのに、少しはお金を持って行く必要があります。
そのお金は、水着のポケットや小銭入れに入れて持ち歩くことになるのですが、これを落としてしまうトラブルがとても多くなっています。

せっかくのデート中、お金を落としてアタフタしている情けない姿を見せてしまっては、彼女からの評価も下がってしまいます。

プール内にお金を持ち込むときは、首からかけることができるようなものや、水着にひっかけることができるようなものを利用して、なくさないように注意しましょう。

水着姿をほめる

女性は、水着選びの段階から時間を掛けているものです。
ヘアスタイルにもこだわっていたり、見えない努力を沢山しています。
プールに入る前に、必ず水着姿をほめてあげましょう

いざ水着姿になった時、ノーリアクションだとどうでしょうか?

「似合ってないのかな?」「せっかく時間を掛けたのに・・・」
リアクションが無いとテンションも下がってしまいます。

恥ずかしがりやの男性は、照れてしまいなかなか言葉が出てこないかもしれません。
ですが、言葉にしないと相手には伝わりませんよね。

きちんと自分の気持ちを言葉にして、水着姿を褒めてあげれば、もっと楽しいプールデートになりますよ♪

下心の出しすぎはNG

プールデートは、スキンシップをするチャンスと言いましたが、下心の出しすぎには注意しましょう。

プールには、周りにも多くの人がいます。
あまりにベタベタしすぎたり調子に乗り過ぎると、恥ずかしいからやめて。と怒らせることになってしまうかもしれません。

プールの中で自然にハグくらいなら良いですが、キスをしたり、過剰なスキンシップは周りの人にも白い目でみられてしまいます。

二人きりの空間ではないということを常に頭に置いておくことが大切です。

スキンシップは自然に

プールデートを楽しいものにするには、いかに自然にスキンシップをすることができるか。が大切です。

彼女の手を引いてあげたり、スライダーで抱きしめてあげたり、あくまで自然にスキンシップを取るようにしましょう。

上手にスキンシップを取ることができれば、二人の距離もぐっと縮まりますよ♪

はしゃぎすぎない

プールの中では、あまりはしゃぎ過ぎないように気を付けなければいけません。

プールデートをしていると、つい子供心にかえって水をバシャバシャかけたりしてしまいがちです。

男同士ならそれでも楽しいのかもしれませんが、女性は、あまり派手に水を掛けられると、メイクや髪型が崩れてしまいます。

特に年下の彼女の場合、あまり子供っぽく遊んでいる姿をみると、引いてしまうこともあります。

せっかくのデートで、彼女の機嫌が悪くなってしまっては台無しなので、あまりはしゃぎ過ぎず、メイクや髪型にも気を使ってあげましょう☆

スポンサードリンク

プールデートの注意点 女性編

出典:https://illust-imt.jp/archives/001339/

メイク崩れに気を付けて!

プールデートでは、水に濡れることは避けられません。ウォータープルーフの化粧品を使うなど、メイク崩れに注意する必要があります。

いつもの化粧品を使ってがっつりメイクをしていると、プールから出ると誰だかわからないくらいメイクが崩れてしまう危険が!

プールデートでは、ウォータープルーフの化粧品を使いましょう。

ウォータープルーフとは、もともと「防水」という意味で、ウォータープルーフの化粧品とは、水、汗、皮脂にも崩れたり、テカったりしづらい化粧品のことです。

ウォータープルーフの化粧品を使って、ナチュラルめに仕上げれば、プールでも崩れにくくておススメです。

水着の事前チェックは必須

せっかくのプールデート。彼氏には、バッチリな水着姿を見てもらいたいですよね。そのためにも、水着のサイズや体形のチェックは欠かせません。

去年買った水着をそのまま着ていこうと思ったら、
「体形が変わっていてうまく着こなせなかった!!」
なんてことにならないように、一度水着を試着しておきましょう。
合わないようなら、今の体形に合う水着を購入しておきたいですね。

体形が変わっていなくても、プールの塩素によって、水着の生地が劣化していた。なんてこともあります。水着の色合いが変わっていないか。などもしっかりチェックしておきましょう。

体形に自信がなくて水着姿になるのが不安、という方は体形がカバーできるような水着を選びましょう。ふんわりした可愛いフォルムで自然に体形をカバーできるのでおすすめです♪

可愛い水着よりも大人っぽいデザインが好きな方におすすめの水着です。
さらりとした生地なので肌にまとわりつかず、セレブ感が出ますよ☆

脱毛チェックはぬかりなく

プールデートでは、普段よりも露出が多くなるので、ムダ毛のチェックはいつも以上に注意が必要です。

男性は、女性のムダ毛を気にする方がとても多いです。(自分のムダ毛はあまり気にしないのに!)

特に、背中、指など、日頃あまり気にしていないようなところのムダ毛も、しっかりとチェックしておきましょう。

見てもらえるような人がいないなら、脱毛サロンで徹底的にしてもらうのも良いですね☆

着替えやすい服装で

出典:https://illust-imt.jp/archives/004392/

プールデートでは、着替えやすい服装を心がけていくことも大切です。

混雑しているプールでは、更衣室の順番待ちをしたり、
水着に着替えるだけではなく髪やメイクを整えたりと、
女性は男性よりもなにかと時間が掛かってしまうものです。

プールに行くと、先に更衣室を出てプールサイドで女性を待っている男性を多く見かけます。
あまりにも待たせすぎて男性をイライラさせてしまっては、せっかくのプールデートが台無しですよね。

その点を考慮して、脱着しやすいワンピースのような着替えやすい服装で行きましょう。
更衣室の床は濡れていることが多いので、ロング丈のボトムスのような裾が濡れてしまうものはやめておきたいですね。着脱に時間が掛かってしまうストッキングもNGですよ!

服装に関しては、別記事でも紹介しています↓↓↓

髪型も気配りを忘れずに

出典:https://www.sozai-library.com/sozai/6630

プールデートで定番なのが、ポニーテール、お団子ヘア、ツインテールのような崩れにくい髪型です。

顔を水につけなくても、水しぶきだけで髪は濡れてしまいます。
崩れたときにセットに時間が掛かる髪型はやめておきましょう。

水から上がった時に、海藻のように張り付いてしまうような髪型もあまりよろしくないので、
顔や肩につかないようにまとめるのがおすすめです。

髪型に一工夫加えたい!という方は、
編み込みを入れたりヘアーバンドをしてみたり、自分なりに可愛くヘアアレンジしてみるのも良いですね♪

スポンサードリンク

プールデートの持ち物は?

出典:https://www.irasutoya.com/2015/08/blog-post_508.html

  • プールバッグ
  • レジャーシート
  • 小銭入れ
  • ビニール袋
  • 冷たい飲み物

プールバッグ

プールデートでは、普段使っているバッグの他にプールバッグも用意しておくと良いですよ。

レジャーシート、タオル、飲み物を入れてプール内持ち込んだりするのに役立ちます。

大きめサイズで、このバッグひとつに必要な持ち物が全部入ります。
涼し気なスケルトンデザインで、水辺で持ちたいバッグの定番ですね♪

レジャーシート

プールデートには、レジャーシートが必需品です。

プールサイドに座って休憩をしようとしても、レジャーシートがないと熱くて座っていられません。

レジャーシートが一枚あれば、ゆっくり座って休憩したり、会話を楽しんだり、食事をしたり、プールサイドも楽しい場になりますよ。

小銭入れ

プールの中に普段使っている財布を持ち込むのは、防犯上おすすめできません。別に小銭入れを用意して行きましょう。

プールサイドには、売店や自販機など、ちょっとした飲食をすることができる場所が用意されていることが多いです。

財布はロッカーに預けて、小銭入れに使う分のお金だけを入れて持ち歩くようにしましょう。

落とさないように、首からかけたり、水着にクリップで固定したりできるようにするものだと、なお良いです。

ビニール袋

プールで遊んだ後、濡れた水着やタオルなどを入れるために、ビニール袋があると便利です。

濡れた水着を入れるもの、ゴミを入れるものなどに分けるため、数枚持って行くと良いですね。

うっかり持って行くのを忘れると濡れてほしくないものまで一緒に濡れてしまうので、ビニール袋は必ず持って行きましょう。

冷たい飲み物

プールで泳いでいると、思いのほか体力を使います。プールサイドは炎天下なので、水分補給はとても大切です。飲み物も忘れずに用意しましょう。

自動販売機や売店などもありますが、外のお店よりも値段が高いことが多いです。
少しでも節約したい場合は、水筒に冷たい飲み物を用意して行くと良いですね。

水筒は、自販機で買った飲み物を入れて、冷たい状態を維持するのにも役に立ちますよ。

持ち物に関しては、別記事でも紹介しています↓↓↓

まとめ+関連記事

プールデートの楽しみ方や注意点を紹介しました。ムダ毛のケアや、忘れ物には注意したいですね。
しっかり準備をして、楽しいプールデートにしたいですね☆
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク