カラスの大群を見かけると、胸騒ぎやどこか不安な感じを抱いてしまう経験って誰しもが少なからずあると思います。なぜ、カラスは大量発生するのでしょうか?
そのため今回は、『カラスの大群・大量発生する理由は?飛び回る動画や対策はあるか、鴉の生態も』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

カラスの大群・大量発生する理由は?

出典:http://urx3.nu/ewuf

カラスは、基本的に、群れで行動する生き物

カラスは、群れで行動する習性があります。
特に、夕方の時間帯、カラスの大群が夕方の空を自由自在に飛び回ったり、電線の上からこちらを見下ろしたりするシーンを幾度となく見たことがありますよね。
午前中は、お気に入りの餌スポットへそれぞれ飛び立つため、集団で行動している様子を見るのは少ないですが、夕方になると、他のカラスと共に行動するようになり、一緒に巣へと戻っていったり、集団でねぐらを構えたりするため、カラスの大群を見かけることが増えるのです。

カラスは、仲間意識がとても強い生き物ですね。

繁殖期においては、大群での行動は比較的少ない

出典:https://www.youtube.com/watch?v=MoKO97i51RU

カラスの繁殖期は、3月頃~7月頃。
カラスの夫婦は、一緒に子育てに専念する特性を持っており、それぞれの縄張りからあまり離れないため、繁殖の時期は集団での行動が少なくなる傾向にあります。

カラスの大群による移動は、比較的、繁殖の時期以外に多く見られる行動なんですよ。

カラスの大群が・大量発生する動画

時折、カラスの大群に関するニュースや動画を目にします。
それほど地域社会に与えている影響は大きいことがよく分かりますね。

動画1:旭川市 カラスの大群と共存の道

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k6QymkfTD1E

旭川の市役所庁舎に止まった数え切れないほどのカラスの大群。住民や観光客からイメージが良くないと言われ、対策を講じる取り組みや共存の在り方について紹介した動画です。
カラスが集まることによって生じたフンの問題、ゴミ荒らし問題。
カラスに森に帰ってもらうためには、まずは人間にゴミのマナーを守ってもらうことが大切だと改めて実感させられます。

人間社会と野生動物の社会がきちんと住み分けされて、お互いに干渉し合わず、あつれきが生じない世の中にするためには、どうしていくべきかを考えさせられる動画です。

動画2:恐ろしい、数十万のカラスの大群が電線に

出典:https://www.youtube.com/watch?v=9DEztNGjhkI

数万羽というカラスの大群が、空を自由に飛び回ったり、道路沿いの電線に止まっている様子を紹介した動画です。空が無数の黒い影で覆われるほどの多さに衝撃を受けるとともに、すき間が見当たらないくらいカラスで電線が埋め尽くされている様子に不気味さを覚えます。
実際にこの光景を目の当たりにすると、怖くて道路を歩けそうにないです。

無数のカラスに覆われるのは、次は私たちの街かもしれません。

動画3:空を覆うカラスの大群に住民困惑

出典:https://www.youtube.com/watch?v=76lkXhtneS0

新潟市内で撮影された、数千羽にのぼるカラスの大群が空を飛び交っている様子を紹介した動画です。
撮影者によると、カラスの大群が何回か押し寄せ、1時間ほど居座っていたとのこと。
撮影された9月頃は、カラスの子供が巣立ち始める時期で、とにかく皆で集まって一緒に行動するという傾向が強いため、このような大量のカラスが見られやすくなるそうです。

カラスが多い日本では、ひとつの原風景として捉えられますが、ここまで大量にカラスが飛んでると、上空が気になって仕方がありませんね。。

スポンサードリンク

カラスの大群への対策はある?

出典:http://urx3.nu/ac7v


カラスが大量発生すると、
フンの問題や、ゴミや農作物を荒らされたりするなどの被害が多く見受けられるほか、カラスに攻撃されて負傷するといったことも徐々に増えてきています。
地域だけでなく、社会全体の問題になっているというニュースを時折目にしますよね。

カラスが集まってこないようにするためには、いったい、どのような対策を取ればいいのでしょうか?

基本対策4か条。模索は続く。まずは「自分」「地道に根気強く」がカギ。

fa-arrow-circle-right

基本対策4か条

  1. どんな時でもカラスの巣には近寄らない
  2. こちらから攻撃しない
  3. カラスの前では、光物を見せびらかさない
  4. ゴミ捨てのマナーは守る

※中身が見えにくいようにする、ゴミ捨て場にゴミをそのまま放置しない、ネットがあれば必ずゴミ全体を覆うようにかける、など。

基本的にカラスは、比較的おとなしく、頭の良い鳥といわれています。
普段は攻撃的ではないカラスですが、カラスの巣に近寄ろうとしたり、人間が攻撃を仕掛けたり、光物を身に着けていたりする場合は、攻撃的になる可能性が高くなります。また、特に、繁殖期は神経をとがらせているため、より攻撃的になりやすく、実際に巣に近づいた人間を襲うケースが増えているようです。
カラスも人間と同じ生き物です。
いつ如何なる時も、自分勝手に攻撃してみたり、むやみに近づいたりしないように心がけましょう。

加えて、カラスの餌になるゴミのマナーも守るように心がけたいところです。
カラスの嗅覚は、ほ乳類に比べると発達していないものの、学習能力の高さと優れた色彩感覚により、ゴミの中身を判別できるといわれています。
ゴミ捨ての日時を守らず放置されたゴミや、ネットでカバーされていないゴミは、カラスにとって格好の餌となり、カラスが集まってきやすいうえ、ゴミ捨て場が荒らされる可能性が高まります。その結果、自分にも近隣にもフンやゴミ荒らしの被害を受けるだけでなく、その被害がもたらすストレスによって悪影響が広がることが予想されます。

まずは自分から、そして、地道に根気強く対策を講じていく必要がありそうです。

カラスの生態

出典:https://booth.pm/ja/items/17647

カラスを気高く神秘的に感じる一方で、妙に響き渡る鳴き声、黒々しく大きな翼をバサバサする姿が不気味で怖いといった声も少なくありません。
気味悪がられるカラスですが、普段はおとなしく、頭のよい生き物です。
一説によると、カラスは、神々と人をつなぐ重要なメッセンジャーなど神の使いとして崇められる存在で、今でもそのように考えられている地域は存在します

カラスの生態、簡単にまとめてみました。

カラスのプチ情報
分類
ススメ目カラス科(スズメの仲間!)主な種類(日本国内における)
  • ハシブトガラス
  • ハシボソガラス
  • ミヤマガラス

※NHKの話題の番組「チ〇ちゃんに叱られる!」に出てくるキョ〇ちゃんは、どの種類でしょうか^^

特長
  • ハシブトガラス
    ※鳴き声は、「アーアー」「カーカー」が基本ですが、様々な声を出すことが出来る。
  • ハシボソガラス
    ※鳴き声は、「ガーガー」「ガアァガアァ」と濁った声を出す。
  • ミヤマガラス
    ※ハシボソガラスに似た濁った声を出す。

えさ
主食は、昆虫や種子のほか、果実がメインですが、残飯や動物の死骸なども口にするなど雑食性。

繁殖時期
3月~7月に樹上や高電線の鉄塔などに木の枝や針金などで巣を作る。
1回で3~5個の卵を産む。

その他
  • 高い学習能力と優れた色彩感覚を持つ。
  • 噛む力がとても強く、カラスによっては、口の力が50~60kgほどにもなる。
  • 他のカラスと一緒に巣へ帰ったり、ねぐらを共にするなど仲間意識が強い。
  • お互いに寒さや外敵から身を守る習性がある。
  • 仲間と声で会話する。

まとめ+関連記事

カラスに関する問題は、地域によってはとても深刻です。大群を減らしていくために、まずは自分から、そして、地道に根気強く、日ごろの生活に気を付けていきましょう!

関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓☆

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク