食べ物、ファッション、コスメ、エンターテインメントなど、楽しめるジャンルがたくさんある国、韓国。実は、9月の韓国旅行はハイシーズンとはいえ、破格の値段で安いツアーも出回っているんですよ。
そのため今回は、「韓国の9月の服装は?ソウル等の都市の気温や天気、旅行の持ち物リスト」をご紹介します^^

スポンサードリンク

韓国の9月の気温や天候は?

出典:http://urx3.nu/7vA2

距離的に日本に近いこともあり、日本と同じように四季が存在したりするなど、気温や気候的には日本とそこまで大きく変わりません。9月の初旬は残暑の厳しさが少しは残るほか、9月は日本と同じく台風が来たりすることもあるものの、一般的に一年を通して過ごしやすく、おすすめの観光シーズンでもあります。朝晩は徐々に涼しくなりはじめ、秋の気配を感じることも多くなるでしょう。

韓国の主要都市における9月の気温や降水量について、過去3年分をリサーチしてみました。
日本との気温の差はあまりないとはいえ、東京と大阪の気温や降水量もまとめてみましたので、観光に行かれる際は、ぜひ参考にしてみてください。

日本の2大都市における9月の気温と降水量

韓国の主要都市における9月の気温と降水量

日本の2大都市と韓国の主要都市における9月の気温と降水量を表にまとめてみました。
東京・大阪は、最高気温も最低気温も20℃を超えており、まだまだ暑さが残っていることが分かります。
その点、韓国の主要都市は、平均的に最高気温は20℃を超えるものの、最低気温については場所によっては20℃を下回っていますね。よって、9月の韓国は暑さも和らぎ、比較的過ごしやすいシーズンに入ってきていることがうかがえます。観光で訪れる場所によっては、肌寒さを感じるエリアもあるので、羽織るものがあったほうがいいでしょう。

また、降水量を見てみると、日本の東京・大阪は、比較的雨が多い印象ですね。また、日本の夏は台風が多いシーズンですが、9月も列島を台風で覆うこともしばしば。データによると、月のおよそ半分近く、雨が降っているようです。それに比べて、韓国は、雨が降る日は少ないようですが、それでも時折雨は降るといったイメージです。折りたたみ傘の準備があると安心かもしれませんが、現地調達でもいいでしょう。仮に、観光場所に済州(チェジュ)を選ばれた場合は、雨の確率が高くなるので、折りたたみ傘は常備したほうが良いかもしれません。

どの場所を観光するにせよ、定期的に天気予報をチェックしておきましょうね。

韓国の9月の服装の目安!

出典:http://urx3.nu/W5rS

旅行の準備で一番頭を悩ませるのが、服装ですよね。ある程度オシャレはしたいけれど、自分のお気に入りの服を全部持っていくわけにはいきません。でも、服を詰めていると、あれもこれもと増えてしまったりします。そういう場合は、可能な限り、観光するエリアの気温や天気予報を事前に調べておくことがおすすめです。体調を崩さず、思う存分、観光を楽しむことができますよ。

では、どのような服装がベストでしょうか。

fa-arrow-circle-right

9月のおすすめの格好

  • 上旬:日本でも着る夏服のような格好でOK。ただし、羽織るものはあったほうが安心。
  • 中旬〜下旬:秋服に、カーディガンや薄めのアウターの準備は必要。※靴は、暑さに関わらず、動きやすいスニーカーやフラットシューズがおすすめ。

9月上旬は夏服で大丈夫

9月の上旬は、まだ8月からの暑さが残るため、夏服でも大丈夫です。8月は、日本ほど酷く暑くならないものの、それでも、平均30℃を超えるほどの暑さで、9月の上旬もその暑さが少し続くとのこと。
ただし、このシーズンは、日本と同じく、建物内では冷房がまだガンガンに効いているところも多いため、体調を崩しやすくなる傾向があります。薄着の格好を好む方や体調を崩しやすい方は特に、羽織るものがあったほうが安心かもしれません。

ちなみに、大邱(テグ)などのエリアは、9月上旬でも、朝晩が想定以上に寒くなったり、最高気温と最低気温の差が激しい可能性もあるため、注意が必要です。一般的には夏服でも大丈夫ですが、急に冷えたりする場合もあるため、薄手のカーディガンでも持参しておくといいでしょう。

9月中旬から下旬は、秋服がベター

9月の中旬以降は、朝晩が徐々に涼しくなり、秋の気配が感じられる季節となります。場所によっては雨が多く降るエリアもありますが、一般的には暑すぎず、秋晴れの心地良い日々を過ごすことができますよ。
先ほどの表でも紹介したとおり、日本の2大都市の9月の気温に比べると、韓国は比較的気温は少し低めです。
また、どんな時でも、急に天候が崩れる可能性はあることを考慮して、9月に入ったら、カーディガンや薄めのアウター、もしくは、余分にインナーを準備したほうが良いかもしれません。

これは、旅行あるあるですが、朝晩が急激に冷えたり、思った以上に気温が上がらず、1日を通して寒いということが十分考えられます。
夏から秋にかけては特に、建物内と外で、温度差が激しく体がついていかないと感じてしまうこともなきにしもあらず。
暑い場合は服を脱いで調整できますが、寒い場合は羽織るものがなければ体調を崩す原因にもなり、楽しいはずの観光が風邪で寝込むなんてことも。
肌寒そうだなと少しでも感じたら、羽織るものがあれば持参しておく、もしくは、薄手のカーディガンなどを現地で購入するようにしましょうね。無理しないことが大切です。

スポンサードリンク

韓国の9月の持ち物の一覧リスト!

出典:http://ur0.biz/ZonK

旅行の日が近づいてくると、気になるのが、持ち物ですよね。
簡単ですが、韓国旅行の持ち物リストをざっとまとめてみました。何を持って行ったらいいか不安、もしくは、旅行前の持ち物チェックリストが欲しい、そんな方々は、ぜひチェックしてみてください。

fa-arrow-circle-right

持ち物一覧

  • パスポート
  • 航空券
  • クレジットカード
  • 海外旅行保険(クレジットカード付帯の海外旅行保険があればOK。)
  • 財布(日本で使っている財布であれば、保険証やポイントカードは抜いて軽くしておきましょう。)
  • 日本円(両替用。加えて、交通系の電子マネーがあっても、日本国内で使えないところがあるので、少しとっておきましょう。)
  • 韓国ウォン(公共の交通機関では現金があったほうがベター。カードが使えないところもあり。)
  • お出かけ用バッグ(チャック付きのショルダーバッグがおすすめ。)
  • パスポートを入れるミニ袋(ホテルに置きっぱなしにせず、肩身離さず持てるように。)
  • 旅行用の収納バッグ(綺麗に収納するため。スーツケース内はできるだけ整理整頓しておくと、どこに何が入っているか分かって便利です。)
  • 折りたたみの追加バッグ(お土産をたくさん購入して、スーツケースに荷物が入りきらない場合、追加のバッグはとても役に立ちますよ。使わなくても、折りたたみなのでかさ張りません。)
  • スーツケースベルト(自分のスーツケースとわかりやすくするため。スーツケースのロックができなくとも、こちらのベルトがあれば問題なし。)
  • 着替え(下着や靴下も忘れずに。)
  • パジャマ(ホテルにある可能性も高いですが、要確認。動きやすくてちょっと外に出れる格好でもいいかもしれません。)
  • コンタクトと保存液など(必要であれば。)
  • ハンカチやミニタオル
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • スマートフォン
  • スマートフォン用充電器
  • スマートフォン用モバイルバッテリー(スマートフォンを多用する人は持参しておきましょう。)
  • 自撮り棒(必要であれば。)
  • デジタルカメラ
  • デジタルカメラ用メモリーカードの予備(パソコンを持参して取り込む人は必要ないでしょう。)
  • デジタルカメラ用充電器
  • 変圧器
  • 電源変換プラグ
  • ACアダプタ 拡張(友達と同室で、コンセントを多用するのであれば、要検討。)
  • ドライヤー(ホテルなどにあるか事前に確認してください。ホテルにあれば、持参する必要ありません。)
  • PC(必要であれば。)
  • 常備薬/生理用品(必要であれば。)
  • シャンプーやリンス(ホテルにある可能性が高いですが、自分好みのものがあれば。)
  • 化粧水や乳液など(ホテルにある可能性が高いですが、自分好みのものがあれば。)
  • メイクやスキンケア用品
  • 歯磨きセット(ホテルや現地で購入もできますが、自分好みのものがあれば。)
  • 日焼け止め(韓国も日差しが強いので、持参するようにしましょう。)
  • サングラス(韓国も日差しが強いので、持参するようにしましょう。)
  • 帽子(韓国も日差しが強いです。帽子好きな方はぜひ。)
  • 絆創膏
  • 折りたたみ傘(雨が降る可能性はありますよ。)
  • ガイドブック
  • 日本食(長期滞在の場合。韓国でもゲットできますが。)
  • 飛行機内のトラベルグッズ
  • マスク(お好みで。)

旅行に最適なエポスカードをご紹介☆

出典:http://ur0.biz/pvCG

クレジットカードは、旅行には必要不可欠といっても過言ではありません。なぜなら、キャッシュカードを持っていても、どこでもお金を下せるとは限らないのです。キャッシュカードでお金を下せる銀行やATMを探すより、クレジットカードでスマートに支払いを済ませたいですよね。

そんな時におすすめなのが、マルイが発行している「エポスカード」。海外旅行に最適で最強との評判のクレジットカードです。どういったメリットがあるのでしょうか。

fa-arrow-circle-right

エポスカードがおすすめの理由

  • 年会費が無料
  • 出発間際でもマルイの店舗だと、最短即日発行してくれる
  • 海外旅行傷害保険が自動でついてくる
  • 海外のATMで現地通貨を引き出すことができる
  • 海外旅行に行く前に、ショッピングの利用可能枠を一時的に増額してくれる
  • 海外にいても、サポートデスクが日本語で案内してくれる
  • 紛失/盗難時の不正使用も61日前まで全額補償してくれる
  • プラチナ/ゴールド会員の場合は、限定空港ラウンジが無料で使える
  • プラチナ/ゴールド会員の場合は、海外Wi-fiのレンタルあり
  • 手荷物宅配や空港パーキングの優待あり
  • ハワイ、台湾、韓国での優待あり。そのほか、各国でお得な優待もあり
  • 海外おみやげが20%オフになることも
  • 旅行申し込みで、ポイントがお得にたまる

たくさんの嬉しいメリットがありますね!
韓国のみならず、海外旅行に行く際は、エポスカードを利用してみてください。

まとめ+関連記事

日本と同じ四季がある、韓国。9月の韓国は、日本よりは少し早めに秋の気配を感じるものの、とても過ごしやすく、場所によっては綺麗な紅葉や秋の味覚も楽しめるでしょう。距離も近くて旅行しやすい国なので、ぜひ一度遊びに行ってみてくださいね^^

関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓☆

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク