秋が近付いてくるとそろそろ衣替えをしたいと思いますよね。では、秋服っていつから着ればいいのでしょうか?また、秋服を売り出す時期や、秋服を取り入れるコツ等も気になりますね!
そのため今回は、秋服はいつから着る?時期や何月からか、気温の目安や買える時期もご紹介します!^^

スポンサードリンク

秋服はいつから着る?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/873097

10月初旬に切り替える人が多い

いつごろ秋服に切り替えるかというと、10月初旬に切り替える人が多いようです。

暦の上では、8月8日ごろに訪れる「立秋」以降は秋とされています。
ですが、実際の気候はまだまだ夏の盛りで、秋服を着るには暑すぎます。

では、秋服に切り替えるポイントは何かといえば、気温です。
秋服を着ても暑く感じない程度に気温が落ち着いてから、秋服に切り替える人が多いのです。

どのくらいの気温になると秋服を着ても暑く感じないのでしょうか。
一般的には最高気温が25℃未満、最低気温が20℃以下になると、夏の服装では肌寒さを感じるようになります。

東京では、最高気温が25℃未満、最低気温が20℃以下といった気候になるのが、例年だと9月の下旬から10月の上旬にかけてです。
ですから、10月の初旬に秋服に切り替える人が多いというのも、気温の変化に合わせているのです。

気温が25℃未満になったら半袖ではなく薄手の長袖を着るようにし、さらに気温が下がり20℃未満になったらカーディガンやパーカーなどを羽織るようにするとよいでしょう。
秋服に切り替えるといっても、まずは脱ぎ着がしやすく、温度調節が可能な1枚をプラスすると朝晩の気温差に対応できます

天気予報で気温をチェック

自分の住んでいる地域の気温が秋服に切り替えるのに適当な気温かどうかは、天気予報で気温をチェックするとよいでしょう。
10月のはじめに秋服に切り替える人が多いとはいえ、毎年気温は同じではありませんし、地域差もあるからです。

9月は日によって気温差が大きい時期です。
また、台風も多く襲来するため、気候が変わりやすい時期でもあります。

最高気温が25℃以下の日が続いたかと思えば、再び30℃近い夏日がやってくることもあります。
ですから天気予報で今後の気温の変化を確認し、秋服に切り替えていいのか、夏服はもう片づけていいのかを判断するといいでしょう。

秋服はいつから買える?

出典:https://goo.gl/A1sUGe

夏真っ盛りから店頭に

8月に入ると店頭には秋服が並び始めますが、当然この時期に秋服を着るには気温が高すぎます。
アパレル業界では、実際にその服を着るのに適した時期の1〜2ヶ月前から店頭に服が並び始めます

ですから8月に店頭に秋物が並び始めても、実際に着るのは9月か10月ということになります。

早めの購入がベスト

8月に秋服が店頭に並んでもまだ着ないから・・・・・・と購入をためらっていると、秋服はあっという間に売り切れてしまいます。
秋服は入荷数がそれほど多くないこともあり、また、実際に秋服を着るようになる10月ごろになると、店頭には冬服が並び始めます。

ですから秋服を購入するのであれば、まだ着ないと思っても早めに購入した方がいいのです。

スポンサードリンク

秋服を徐々にうまく取り入れるコツは?

出典:https://goo.gl/KdjkH8

オシャレ上級者の秋コーデは?

9月に入るとまだ気温は高いとは言え、オシャレ上級者は秋物を少しずつ取り入れ始めます。
ファッションは実際の気候よりも少し先取りするのが、オシャレに見せるコツです。

昼間はまだ気温が高く半袖で過ごせても、朝晩は薄手のカーディガンを羽織ったり、足元をサンダルではなく靴にしたりと、少しずつ秋物を取り入れることで秋のオシャレを楽しむことができます。

徐々に秋を取り入れた服装を

同じ半袖を着るのでも、秋を感じさせる色合いのものに替えるだけで、秋っぽさを演出できます。
秋を感じさせる色合いには、ブラウン、ボルドー、マスタードイエロー、ダークグリーンなどが挙げられます。

秋も春物で過ごそうと考える人もいるようですが、春物と秋物とでは色合いが異なります。
秋に春っぽいパステルカラーを身につけていると、季節感が合わずに浮いてしまいます。
オシャレ上級者を目指すなら、秋っぽい色合いの服を選びましょう。

色合いだけでなく、素材を替えることで秋物を取り入れることもできます。
コーデュロイやベロアなどが、秋を感じさせる素材として挙げられます。
デニムからコーデュロイのパンツにするだけで、グッと秋っぽくなります。
スカートもコットンではなく、ベロア素材のスカートにするいいでしょう。

あるいは、まずはアクセサリーなどの小物から秋物を取り入れるというテクニックもあります。
フワフワとしたファーやベロアを使ったヘアアクセサリーやピアスをつけたり、男性ならば革のバングルを手首につけるだけでも、秋っぽい印象を与えることができます。

秋服を着られる時期はいつまで?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1310579

気温が15℃を下回るようになると、秋服では寒さを感じるようになります。
ですから、15℃を目安として冬服への切り替えを考えなければなりません。

東京では10月の中旬頃から最低気温が15℃を下回る日があるようになり、11月に入るとほぼ毎日最低気温は15℃未満となります。
ですから、東京でいえば、11月の中旬までには秋服から冬服へ切り替える人が多いようです。

9月に夏服から秋服に切り替え、11月中には秋服から冬服に切り替えるというのが目安ですね。

秋服をお得に変える時期は?

10月になると秋服セールが始まる

秋服は8月から店頭に並び始め、10月に入ると早くもセール価格に値下がりします
この時期を狙って秋服を買うと、リーズナブルな価格で購入することができます。

ただし、夏と冬のセールのように大々的にセールが告知されるわけではないので、こまめにチェックが必要です。
また、人気のある商品は定価で既に売り切れてしまっていることも多いので、どうしても欲しい商品はセールまで待たない方が確実に手に入れられます。

スポンサードリンク

秋服の楽天の人気商品を紹介☆

きれいスタイルを簡単に作れるVネックコットン長袖Tシャツ

Vネックの開き具合が絶妙で、ラインをきれいにみせてくれます。S〜Lサイズあるのもうれしい★

上質な丸襟がかわいいコットン長袖シャツ

丸襟がフェミニンでキュートな印象を与えてくれる長袖シャツ。1つだけ赤いボタンが付いているのもかわいい。

ゆったりドレープがエレガントなドルマンカーデ

水彩画のような花柄が目を引くドルマンカーデ☆
ゆったりしたドレープが、エレガントな女性らしさを演出。
デニムやサルエル、Aラインのスカート等々、どんなボトムスにも合います♪

まとめ+関連記事

秋服は9月に入ったら少しずつ取り入れていくのがオシャレ上級者のテクニックです。まずは素材や色から秋物に替えていくといいでしょう^^
実際の気温をチェックすることもお忘れなく☆
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク