秋が来ていますね☆秋にディズニーに行く時はどのような服装でいけばいいのでしょうか?また服装、持ち物のポイントも気になりますね!
そのため今回は、秋のディズニーの服装!時期に合わせたポイントや注意点、持ち物もご紹介します!^ ^

スポンサーリンク

秋のディズニーランドの服装のポイントは?

出典:http://belcy.jp/39768

秋のディズニーランドは暑いと思って薄着して行くと、意外と寒かったなんてことが起こりやすい時期です。

昼と夜の寒暖差に注意しつつ、またディズニーランドでどんな遊び方をするのかを考え、なるべく動きやすい服装にするのがいいでしょう。

9月の服装

9月の服装は温度調節が一番難しいのですが、基本は半袖シャツの上に羽織るものを準備しておくのがいいでしょう。

9月の気温はおおよそ、25度~30度で推移しています。
晴れか曇りの日が多く、時々にわか雨になることが多いです。

残暑がまだまだ厳しい日が多い半面、夜は思った以上に冷え込む場合もあり、昼夜の寒暖差が激しい時期です。
また、室内は冷房がかかっていて寒く感じることもあるでしょう。
その寒暖差に対応するために、9月の前半までなら夏のファッション(速乾性の高い半袖シャツやボトムス)で、念のため、薄手の長袖カーディガンがあると安心でしょう。

ただ、9月も後半になってくるとだんだん肌寒くなってきますし、ディズニーリゾートそのものが海沿いにあるので、他の地域よりも風が強く一段と肌寒く感じると思います。

ですので、日中から半袖Tシャツの上に薄手の長袖シャツを着て、温度調節出来るようにしておくのがいいでしょう。
足元も冷えてきますので、短パンは避けた方がいいですね。

あと、夜のパレードを見るとなると始まりが19時くらいで日も暮れてきているので、気温もグッと下がります。
加えて、パレード鑑賞中は自分自身はあまり動かないでしょうから、どんどん寒く感じます。
日中の陽気からは考えにくいかもしれませんが、念のため上着を持参した方がいいでしょう。

10月の服装

10月上旬は、脱いだり着たりできる服装が良いでしょう。
日中は薄手の長袖シャツで良い日もあれば少し暑くて半袖シャツの方が良い日もあるので、臨機応変に対応できる服装にしましょう。
もし自分が寒がりと思うのであれば、自主的に少し厚めの上着を持って行きましょう!

昼間でも長袖のシャツや薄手のカーディガンで行動し、夜はジャケットが必要な日が多いと感じます。
10月の気温はおおよそ、日中は20度前後、夜は10~15度くらいで推移しています。

ディズニーランドのある浦安市で、平均降水量が一番多いのは10月なんです!
気温もずいぶんと低くなり、日中でも20度前後で落ち着き、夜になると10度台前半まで下がってます。
雨が多い傾向があるので、カッパを持参しておくと便利ですね。
準備していかずにパーク内で購入することも可能ですが、みんな考えることは一緒なので、すぐになくなってしまいます。

10月下旬はさらに急激に寒くなりますので、長袖インナーやジャケットやスプリングコートを着ていくなどしましょう。
晴れの日中でも20度を下回ることが多くなってきます。
ですので、寒さ対策は万全に整えて、ディズニーリゾートに向かいましょう。

11月の服装

日中でもジャケットが必要で夜まで楽しむのであれば、ブーツやマフラーなどの防寒具を身につけていると安心です。
ニット帽を被ってカッコ良く見せるのもいいですね^ ^

11月の気温は日中の平均気温でも17度いかないくらいで、夜は10度に満たないくらい寒くなってきます。
気温だけ見ても、冬の一歩手前になります。
11月も下旬になるとさらに気温は下がるので、冬に着る厚手のコートも必要になってきます。

秋のディズニーランドの注意点は?

出典:http://topics-today.com/983.html

スニーカーがベスト!

足に優しい底が平らな靴やスニーカーなど、普段から履き慣れていて、たくさん歩いても痛くならない靴が良いでしょう。

ディズニーランドはとても広いですから、開演から閉園まで1日中遊ぶとなるとかなり歩くことになります。
ディズニーランドに行くということで気合いが入ってしまうのもわかりますが、厚底靴やヒールの高いサンダルなどおしゃれに重点を置いてしまうと、足の疲労や靴擦れなどで逆に楽しめなくなります。
ストレスなくディズニーランドを楽しむためにも、靴は頑張らなくてもいいでしょうね。

両手が空くリュックサックが便利

リュックサックなら両手がふさがることがないですし、胸部や腹部に留め具があるリュックサックだと体への負担は少ないですし、チケットや財布の出し入れが楽にできるので、ストレス無く遊べるでしょう。

荷物が多い人や小さなお子さんのいる家族連れであれば、リュックサックがオススメです。
特にディズニーではポップコーンやチュロスなど食べ歩きグルメが多いので、両手はしっかり空けておいた方が便利ですね。

ただ、常に混雑しているディズニーランドでは、リュックが押されたりして中のモノがつぶれたりする可能性もありますので注意して下さいね。

秋でもUV対策を

出典:https://castel.jp/p/1185

長袖で薄手のUVカットのカーディガンなどを準備していきましょう。
日焼け止めも忘れないようにするのがポイントです。

ディズニーランドは立地も海沿いですし、直射日光を遮るモノが周りにありませんので、紫外線対策として日焼け止め以外に帽子もあったほうが良いでしょう。

天気は寸前までチェック

ディズニーリゾートは、天気によってイベントやパレードの実施内容が変わってきます
天気を確認せずに行った結果、楽しみにしていたイベントやパレードがなかった・・・なんてことがないように事前のチェックが必要なのはもちろんですが、服装や持ち物にも、天気は重要な影響を及ぼしてきます。

特に雨天時は非常に寒いので、ガッツリ一日遊ぶつもりなら上に羽織るものは必須です。

最低限必要な持ち物リスト

チケット

パークチケットはディズニーランドもしくは、ディズニーシーに入園するのに必須アイテムです^ ^
当然、パークチケットを持っていないと入園できません。
当日現地で購入する場合は問題ありませんが、当日券の販売窓口は混雑しやすいので、パークチケットは事前に入手しておくことをオススメします。

財布

お土産を買ったり、お店に入ってご飯を食べたり、ワゴン販売している食べ物をちょこちょこ買って食べたりと、気がついたら意外と出費してますよね。
クレジットカードでも一部を除いて支払いすることは出来ますが、現金もちゃんと持って行った方がいいでしょう。

ワゴンタイプの店の支払いがあるので、紙幣だけでなく小銭もある方が便利です。

スマホ

出典:https://happyhappyfamily.com/2018/02/26/disney-e-ticket-smart/

スマホで待ち合わせのやりとり、写真撮影、アトラクションの待ち時間などの調べものや並んでいるときの暇つぶしなどなんでも使えます。
また、アトラクションの待ち時間だけでなく、ファストパスの発券状況もスマホでチェックできるので便利ですよね。

アトラクションの待ち時間チェックに便利なアプリ「待ち時間 for TDL TDS」は、無料でダウンロードできます。

モバイルバッテリー

ディズニーではスマホを使う機会が多くなるでしょうから、モバイルバッテリーは必需品となります。
みんなで記念写真を撮りたくても、充電がなくて写真が撮れないとなると、寂しいですもんね。

必要なときに充電切れにならないように、モバイルバッテリーを持っていると安心です。
もしモバイルバッテリーを忘れてしまった場合は、ホテルやイクスピアリにコイン式充電機があるので、そういうサービスを利用してもいいでしょう。

メイクポーチ

秋といえどまだまだ汗をかく時期でもあるので、汗でメイクも落ちてくるでしょうから、女性はメイクポーチがあると安心です。

カメラ

出典:https://castel.jp/p/762

スマホのカメラでも簡単に綺麗な写真は撮れますが、もしデジカメや一眼レフだと優秀なズーム機能がありますし、動いている被写体を撮る場合は、スマホより力を発揮してくれるでしょう。

重くなってしまうのが難点ですが、記念になる綺麗な写真を撮るために少し頑張ってもいいかなと思います。
首から下げていればいちいちバッグから取り出す必要もなく、スムーズに撮れますしね^ ^

レジャーシート

パレード待ちのときやパレード中、その他、ちょっと座って休憩したいときとか、地面にそのまま座るとズボンが汚れるかも知れないですし、お尻が痛くなるのを軽減してくれるレジャーシートがあると便利でしょう。

ウエットシート

ワゴン販売している食事で済ませる方も多いですが、外で食べるのでウエットシートがあると、とても助かります。
小さなお子さんのいる方はあると便利なアイテムです。

タオル

まだまだ日中は日差しの強い日もありますので、汗を拭くタオルはあったほうがいいでしょう。

雨具

雨予報の場合は必須になります。
ただかさばるし、持っていく荷物が増えるので、雨が降ったときに現地調達するのも一つの手段です。

スポンサーリンク

ディズニーに行くときの服装の人気アイテム☆

ベーシックコットンフライスVネックニット

季節を選ばないオールシーズンで着られる生地で、吸湿性や通気性に優れているので、秋のディズニーで使いやすいシャツですね。

赤いボタンと襟の形で、ひとあじ違うデザインシャツ

赤いボタンがポイントの丸襟コットンシャツ。
丸襟で女性らしいデザインで着こなしやすいデザインです。

暖かい☆しっかりストレッチロングカーディガン3つボタン付き

大人の雰囲気を感じさせるロング丈のカーディガン。
肌寒くなったときに気軽に羽織れるアイテムですね。

まとめ+関連記事

過ごしやすい季節ですが、昼夜の気温の差が激しくなる時期でもあるので、少し服装や持ち物に気を使って、昼も夜も思いっきり楽しみましょう!
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサーリンク