赤城神社(あかぎじんじゃ)は、群馬県前橋市にある神社です。「神様が住む山」として知られる赤城山に鎮座しています。赤城神社では、どのような御朱印や御朱印帳を頂けるのでしょうか?その種類と頂ける時間や場所も気になりますね!
そのため今回は、赤城神社の御朱印と御朱印帳の種類は?もらえる時間や場所、見所やアクセスもご紹介します^^

スポンサードリンク

赤城神社の御朱印の種類や値段は?

出典:https://ameblo.jp/hiroshi-9325/entry-12401557337.html

赤城神社で頂くことができる御朱印は、1種類です。金額は、300円です。

赤城神社の御朱印

出典:http://ur2.link/McBO

御朱印中央に「赤城神社」との朱印が押されています。

右上には、奉拝の文字と「上野國赤城山頂」の印、左下には「延喜式内名神大社」の印も押されています。

延喜式内(えんぎしきない)とは、一種の社格を表しており、延喜式が成立した10世紀初頭には、

朝廷から官社として認識されていた神社、ということになります。

名神(みょうじん)は神々の中で特に古来より霊験(れいげん・神仏の御利益のこと)が著しいとされる神に対する称号であり、

名神を祀る大社ということで、つまり赤城神社は、大変由緒正しき神社である、ということがいえます^^

現在では、名神は「明神」に代わり、社格は伴っていません。

赤城神社の御朱印が頂ける時間は?

参拝時間(社務所受付時間) 9:00~17:00 ※土日祝は、~17:30

※御朱印受付時間も同様です。

気象状況により変更する場合がありますので、心配な場合は事前に確認されるとよいかと思います^^

赤城神社の御朱印のもらえる場所は?

出典:http://jinjyabukkaku.blog.jp/archives/7527617.html

赤城神社の御朱印は、社務所で頂くことができます。

朱色の啄木鳥橋(きつつきばし)を渡ると、赤城神社の境内に入ります。

石の鳥居がありますので、くぐると目の前に大沼が広がります。右に曲がり、参道を進みます。

参道が大沼のほとりになっていますので、水辺を歩いて、拝殿に向かいます。

手水舎がありますので、立ち寄りましょう^^

拝殿のすぐ右側に、御守りなどの授与所、御朱印所(社務所)があります。

ちなみに、この社務所の後ろ側はテラス席になっており、休憩することができますよ^^

赤城神社で買える御朱印帳の種類は?

赤城神社には、2種類のオリジナル御朱印帳があります。

啄木鳥橋と拝殿が描かれた御朱印帳!

出典:http://akagijinja.jp/omamori/omamori.html

出典:http://akagijinja.jp/omamori/omamori.html

赤城神社がある小鳥が島(ことりがしま)へと渡る啄木橋と拝殿が描かれた、美しい御朱印帳です。

背景色が変わっただけで、違った雰囲気になっていますので、どちらの御朱印帳も欲しくなってしまいますね☆

赤城神社の建造物は、この朱色がとても鮮やかで、風景に映えます。自然との調和が見事です^^

十二単を着ている赤城姫が描かれた御朱印帳!

出典:http://akagijinja.jp/omamori/omamori.html

赤城姫がデザインされた御朱印帳は、しばしば売り切れることがあるほど大人気です☆

とても華やかで気品ある御朱印帳ですね。この御朱印帳を求めに、全国から参拝客が訪れるのもうなずけます^^

こちらの背景色が朱色の御朱印帳は通年版となっていますが、

季節ごとに限定色の御朱印帳も頒布されます。例えば、春は桜色、秋は紅葉舞うデザイン・・・など。

限定版は、もちろん数に限りがありますので、欲しい方はお早めに!

デザインや頒布時期などの詳細は、赤城神社公式HP を参考にしてください。在庫状況も確認しておきましょう☆

  • 料金:1,700円
  • サイズ:12.4cm×18.4cm
  • 買える場所:境内の社務所

スポンサードリンク

赤城神社の見所は?

赤城神社周辺は、景色が美しいので、写真撮影に来ている人も多く見かけます。

標高が高いので、下界と比べると涼しい、寒い?ですので、服装にご注意くださいね^^

それでは、赤城神社の見所をいくつかご紹介いたしましょう♬

啄木鳥橋

出典:https://ameblo.jp/wats126/entry-12229958868.html

赤城神社にお参りするために、この朱色の啄木鳥橋を渡る参拝者が多いと思いますが、

赤城神社の境内となっている小鳥が島は、陸続きになっており、島側にも駐車場がありますので車両も乗り入れ可能です。

しかし、あえてこの橋を渡りたい!と思えるほど、大変素敵な橋ですね☆

大沼というカルデラ湖に掛かった橋なのですが、大沼は「おおぬま」ではなく、正式には「おの」と読むのだそうです。

この橋の1kmほど手前にある駐車場は「おのこ駐車場」という名前です。

冬は湖が凍結してその上に雪が積もるので、雪原のように見えるそうです。幻想的ですね☆

ちなみに、この大沼は、冬はワカサギ釣りで有名だそうです!

御神水

出典:https://ameblo.jp/indigokako/entry-12317835064.html

赤城神社は、1970年(昭和45年)現在の地に移されました。大洞には、赤城神社の旧社地が残されています。

旧社地では、「御神水」が湧き出ています。毎年5月8日の「山開き・春季例大祭」には、この水を持ち帰り、

各村の田の口に注ぎ、豊作を祈願しているそうです。この日は、神様が赤城山と人里の社を行き来する日と信じられており、

春の大切な行事です。

かつて、この「御神水」は、朝廷・幕府に献上されており、江戸幕府に保護されていました。

現在の赤城神社の手水舎の水は、御神水の湧き水を水源とする簡易水道を引いたものだそうです☆

龍の口からほとばしる御神水で、しっかりとお浄めさせていただきましょう^^

出典:https://hotokami.jp/area/gunma/Hkttm/Hkttmtk/Dgypt/78796/13854/

拝殿

出典:http://jinjyabukkaku.blog.jp/archives/7527617.html

赤城神社の拝殿は、鮮やかで美しい印象と、頑丈でしっかりとした印象、両方を感じさせます。

2006年(平成18年)には大洞御遷宮千二百年祭を記念して、社殿の大修復が行われています。

平日は空いていますが、休日は参拝客の列ができていることも多いそうです。

参拝の列に並んでもいいのですが、実は休日は拝殿の中に直接入ることができ、中でもお参りすることが可能です。

拝殿の後ろには立派な本殿があります。参拝はできませんが、外側から拝見することができますよ☆

毎年8月の第1土曜日には、夏祭りが開催されています。

神社の境内や大沼湖畔で様々なイベントが開催され、祭りのフィナーレには、花火が打ち上げられます。

赤城神社の住所・電話番号は?

  • 住所:群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
  • 電話番号:0272878202
  • 公式サイト:赤城神社

赤城神社は、赤城山頂にあるカルデラ湖の大沼のほとりに位置し、赤城山をご神体とする山岳信仰に由来しています。

赤城神社の創建は不詳とありますが、806年に赤城山の大沼の南に鎮座したという記録があり、

その時の年号が大洞だったことから「大洞赤城神社」と呼ばれるようになったようです。

赤城神社という名称の神社は、群馬県内に50社以上あり、関東地方やその周囲まで範囲を広げると、

約300もの赤城神社が存在します。「大洞赤城神社」は、その総本宮となります。

御祭神は、大国主神(おおくにぬしのかみ)・磐筒男神(いわつつおのかみ)・磐筒女神(いわつつめのかみ)・

経津主神(ふつぬしのかみ)で、四柱を赤城大明神と総します。

赤城神社は、湖の神様である「四柱・赤城大明神」とともに「赤城姫」という女神様もお祀りしています。

赤城姫は、その美しさを妬んだ継母に暗殺されそうになるところを、赤城山の大沼にいた鴨に助けられ、

赤城大明神(龍のお姿をされています)に召されて、湖の神様になったという伝説があります。

江戸時代には、徳川家康公のご分霊を合祀したことで、大名の厚い信仰を受けてきました。

1641年(寛永18年)に社殿が火災で焼失すると、翌年、江戸幕府・三代将軍家光の命により、社殿が再建されています。

スポンサードリンク

御朱印の楽天の人気商品もご紹介☆

集印帳 はんなり着物/縦縞にバラ

帯留めに見立てた水引ボタンと帯ゴム付き◎

蛇腹式の集印帳が開いてしまわないように留めておくことができます^^

御朱印帳 福呼び七福神(赤)

赤地に七福神の神様のイラストが散りばめられた御朱印帳!

宝船や打ち出の小槌なども一緒に描かれ、とても縁起の良い絵柄です♬

御朱印と御朱印帳で旅する神社・お寺

全国155箇所の神社や寺院が、ご利益・テーマ別に紹介されています!

近年増えてきた、寺社オリジナルの美しい御朱印帳の情報も◎

まとめ+関連記事

赤城姫をお祀りしている赤城神社は、女性のお願いごとは全て叶えてくださるという、大変ありがたい神社です。縁結び、恋愛成就、安産や子育てなど・・・あらゆる御利益を頂くことができ、女性にとっては最強のパワースポットです!
信仰が厚いと美しい娘を授かることができるとも評判なんですよ☆女性なら(もちろん女性以外の方も!)一度は訪れておきたいですね♬
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

『東京』

『神奈川』

山形

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク