1月の台湾旅行の服装はどんな感じにするべき?

出典:https://bit.ly/2pbRxAB

1月の台湾旅行におすすめの服装
  • Tシャツ
  • 長袖シャツ
  • 薄手のジャケット
  • ダウンジャケット
  • マフラー
  • 手袋

防寒対策をしっかりと

1月の台湾は、日本の1月と比べると温暖ですが、日中は暖かくても朝晩は冷え込むこともあるので、気温差に備え防寒対策は必須です。 日本の1月は、身震いするほど寒さの厳しい季節ですが、1月の台湾では、身震いするほどの寒さに襲われることはまずありません。 ただ、後述するような寒波が到来した場合には、日本の冬と同じような寒さになるため、ダウンジャケットなど、暖かいアウターが必要になります。 また、台湾には暖房がほとんどなく、冬でも冷房が効いている場所が多いため、冷房対策も欠かせません。 年間を通して暖かいといっても、暖房がほとんど無く、年間を通して冷房を効かせているというのは驚きですよね><; 日本人の感覚からすると、いくら暖かいといっても、「冷房をつけるまでもないのでは・・・?」と少し疑問に思ってしまいますが、台湾では湿度対策も兼ねているのか、年中冷房をつけています。 日本では、外を歩き寒くなったらお店やカフェで暖まる、というようなことがありますが、台湾の場合、寒くなって暖まるためにお店やカフェに入っても、ガンガンに冷房が効いていて、エアコンが近くにある場合は、背後から冷風にさらされ、さらに体が冷えてしまうということも少なくありません。 お店だけでなく、公共交通機関でも冷房は効いているので、冷房対策として、暖かい日でも上着は用意しておきましょう。

寒波に注意!

1月下旬になると、寒波の影響で日によっては最低気温が10℃以下になる日もあります。 そのため、平均気温だけを見て春服、秋服だけを用意するのではなく、冬物のコートやダウンジャケット、マフラーや手袋なども用意しておいた方が良いですね。 現地でも用意することは出来ますが、寒波の状況などは事前に天気予報などで確認することも出来るため、旅行する際は寒波の予報・状況などもチェックしておきましょう☆

雨対策も忘れずに

台北などの北部では、2日に一回は雨が降る可能性が高いので雨対策も大切です。 台北以外の地域については、1月は降水量も低く、降ったとしても短時間に小雨が降る程度ですが、台北を観光する場合には、雨対策をして行く必要があります。 雨対策として、折りたたみ傘や、レインコートも用意しておくと良いですね☆ ただ、雨対策としてレインコートを持って行くとなると荷物も増えてしまうので、撥水加工されたアウターを着て行った方が良いかもしれません。 撥水加工されたものは、風も通さないので、1月の台湾に着ていくアウターとしてもおすすめです^^ 雨具やレインコートは、現地で安く購入することも出来るので、行きの荷物を少しでも減らしたい場合は、到着してから現地で購入しても良いですね☆
スポンサードリンク

台湾の1月の気温・天気・気候

出典:https://bit.ly/2NurlZN

気温

平均気温(℃) 最高気温(℃) 最低気温(℃)
台北 18.5 28.6 11.9
台中 19.3 31.0 11.1
台南 19.7 28.9 11.9
高雄 21.9 28.8 14.6
1月の台湾の都市別の気温は上記のようになっています。 観光客に一番人気の都市、台北の1月の平均気温は、18.5℃です。 当然南にいくほど暖かくなり、南部の高雄では1月でも平均気温が20℃を超えてきます。 20℃というと、日本では、5月、10月くらいの気温になります。 季節でいうと、5月、10月は日本では春・秋に該当するため、日本の1月より温暖なのは間違いありませんが、気温だけを見てもいまいちピンと来ませんよね><; そこで、1月の台湾と日本の気温にはどのくらいの差があるのか、分かりやすくグラフにしたものも合わせて紹介したいと思います^^
日本との気温差は?

出典:http://clubtaiwan.net

上のグラフは台湾の各都市と東京の年間の平均気温を比較したものです。 1月は特に台湾と東京との平均気温の差が大きいことが分かります。 東京の1月の平均気温が約5℃ですから、さすが南国、1月の台湾は東京に比べずいぶん暖かいということが分かりますね☆ 年間平均気温が日本より高く、日本と比較すると年間の気温差も少ない台湾ですが、意外にも、台湾も日本と同じように四季があり、四季を区分したとき、12~2月は冬となっています。 平均気温だけを見ると、過ごしやすいシーズンのように感じますが、あくまでも平均気温なので、実際には寒さを感じる日も多くあります。 また、寒波が到来し、日本の冬と同じくらいに急に冷え込むこともあります。 1月の台湾でのおすすめの服装については後ほど詳しくご紹介するので、そちらを参考にしてみて下さいね☆

天気・降水量

雨量(mm)
台北 45.0
台中 13.0
高雄 2.5
1月の台湾の降水量は上記のようになっています。 降水量は北に行くほど多く、南部の高雄はほとんど雨が降らない傾向にあることがわかります。

出典:http://clubtaiwan.net

上のグラフは台湾の各都市の年間降水量を比較したものです。 年間で見ると、1月は比較的降水量が少ない月となっています。 旅行に行く場合は、出来るだけ降水量の少ない月に行きたいものですよね^^ グラフで見ると、1月は降水量が少ないため、晴れの日が多いと思いきや、実はそうでもないのです。 台北では、2日に一回は雨が降る可能性が高く、台湾北部に行くのであれば、雨対策も必要になります。 ですが、降水量は少ないため、日本でいう梅雨の時期のように一日中雨が降っているというわけではなく、短時間に小雨が降る程度です。
台湾の1月の天気
2019年の1月の台北の天気を「上旬・中旬・下旬」に分けて、「最高気温・最低気温」も含めてまとめたものが下記になりますので、是非参考にして下さいね^^
上旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:5日
  • 曇り:1日
  • 雨:4日
  • 最高気温:28℃
  • 最低気温:15℃
中旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:9日
  • 曇り:0日
  • 雨:1日
  • 最高気温:26℃
  • 最低気温:14℃
下旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:10日
  • 曇り:0日
  • 雨:1日
  • 最高気温:26℃
  • 最低気温:12℃
2019年の1月の天気を見ると、1日中晴れという日はなく、ほぼ晴れときどき曇りか雨の日となっています。 特に上旬は雨の降る日が多くなっていますね。 ただ、上記は主要都市の中でも降水量の多い台北の天気なので、台湾中部以南では上記よりも雨の日が少なくなります。
1月は乾季
北部では雨が降る日も多い1月ですが、台湾では1月は乾季にあたるため、空気が非常に乾燥しています。 冬に空気が乾燥するのは日本と同じですね。 台湾では4~9月が雨季、10月~3月は乾季となっています。 そのため乾燥対策として、スキンクリームやマスクなども用意しておいた方が良いですね。
スポンサードリンク

台湾へ行く時の人気アイテムをご紹介☆

大判ストールは、肌寒い日や冷房対策に重宝します☆ アウター代わりにもなり、持ち歩いても嵩張りません^^
大容量のモバイルバッテリーは海外旅行の必須アイテム! 薄型で軽く、二台同時に充電することも出来ます☆

まとめ+関連記事

1月の台湾は、日本の春や秋と同じくらいの気温になります。 日本と比較すると温暖ですが、寒波の影響や気温差も考慮し、防寒対策もしっかりとして風邪など引かないように気を付けましょう! 関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^ 記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆
スポンサードリンク
年末年始の長期休暇には、観光名所が多くある台湾を旅行先として考えている方も多いと思います。1月の日本は寒さが厳しい時期ですが、南国である台湾に旅行する際はどのような服装で行けば良いのでしょうか?1月の台湾の気温・天気・気候についても気になりますよね☆
スポンサードリンク

1月の台湾旅行の服装はどんな感じにするべき?

出典:https://bit.ly/2pbRxAB

1月の台湾旅行におすすめの服装
  • Tシャツ
  • 長袖シャツ
  • 薄手のジャケット
  • ダウンジャケット
  • マフラー
  • 手袋

防寒対策をしっかりと

1月の台湾は、日本の1月と比べると温暖ですが、日中は暖かくても朝晩は冷え込むこともあるので、気温差に備え防寒対策は必須です。 日本の1月は、身震いするほど寒さの厳しい季節ですが、1月の台湾では、身震いするほどの寒さに襲われることはまずありません。 ただ、後述するような寒波が到来した場合には、日本の冬と同じような寒さになるため、ダウンジャケットなど、暖かいアウターが必要になります。 また、台湾には暖房がほとんどなく、冬でも冷房が効いている場所が多いため、冷房対策も欠かせません。 年間を通して暖かいといっても、暖房がほとんど無く、年間を通して冷房を効かせているというのは驚きですよね><; 日本人の感覚からすると、いくら暖かいといっても、「冷房をつけるまでもないのでは・・・?」と少し疑問に思ってしまいますが、台湾では湿度対策も兼ねているのか、年中冷房をつけています。 日本では、外を歩き寒くなったらお店やカフェで暖まる、というようなことがありますが、台湾の場合、寒くなって暖まるためにお店やカフェに入っても、ガンガンに冷房が効いていて、エアコンが近くにある場合は、背後から冷風にさらされ、さらに体が冷えてしまうということも少なくありません。 お店だけでなく、公共交通機関でも冷房は効いているので、冷房対策として、暖かい日でも上着は用意しておきましょう。

寒波に注意!

1月下旬になると、寒波の影響で日によっては最低気温が10℃以下になる日もあります。 そのため、平均気温だけを見て春服、秋服だけを用意するのではなく、冬物のコートやダウンジャケット、マフラーや手袋なども用意しておいた方が良いですね。 現地でも用意することは出来ますが、寒波の状況などは事前に天気予報などで確認することも出来るため、旅行する際は寒波の予報・状況などもチェックしておきましょう☆

雨対策も忘れずに

台北などの北部では、2日に一回は雨が降る可能性が高いので雨対策も大切です。 台北以外の地域については、1月は降水量も低く、降ったとしても短時間に小雨が降る程度ですが、台北を観光する場合には、雨対策をして行く必要があります。 雨対策として、折りたたみ傘や、レインコートも用意しておくと良いですね☆ ただ、雨対策としてレインコートを持って行くとなると荷物も増えてしまうので、撥水加工されたアウターを着て行った方が良いかもしれません。 撥水加工されたものは、風も通さないので、1月の台湾に着ていくアウターとしてもおすすめです^^ 雨具やレインコートは、現地で安く購入することも出来るので、行きの荷物を少しでも減らしたい場合は、到着してから現地で購入しても良いですね☆
スポンサードリンク

台湾の1月の気温・天気・気候

出典:https://bit.ly/2NurlZN

気温

平均気温(℃) 最高気温(℃) 最低気温(℃)
台北 18.5 28.6 11.9
台中 19.3 31.0 11.1
台南 19.7 28.9 11.9
高雄 21.9 28.8 14.6
1月の台湾の都市別の気温は上記のようになっています。 観光客に一番人気の都市、台北の1月の平均気温は、18.5℃です。 当然南にいくほど暖かくなり、南部の高雄では1月でも平均気温が20℃を超えてきます。 20℃というと、日本では、5月、10月くらいの気温になります。 季節でいうと、5月、10月は日本では春・秋に該当するため、日本の1月より温暖なのは間違いありませんが、気温だけを見てもいまいちピンと来ませんよね><; そこで、1月の台湾と日本の気温にはどのくらいの差があるのか、分かりやすくグラフにしたものも合わせて紹介したいと思います^^
日本との気温差は?

出典:http://clubtaiwan.net

上のグラフは台湾の各都市と東京の年間の平均気温を比較したものです。 1月は特に台湾と東京との平均気温の差が大きいことが分かります。 東京の1月の平均気温が約5℃ですから、さすが南国、1月の台湾は東京に比べずいぶん暖かいということが分かりますね☆ 年間平均気温が日本より高く、日本と比較すると年間の気温差も少ない台湾ですが、意外にも、台湾も日本と同じように四季があり、四季を区分したとき、12~2月は冬となっています。 平均気温だけを見ると、過ごしやすいシーズンのように感じますが、あくまでも平均気温なので、実際には寒さを感じる日も多くあります。 また、寒波が到来し、日本の冬と同じくらいに急に冷え込むこともあります。 1月の台湾でのおすすめの服装については後ほど詳しくご紹介するので、そちらを参考にしてみて下さいね☆

天気・降水量

雨量(mm)
台北 45.0
台中 13.0
高雄 2.5
1月の台湾の降水量は上記のようになっています。 降水量は北に行くほど多く、南部の高雄はほとんど雨が降らない傾向にあることがわかります。

出典:http://clubtaiwan.net

上のグラフは台湾の各都市の年間降水量を比較したものです。 年間で見ると、1月は比較的降水量が少ない月となっています。 旅行に行く場合は、出来るだけ降水量の少ない月に行きたいものですよね^^ グラフで見ると、1月は降水量が少ないため、晴れの日が多いと思いきや、実はそうでもないのです。 台北では、2日に一回は雨が降る可能性が高く、台湾北部に行くのであれば、雨対策も必要になります。 ですが、降水量は少ないため、日本でいう梅雨の時期のように一日中雨が降っているというわけではなく、短時間に小雨が降る程度です。
台湾の1月の天気
2019年の1月の台北の天気を「上旬・中旬・下旬」に分けて、「最高気温・最低気温」も含めてまとめたものが下記になりますので、是非参考にして下さいね^^
上旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:5日
  • 曇り:1日
  • 雨:4日
  • 最高気温:28℃
  • 最低気温:15℃
中旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:9日
  • 曇り:0日
  • 雨:1日
  • 最高気温:26℃
  • 最低気温:14℃
下旬の天気
  • 晴れ:0日
  • 晴れときどき曇り:10日
  • 曇り:0日
  • 雨:1日
  • 最高気温:26℃
  • 最低気温:12℃
2019年の1月の天気を見ると、1日中晴れという日はなく、ほぼ晴れときどき曇りか雨の日となっています。 特に上旬は雨の降る日が多くなっていますね。 ただ、上記は主要都市の中でも降水量の多い台北の天気なので、台湾中部以南では上記よりも雨の日が少なくなります。
1月は乾季
北部では雨が降る日も多い1月ですが、台湾では1月は乾季にあたるため、空気が非常に乾燥しています。 冬に空気が乾燥するのは日本と同じですね。 台湾では4~9月が雨季、10月~3月は乾季となっています。 そのため乾燥対策として、スキンクリームやマスクなども用意しておいた方が良いですね。
スポンサードリンク

台湾へ行く時の人気アイテムをご紹介☆

大判ストールは、肌寒い日や冷房対策に重宝します☆ アウター代わりにもなり、持ち歩いても嵩張りません^^
大容量のモバイルバッテリーは海外旅行の必須アイテム! 薄型で軽く、二台同時に充電することも出来ます☆

まとめ+関連記事

1月の台湾は、日本の春や秋と同じくらいの気温になります。 日本と比較すると温暖ですが、寒波の影響や気温差も考慮し、防寒対策もしっかりとして風邪など引かないように気を付けましょう! 関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^ 記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆
スポンサードリンク