占い

龍体文字は嘘で信憑性がない?生命力を高める龍体文字のパワーを解説

スピリチュアル的パワーを感じる一方、その効果や真偽には疑問も持っていませんか?

確かに他の古代文字(神代文字)には嘘の文字も存在するようですが、少なくとも龍体文字に関しては信憑性が高いと考えられます。

龍体文字の真偽や効果について考察した結果をお伝えします。

スポンサーリンク

龍体文字が嘘で信憑性がないと言われる理由は?

龍体文字は嘘で信憑性がない?生命力を高める龍体文字のパワーを解説

出典:photoAC

ひらがなと音節が似ているから嘘?

今から5600年前に誕生したとされる龍体文字が嘘だと言われる理由の一つは、現代のひらがなと似た文字数だからです。

5600年前といえば、日本では縄文時代ですので、古代日本人が使っていた日本最古の文字となります。

中国から漢字が伝わる前に、日本で使われていたとされる文字は全部で30種類ほど存在しており、龍体文字を含めたそれらを「神代文字(じんだいもじ、かみよもじ)」と呼んでいます。

奈良時代になってから漢字が使われ始めた

実は中国から漢字が伝わるまでには、いくつかの段階を踏んでいます。

まず1世紀頃の中国大陸で作られた金印や銅銭が見つかっており、5世紀頃には日本の地名などを漢字で書いたものが出土されています。

和歌を漢字のみで記した『万葉集』の制作は7世紀後半(奈良時代)ですから、漢字が日本で正式に使われるようになったのはこの頃からではないでしょうか。

必要な音節がない文字がオリジナルでできるのはおかしい説

奈良時代に使われたとされる「上代特殊仮名遣い」には、現在では発音されない音を含む、全88音節が存在しました。

一方で龍体文字は全48文字であることから、奈良時代の音節よりかなり減っています。

そのことから、龍体文字は日本最古のオリジナル文字でなく、ひらがなと同様、漢字を元にして平安時代に作られたのではないかという疑惑もあります。

龍体文字は平安時代の伊呂波(いろは)歌や、現代の五十音図とほぼ同じなので、平安時代に作られたものではないかともいわれているのです。

また、遺跡の発掘現場で龍体文字が書かれた書物などが見つからないことも、疑われる理由になっています。

日本で一番古い書物である『古事記』は、口伝えで語られてきたものをまとめた書物ですが、もし龍体文字が存在したなら、これも文字で残されていそうなものですよね。

他の神代文字の中には嘘のものもある

他にも、神代文字には「ヲシテ文字」や「阿比留文字」「カタカムナ文字」などがあるのですが、これらの神代文字も嘘だという噂があります。

例えば、神代文字の1つである「日文(ひふみ)」の場合は、朝鮮半島のハングル文字を模倣したものではないかというのです。

江戸時代の学者・平田篤胤は対馬国にて、この文字が存在していたと主張していますが、真偽は明らかになっていません。

このように神代文字については、これまで多くの学者の間でその真偽が議論されてきたのです。

龍体文字は本物の神代文字である説が濃厚

それでも、龍体文字は神代文字として確かに存在していた説が濃厚になっています。

龍体文字は、日本神話に関わる文字ゆえに、代々天皇家の管轄だった伊勢神宮に保存され、門外不出とされていました。

しかし昭和天皇が、書道家の安藤妍雪(あんどうけいせつ)に、龍体文字を後世へ記録しておくよう託されたそうです。

昭和天皇が、日本だけでなく人類の宝として世に出された文字でもあるので、龍体文字は古代より存在した文字といえるでしょう。

龍体文字の歴史に関しては、以下の書籍の前半部分にに詳しくまとめられています。

龍体文字のパワーにまつわる興味深いエピソードや、龍体文字による言霊療法の体験談など、読み物としても非常に読みやすく面白いと好評の書籍です。

スポンサーリンク

龍体文字とは?神代文字の中でもヒーリング効果が強い理由

龍体文字の一覧

龍体文字とは、龍をかたどった形をしていて、神代文字の中でも特にスピリチュアル的なパワーが強い文字とされています。

その昔、神々が支配していた頃の時代から、文字そのものに龍神の力が宿るとして使われてきたのです。

龍体文字は他の神代文字よりも歴史が深い

先程述べたように、龍体文字が作られたのは5600年前とされています。

他の神代文字である「カタカムナ文字」は5500年前、また「ヲシテ文字」は3300年前ですから、その歴史がとても古い事が分かりますね。

龍体文字の創造者は生命力の神「ウマシアシカビヒコジ」

龍体文字の創造者は諸説ありますが、『古事記』に登場するウマシアシカビヒコジ(宇摩志阿斯訶備比古遅神)という神様がつくった言葉といわれています。

このウマシアシカビヒコジは、日本神話において4番目に生まれた神で、特に5番目までの神様は「コトアマツカミ(別天津神)」という特別な存在だと言われてきました。

コトアマツカミは、以下のような大いなる力を持っています。

  • 天地創造の際、万物に生命を与えた
  • 活力やエネルギー、生命力を神格化した

ウマシアシカビヒコジは、現在でも五穀豊穣の神様として、出雲神社の本殿御客座や、愛媛県の浮嶋神社などに祀られています。

そんなすごい神様が作った言葉が、どうやって形となり、代々伝えられたのかという疑問が残りますね。

それは、霊感のある神職者が審判し、神様の言葉だと認められたものだけが残されてきたようです。

つまり龍体文字は、活力や生命力が溢れる強力な文字だと考えられてもおかしくありませんね。

龍体文字には生命力や活力を宿す強力なパワーがある

龍体文字には、強い生命力を持つ「気」が宿っており、一つひとつの文字が邪気を払う強力な力を秘めています。

エネルギーを循環させる「気」が止まっていると、色々な運気が停滞します。

龍体文字の力を借りて、運気をスムーズに循環させるという事ですね。

森美智代さんによると、現在の「ひらがな」と比べて、龍体文字には30倍のパワーがあるそうです。

霊的な力を感じ取ること人の中には、龍体文字に手をかざしただけで、ビリビリとしたエネルギーを感じる程だとか。

実用的に使うというよりも、言霊のパワーを活用する目的で作られた文字ではないでしょうか。

では、その活用方法や効果について具体的にご紹介していきます。

スポンサーリンク

龍体文字の活用方法や一文字ごとの効果

龍体文字を書いた磁力シール
龍体文字を書いた磁力シール

龍体文字の活用方法

龍体文字の具体的な活用方法としては、次のような使い方が考えられます。

  • 身の回りのものやお守りとして龍体文字を刻む
  • 名前を龍体文字で書く
  • 自分の体に直接書き込む
  • 患部に龍体文字を書く
  • フトマニ図を龍体文字で書くと才能開花の効果がある

つまり、身近なものに龍体文字を書くと、言霊療法のようなパワーを持つのです。

画像は龍体文字を書いた磁力シールなのです。

体に直接文字を書くと汗などで滲む場合、こういった磁力シールを使うのも有効です。

フトマニ図とは

「フトマニ図」とは、元々は神代文字の一つであるホマツ文字で書くものですが、龍体文字の48文字全てを使って書き写すと高い効果が得られるとされています。

円形に配置された一文字一文字を神に見立て、48の神々が鎮座している様子を表しているといわれています。

森美智代さんは、フトマニ図を「神の座席図」と表現されています。

フトマニ図には強力なパワーが宿っているといわれており、最強のパワーを持ったお守りといえるでしょう。

フトマニ図の使い方はこちら

【龍体文字】フトマニ図の効果的な使い方とは?意味や書き方も解説!

龍体文字で特に効果が強い文字を厳選

森美智代さんによると、龍体文字には次のような効果があるそうです。

  • 夢を実現させる
  • 金運・恋愛運・健康運のアップ
  • 物事を広めていく
  • 人を集める
  • 商売繁盛
  • 自分の使命を知る

全部で48文字ある龍体文字ですが、一つひとつの文字や音にも意味があり、文字を組み合わせることで、さらに相乗効果があるとされています。

文字ごとにこれらの異なる効果が秘められているので、その一部をご紹介しますね。

「ト」の効果

龍体文字の「と」
龍体文字の「と」

「すべての始まり」という意味で、ネガティブから脱したいときにパワーをくれるエネルギーです。

「ア」の効果

龍体文字の「あ」
龍体文字の「あ」

「宇宙から注がれる愛のエネルギー」という意味を持ち、自分の意識を強めるエネルギーとされています。

「ク」の効果

龍体文字の「く」
龍体文字の「く」

金運アップに効果がある文字で、お金がなくて苦しいときに、どこからか助けてくれるパワーがあります。

特殊な効果のある龍体文字の組み合わせ

龍体文字は一文字単体で意味があるだけでなく、二文字の組み合わせで意味が変わってきます。 特定のニ文字を組み合わせると、さらに特殊な効果を得ることができるのです。

「ヨロ」の効果

龍体文字の「よろ」
龍体文字の「よろ」

魂が呼び合うソウルメイトと出会える文字です。 「ヨ」は喜びを、「ロ」は過去のことが気になって前に進めないときに、力になってくれる言葉です。

「ソノ」の効果

龍体文字の「その」
龍体文字の「その」

生まれた意味を知り、使命を持って生きたい時の文字です。 「ソ」は緊張を和らげ、「ノ」は今現在を表して心を安定させる意味があります。

「ネセ」の効果

龍体文字の「ねせ」
龍体文字の「ねせ」

芸術・芸事の上達に力をもらえるので、楽器や絵が上手くなりたいとき、また天候が晴れて欲しいときも使えます。

「ネ」は対人関係のトラブル回避のパワーと、「セ」には思い込みをリセットする力があります。

「キニ」の効果

龍体文字の「きに」
龍体文字の「きに」

身体の苦痛を和らげ、悩みを解決してくれる文字です。 「キ」は宇宙のエネルギーを持つ特別な文字として、ヒーリング効果を持っています。

また「ニ」は、エネルギーを集めるのでアイディアを形にするのに効果的となります。

スポンサーリンク

まとめ+関連記事

龍体文字まとめ

  • 龍体文字は嘘じゃない!
    • 5600年前に誕生し伊勢神宮で保管されていた
    • ほかの神代文字の中には嘘のものもある
  • 龍体文字には生命力や活力を宿す強力なパワーがある
    • 生命力の高い「龍」を象った文字のため
    • 日本神話の「ウマシアシカビヒコジ」が創造者
  • 龍体文字は文字一つひとつに意味がある
    • キニ文字やハラ文字が特に効果が高い
    • 身近なものや体に直接書くことで開運効果がある
    • 言霊療法としても使われている

龍体文字の関連記事はこちら

-占い