寒くなってくると、温かいムートンブーツが恋しくなりますよね。ムートンブーツは、いつから履けるものなのでしょうか?時期についても悩んでしまいますよね。
そこで今回は、ムートンブーツはいつから履ける?時期や気温、人気ブランドもご紹介します!^^!

スポンサーリンク

ムートンブーツはいつから履ける?時期は?

出典:http://u0u0.net/LXir

涼しくなってきた9月ぐらいからでも大丈夫

9月中旬にもなると、残暑もなくなり涼しい日が増えてくるので、
涼しくなってきたら、ムートンブーツを履き始めても大丈夫です。

9月でも、日によってはムートンブーツを履いて出掛けてしまうと、
暑くて足が蒸れてしまうようなこともあるので、
迷った時は体感温度で判断すると良いですね^^

一般的には、11月に履き始める人が最も多いようです。
ヒールも無く楽に履けるムートンブーツですが、
暑苦しくならないように気を付けたいですね☆

ムートンブーツのムートンファーには、リアルファーとフェイクファーがあります。
リアルファーの方が蒸れにくいので、蒸れが気になる方は、
リアルファーが使われているムートンブーツを選びましょう。

気温が10℃前後になってきたら防寒効果もありオススメ

中がモコモコしていて暖かいムートンブーツは、寒い時期には防寒アイテムとして手放せません。
気温が10℃前後まで下がってきたら、特にオススメです。

特に女性は冷え性の方が多いので、
足元を暖めてくれる防寒ブーツは嬉しいですよね^^

気温が10℃前後であれば、長時間履いていてもムレにくく、快適に過ごすことができます。

ムートンは毛皮の中で、最も保温効果が高いと言われています。
防寒効果を期待するなら、リアルファーがたくさん使われているものがおすすめです。

足回りを覆うようにファーが使われているものなら、
冷気が入ってきづらいので、より良いですね☆

真冬でもムートンブーツはオススメ!

暖かいムートンブーツは真冬のマストアイテムです。

羊の毛皮を使ったムートンブーツは、保温性に優れており、
中に詰まったボアがつま先まで暖めてくれます。

ただ、ムートンブーツは水に弱いという特徴もあるので
雨や雪の日などは足元に注意が必要です。

有名なブランドのムートンブーツは撥水加工が施されているものが多いですが、
撥水加工が施されていないものだと
最初は水をはじいても、徐々に水が中までしみてきてしまいます。

雨や雪の日にムートンブーツを履く時には、
撥水スプレーなどを使って対策しましょう。

羊毛皮専用の撥水スプレーもあるので、
できればムートンブーツ専用のものを使用すると良いですね☆

11月以降ならいつでも大丈夫

出典:http://u0u0.net/LXib

ムートンブーツをいつから履こうと悩んでいて、
周りの目も気になるなら、11月以降に履くようにしましょう。

11月以降は秋から冬へと移り変わり、暖かいムートンブーツが活躍する季節になります。
街中でもムートンブーツを履いている人が多くなり、自然と溶け込むことができます。

ファッションの季節感を気にする方でも、11月以降ならいつ履いても大丈夫です^^

他のブーツに関しても、別記事にてご紹介しています↓↓↓

ムートンブーツはいつまで履ける?

出典:http://u0u0.net/LXio

3月以降はできれば履かないのがおすすめ

保温性に優れているムートンブーツは、3月以降は履かないのがおすすめです。

3月にもなると、春を感じる陽気が多くなり、
服装も徐々に春服へとシフトチェンジしていく時期ですよね。

そんな時期にムートンブーツを履くと、違和感が出てしまいます。
桜が咲き始める中でムートンブーツ履く、というのは少し暑苦しい感じがしますよね。

暖かくなってからムートンブーツを履くのは、違和感だけでなく、
中が蒸れてニオイの原因にもなってしまいます。

ただ、冷え性で春先でもムートンブーツを履きたいという方は、
先に紹介したように、春らしいカラー、デザインのものを選ぶと良いですね。

季節感を出すため早めに春っぽいアイテムを選ぼう

分厚くて暗い色のムートンブーツを春先に履いていると、違和感を感じてしまいます。
春先に入ったら、春っぽいカラーのアイテムを選びましょう。

春っぽいイメージのカラーといえば、新緑をイメージさせる黄緑色や、
青空をイメージさせる水色などがありますよね。

そういったカラーのムートンブーツであれば、春っぽいイメージを出しながら、
足回りを暖かくすることができるので、冷え性の方などにはおすすめです。

一応、いつでも履ける

冬のアイテムだと思いがちなムートンブーツですが、
シンプルなデザインで、明るめの色のものなら、いつでも履くことができます。

秋口や春先など、ムートンブーツの季節とは少し違うかな?と思う時でも、
あまり毛がモコモコしていないものや、
明るいカラーのものなら、それほど違和感なく合わせることができますよ♪

スポンサーリンク

ブラッシングをして保管しよう

出典:http://u0u1.net/M0lE

履き終えたムートンブーツは、丁寧にブラッシングをして保管しておきましょう。
ブラッシングをしないと、汚れがしみこんでしまって落としにくくなります。

ブラッシングするブラシは、天然の馬毛ブラシがおすすめです。

また、ムートンブーツは中が蒸れやすいのも特徴です。
履き終わったら、靴用の乾燥機にかけて置くと良いですね。
ニオイが気になる時は、消臭スプレーをかけておきましょう。

しつこい汚れがついてしまった時は、ムートンブーツ専用の洗剤を使って、
手洗いで優しく洗いましょう。

ムートンブーツのおすすめブランド3選!

UGG(アグ)

UGGというのはムートンブーツの総称で、有名なのは「UGG Australia」です

UGGのムートンブーツの特徴は、「柔らかい・軽い・温かい」という所です。

ツインフェイス・シープスキンという最高級のものを使用しているので、
通気性にも優れています。

ムレにくく、いつでも快適に履くことができるのは嬉しいですよね^^

こちらの商品は、
UGG AUSTRALIA(アグ オーストラリア)海外正規品です。
サイズは22cmから27cmまで。
カラーはチェスナット、チョコレート、グレー、ブラック、サンドの5色です。

EMU(エミュ)

正式名は「Emu Australia」といって、
オーストラリアビクトリア州で生まれたブランドです。

ムートンブーツ発祥の地であり、UGGと並び人気があります。

Emuのムートンブーツの特徴としては、
靴底が固く耐久性がある為、すり減ることが少なく形も崩れにくいという所です。

また、クッション性がある二重構造になっているので
靴底がツートンカラーになっているのも特徴の一つです^^

元々ムートンブーツは水に弱いのですが、
Emuのムートンブーツは撥水加工が施されているので、
雨や雪の日でも安心して履くことができます。

中には完全防水(ウォータープルーフのものもあるくらいなので、驚きです!

こちらの商品は、EMUの定番、「MINI」のムートンブーツです。
サイズは22cmから25cmまで。
カラーは、ブラック、チャコール、チョコレート、マッシュルーム、
チェスナット、アッシュ、インディゴの7色です。

BEARPAW(ベアパウ)

BEARPAW(ベアパウ)はアメリカのカリフォルニア州生まれのブランドです。

インソールにエアークッションが入っているのが特徴で、
エアークッションは取り外すこともできます。

長時間履いていても疲れにくく、
お手入れもしやすいブランドです^^

こちらの商品は、ベアパウのスノーブーツです☆
防水、防滑加工がされており、雪の日でも使えます。
サイズは、22cmから25cmまで。
カラーは、チャコール、ライトグレー、ネイビー、ブラックの4色です。

まとめ+関連記事

ムートンブーツは、保温効果抜群のアイテムです。冷え性の味方でもあります☆カラーやデザインを選んで、季節にあった合わせ方をしたいですね^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサーリンク