暖かくなってきた今日この頃、浴衣を着るのも楽しみのひとつですよね。夏祭りや花火大会がよく開催される7月から8月末頃、そして残暑厳しい9月頃は、浴衣を心置きなく楽しめるものの、秋を深く感じはじめる10月頃も、浴衣を着ていいものか悩んだことはありませんか。
そのため今回は、「10月に浴衣は着れる?お祭り等に着ていくためのポイントや寒い時の対策も」をご紹介します!^^

スポンサードリンク

10月に浴衣は着れる?

出典:http://tiny.cc/ct3s7y

10月に浴衣を着れるかどうかについてですが、基本的には10月も着ることはできます。理由としては、10月も、シーズン最後の花火大会が多く開催されており、「花火大会=浴衣」が浸透していることも考えられるほか、近年は特に、気温も高く、まだ残暑が厳しいこともあって、風通しが良く涼しい素材の浴衣を着ても問題ないと思う人も多いからです。

ただし、夏の季節にぴったりの柄を持つ浴衣を着るよりは、色も柄も落ち着いた、秋の雰囲気に合った浴衣を選ぶことをおすすめします。10月は、秋の様相が強く、葉っぱも紅く色づき始めて、全体的にトーンが落ち着くイメージがあるため、夏を連想する明るい色や夏にお馴染みの柄の浴衣は浮いてしまう可能性が高いです。秋の季節に、真夏の服を着なくなるのと同じように、浴衣を着るのであれば、秋の雰囲気に合わせた色と柄を選ぶようにしましょう。

10月に浴衣を着るのは変?マナー違反?

出典:http://tiny.cc/wz4s7y

「10月に浴衣を着ることは変」「10月に浴衣は季節外れで適していない」という声があるのは事実です。浴衣は、主に、7月から8月までの夏の風物詩として最適なシーズンで、残暑が厳しい9月頃も、浴衣を着ても違和感がないと考える方が多い一方で、10月は時期的に遅れているとみなされることも少なからずあります。

しかし、着物を販売している会社や着物の着付けの先生によると、10月に浴衣を着ても問題ないとの意見が多数です。いわゆる夏の季節以外の時期に着ても、マナー違反ではなく、実は、全く問題ないとのこと。パーティや冠婚葬祭など、ドレスコードが決まっている場合やTPOを特に意識しなければならない場合は、浴衣の着用は控えるべきですが、浴衣は、季節においては特段ルールがあるわけではないため、個人の好きなタイミングで好きなように着ていいものなのです。

10月に祭りに行く時の浴衣を着る時のポイント

出典:http://tiny.cc/ri4s7y

10月に浴衣を着る時のポイントとしては、夏と同じような着こなしはせず、また、秋らしさを感じる色や柄をチョイスしましょう。朝顔や金魚、百合や竹などの柄は、夏をイメージさせる柄なので、どちらかというと、夏の文様でも、トンボ柄や萩、撫子の柄など、秋にも通用するような柄をおすすめします。色についても、ベースが白色や明るい水色、ピンク色や淡い色などは、涼しさや夏っぽさを感じさせてしまうため、10月の時期には不向きで、夏の暑い時期に着るようにしましょう。

fa-arrow-circle-right

10月に浴衣を着る場合のおすすめの色

  • からし色や濃い山吹色
  • 深めの藍色や深めの緑色
  • 渋めの茶色

着こなしについても、夏のままの着こなし方は最適ではありません。髪飾りやバッグ、素材については夏らしさを抑え、秋の雰囲気に合った色味を選ぶようにしましょう。加えて、夏の浴衣は100%麻素材でもいいですが、10月頃には不向きです。また、近年、襟元を広く開けたり、袖をまくって二の腕をしっかり見せたり、裾をあげて足をあらわに見せる格好をする方も多いですが、10月はその着こなし方では浮いてしまうので注意しましょう。

スポンサードリンク

10月に浴衣を着るのは寒い?

出典:http://tiny.cc/6c5s7y

最近は、平年より高めの気温を記録しているものの、10月ともなれば、少し肌寒いと感じる時期に入ります。基本的に、10月の平均気温は20度を下回ります。日々の気温では、最高気温で20度を超える日もありますが、最低気温は15度前後。15度前後の最低気温では、浴衣一枚では寒いレベルです。

日中であれば、浴衣一枚で過ごせる時もありますが、夜は急に冷え込むこともしばしば。浴衣を着る場合は、暖かい格好を取り入れるなどの工夫を施さないと、浴衣一枚で過ごすことはおすすめしません。夜は特に肌寒いと感じることも多いでしょう。身体が冷えて、風邪をひいてしまう可能性も。ちゃんとした防寒対策は必要ですね。

10月に浴衣を着るのが寒い時のポイント

出典:http://tiny.cc/h54s7y

10月に浴衣を着る場合、寒さ対策としていくつかポイントがあります。気温を確認して、最高気温が20度を超えるから大丈夫と、タカをくくってはいけません。日中は20度を超えることがあっても、花火大会などが開催されるのは、基本的に夜。急激に気温が下がり、身体がついていかないということもあるので、十分気をつけましょうね。

fa-arrow-circle-right

寒さ対策のポイント

  • 浴衣の下に長襦袢(ながじばん)を着る
    本来、浴衣は素肌の上に着用することが多いですが、浴衣の下に「長襦袢」を着用することで、寒さ対策になります。
  • 半襟を活用する
    襟元は薄く、少し開くことで色っぽさが出る浴衣ですが、10月は、浴衣の襟のままでは寒いと感じるでしょう。半襟を仕込むと、首元の防寒対策に繋がります。近年、色んな色や柄がありますが、秋の雰囲気に合う色味や柄を選ぶようにしましょう。
  • 和装用のストッキングを履く
    和装用ストッキングは、下駄が履けるように作られています。足元から冷えるってことも多いので、ぜひ活用してみてください。なお、普通のストッキングは、足の指先の部分が下駄用に作られていないので、ご注意を。
  • 足袋を着用する
    和装用のストッキングだけで、下駄を履くのも悪くありませんが、これだけでは寒いと感じるでしょう。和装用のストッキングを履いたうえで、足袋を着用すると、足元の寒さ対策はバッチリで、暖かいですよ。足袋は、下駄を履くことができるので、心配はいりません。
  • 和装の羽織りものを羽織る
    和装の羽織ものがあると、浴衣というより着物っぽい印象になり、秋でも全く違和感なく、お洒落で粋なイメージを与えることができますよ。最近の和装の羽織りものには、種類も豊富で、選ぶのもワクワクするほどです。
  • 大判ストールやショールを羽織る
    ストールやショールなどの羽織り物が一枚あるだけで、寒さ対策になりえます。冬に使うような厚手のものではなく、薄手のストールやショールの方がおすすめです。
  • ホッカイロ、長袖のシャツ、レギンスなどを活用する
    浴衣を着用する当日、想定外の寒さとなり、長襦袢やストッキング、足袋がすぐに準備できないといった場合もあるかもしれません。その場合は、ホッカイロや長袖のシャツ、レギンスやももひきなどで寒さ対策を行いましょう。

せっかく浴衣を着て、花火大会などを楽しんでいるのですから、体調は崩したくないですよね。
寒さ対策のポイントをぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

浴衣の通販のおすすめ☆

浴衣、帯、下駄の3点セット☆
秋の季節にも楽しめる色や柄の浴衣をお届け。帯や下駄を含む3点セットも嬉しいポイント。帯は、自分で結ぶタイプと作り帯のタイプがあり、自分で結べなくっても心配なし。浴衣の種類が豊富で、選ぶのが楽しそう!

 

プチプラ浴衣3点セット☆
秋っぽい色味や柄で、10月でも気兼ねなく浴衣を楽しめそう。下駄の鼻緒の色柄コーディネートは、浴衣や帯の色味に合わせて、お任せで選んでくれます。浴衣の品質も良く、周りからも好評という声も。

 

レトロな浴衣3点セット☆
ちょっとレトロな柄が特徴の浴衣をお届け。10月の季節でも楽しめる柄の浴衣です。帯もぱっと目を引く色で、男性にも女性にもオシャレで魅力的に映ること間違いなし。

まとめ+関連記事

10月も、浴衣を楽しめることがお分かりいただけましたでしょうか。実は、浴衣は、色味や柄、防寒対策に工夫を施せば、10月でも全く問題ない日本の文化のひとつなんですよ。シーズン最後の花火大会、ぜひ、秋らしい装いを意識しながら、浴衣を楽しんでみてくださいね^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓☆

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサードリンク