春は卒業や就職などでお世話になった方に、お礼や挨拶の手紙を出したいですね。改まった手紙には、この時期なら「春暖の候」という言葉があります。では、この春暖の候の時期はいつ使うのでしょうか?読み方や意味も気になりますね☆
そのため今回は、春暖の候の時期はいつ?読み方や意味、使い方や例文もご紹介します!^^

スポンサードリンク

春暖の候の時期はいつ?いつまで使える?

出典:https://www.pakutaso.com/20140306069post-3918.html

「春暖の候」は、暖かな春を感じる3月下旬~4月いっぱい、使われます。

使い始めは春らしい陽気の、ちょうど桜の花が咲く頃を目安にするといいですね。
桜のつぼみが開き始め、満開の花が咲き、春らんまんといったあたりです。

とはいっても、「春暖の候」が使える時期が何時からいつまでと、決っているものではありません。

春は、カレンダーで3月、4月、5月のことを指します。
その中で、「春暖」は、3月下旬から使える言葉なので、うららかな陽気を感じる頃を思い浮かべればいいと思います。

ですから、3月上旬は、まだ春の暖かさには早いかも知れません。
3月上旬なら、春がまだ浅い意味を表す「早春の候」「軽暖の候」などもありますので、こちらに置きかえたほうがいいですね。

日本の春の訪れは、南から北へと約1.5ヶ月かけて北上します。
桜の開花宣言が、九州では3月中旬頃には届きますが、東北や北海道ではまだまだ寒さが残っていて、とても春とは言えない所もあります。
せっかくの時候の挨拶が伝わらなくては意味がないので、相手の住所の気候を考えて使いましょう☆

3月、4月は、会社では年度末・年度始めにあたり、手紙を出す機会が多い時期です。
新社会人になったばかりの人も、4月中使える時候の挨拶「春暖の候」を覚えておくと、ハガキ作成などにも役立ちます。

春暖の候の読み方と意味は?

出典:http://gahag.net/007132-dandelion-flower/

「春暖の候」は、「しゅんだんのこう」と読みます。

「春暖の候」全体の意味は、「春の暖かさが感じられる季節」「ぽかぽかと快い暖かな頃」などになります。

「春暖」の意味は、「春の暖かさが感じられる」・「ぽかぽかとした快い暖かさ」などとなります。

「春暖」というニュアンスには、寒いあいだ土の中で眠っていた虫や草木がいっせいに出てきて、ワクワクするような芽吹きの高揚感に誘われます
ずっと待ち遠しかった季節の言葉で、手紙をもらった人にもこの気持ちを伝えたいですね。

「候」の意味は、「季節」や「時節」「気候」「自然現象」などを表わしています。
これだけで品格と礼儀を表すことができます☆

また、「春暖の候」と似たような言い方として、「軽暖の候」・「陽春の候」・「温暖の候」・「春陽の候」などもあります。徐々に暖かくなっていく微妙なニュアンスがあり、4月いっぱいなら、こうした言葉を使うことができます。ただし、三寒四温の言葉どおり、気温の変化がまだ安定していない時期なので、日々の予天気報に注意が必要です。

時候の挨拶は、手紙で最初のメッセージです。自分の言葉で綴れるようなら、見たり感じたフレーズをぜひ手紙に使ってみてください!^^

スポンサードリンク

春暖の候の使い方・時候の挨拶の例文と結び

出典:http://01.gatag.net/0012475-free-photo/

春は、卒業や入学、就職などでお祝いをもらって「お礼状を出さなければ!」ということがあります。
また、ビジネスでは転勤の挨拶、会社の新年度の案内状など、手紙を書く機会が多い時です。
新社会人の仲間入りをする人も、きちんとした手紙を書くことを覚えておきたいですね。
あまり難しく考えずに、基本的なことだけでも押さえておきましょう。

まず、手紙を書く順序〜流れについてご紹介します!

1.頭語「拝啓」や「謹啓」などを書きます。
2.時候の挨拶「春暖の候」を書きます。
3.相手を気遣う言葉「いかがお過ごしですか」などを入れます。
4.「さて」「このたびは」「さっそくですが」などの起語から入り、本文~を書きます。
起語は、ここからが用件ですと知らせる言葉で、これを入れると流れがスムーズになります。
5.相手の発展や健康を祈る結びの挨拶を書きます。最後に「敬語・かしこ」などの結語を添えます。
6.日付、自分の名前、宛名を書きます。(自分の名前は便箋の下の方に、宛名は便箋の高い位置にします。)

 

では、「春暖の候」を使った例文・文例をご紹介します!
【書き出しの挨拶】

・拝啓 春暖の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
・拝啓 春暖の候 平素より格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
・謹啓 春暖の候 皆様におかれましては、ご健勝のことと存じ上げます。
・春暖の候 暖かな日差しが春のおとずれを告げる頃となりました。
・春暖の候 新年度がスタートし気持ち新たにご活躍のことと存じます。

「拝啓」より「謹啓」のほうがより敬った言い方になります。

【結びの挨拶】

・貴社、一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。敬白
・花冷えのする時節柄、お身体を大切になさってください。 敬具
・桜前線の訪れに心弾む季節となりました。元気でお過ごしください。かしこ

結びも「敬具」より「謹言」「敬白」がより丁寧な表現になります。

「拝啓」で始めたら、「敬具」「敬白」で終わる、
「謹啓」で始めたら、「謹言」「謹白」で終わる、がセットになっています。

プライベートの手紙なら、女性は「かしこ」や「またお会いしましょう。」など、フランクなな表現でもいいですね。

季節の変わり目のこの時期は、相手の健康や体調を気遣う結びの言葉を忘れないように!
ただし、ビジネス文章では、時候の挨拶を省いたり、季節とは関係なく「時下」(この頃はの意味)とすることもあります。

手紙の最初に時候の挨拶を、そして、最後に結びの言葉を入れることで、季節感のある品格のある手紙になりますよ!

スポンサードリンク

春暖の候を使う際の楽天の人気商品を紹介☆

万年筆 でも ボールペン でもない 第5の筆記モード『アーバン プレミアム』

滑らかな書き味と最新の技術で完成させた5yhの筆記モード。名入れ無料で自分用にもプレゼントにも最適!

名入れ パーカー IM ボールペン

使いやすく高級感のあるパーカーボールペン。大切な人へ、お祝いや応援のメッセージを入れてプレゼントしましょう☆

売れ筋No1!DELFONICS デルフォニックスポワン レターセット

手紙はレターセット選びから。幸せを呼ぶもリボンやツバメ、クローバーなど金箔モチーフでパワーアップh

まとめ+関連記事

いかがでしたか?「春暖の候」は、3月中旬〜4月いっぱい使える時候の挨拶でしたね。意味は、「春の暖かさが感じられる頃」「ぽかぽかと快い暖かな頃」でしたね。ビジネスシーンや大切な人へ、ぜひ心のこもった手紙を届けてください!^^
良かったら関連記事もご覧ください↓↓↓^^
【関連記事】

お役に立ちましたら、お気に入り登録をお願いします!^^

スポンサードリンク