12月の大きなイベントのクリスマスですが、実は意外と知られていない雑学や豆知識があるんです!それはいったいどんなことか気になりますよね☆
そこで今回は、クリスマスの雑学・豆知識!サンタやトナカイのトリビア等まとめをご紹介します!^^

スポンサーリンク

クリスマスの雑学・豆知識!まとめ

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2016/12/23/45918.html

12月24日=クリスマス・イブではない?

12月24日の夜だけがクリスマスイブになります。

「クリスマスの前夜祭」というのがクリスマスイブの意味だとは
ご存知だと思いますが、イブは英語で夜を意味する「evening」と同じ意味で
末尾が省略された「even」が語源となっています。

ですので、正確には12月24日に日没を迎えてからが
クリスマスイブとされ、12月24日になった時点では、
まだクリスマスイブとは言わないんですね。

クリスマスって25日じゃないの?いつまで?

クリスマスは12月24日の日没から12月25日の日没までとされ、
12月25日の日没後にはクリスマスは終了しています。

こうやってみると、不思議に感じてしまいますが、
クリスマスイブはクリスマスの期間の一部になっているんですね。

では、なぜ日没に合わせてクリスマスの期間が決まっているのかというと
これはクリスマスに限らず、昔は日没が日付の変わり目としていたからです。

時間を知ることのできる時計がなかった時は、目安がありませんから、
日没を目安として、日没がその日の終わりであり次の日の始まりとしていました。

サンタクロースって実在した人なの?

出典:http://kitemiteoasis.com/3220.html

東ローマ帝国の司教「教父聖ニコラオス」という実在の人物
サンタクロースのモデルになっています。

「教父聖ニコラオス」は優しい人物だと言われていて、
いつも困っている人や貧しい人をほっとくことができずに
優しく手助けをしていたそうです。

そんな聖二コラオスには次のような逸話が残っています。

ある日聖二コラオスは貧しい暮らしをしていた三人の娘がいる家庭の存在を知りました。
その家庭では、貧しいがゆえに娘を嫁がせなければならない事情がありました。

その事情の知っていた聖二コラオスは夜中にこっそりその家に訪れて、
煙突から金貨を投げ入れました。

その金貨は暖炉のすぐそばに干してあった靴下の中に入り、
この金貨のおかげで娘の身売りを避けることができた。

という逸話が残されています。

ちなみに「Saint Nicholas(聖ニコラオス)」と「Santa Claus(サンタクロース)」
って音が似てると思いませんか?

実は「セイントニコラス」がなまって「サンタクロース」になったと
言われています。

クリスマスツリーを飾る理由

クリスマスツリーには「永遠に枯れない命」という意味が込められています。

ですので、クリスマスツリーに使われる木は
冬にも枯れない木である「もみの木」が使用されます。

一年中、葉が枯れないということから
「永遠に枯れない命」を表しているのです。

「メリークリスマス」の意味って何?

「楽しいクリスマスを!」という意味になります。

Merry ChristmasのMerryは「陽気な、愉快な、おもしろい」という意味になりますし、
Christmasは「キリスト降誕祭」という名詞を表します。

ですので、「楽しいクリスマスを!」という感じの意味になります。

メリークリスマスって、日本ではクリスマスの当日にしかあまり聞かれない言葉ですが、
本来はクリスマス当日以前も使っていい言葉になります。

例えば、日本では年末に近くなってきて、その年にもう会わないであろう人に対して、
「よいお年を!」と挨拶をすると思います。
それと同じ感覚で「メリークリスマス」も友人などが楽しいクリスマスを迎えられるように
クリスマス前から使ってもいい言葉になります。

クリスマスのイルミネーションを考案した人はルター

出典:https://insta-antenna.com/hashtag-christmas

クリスマスといえばイルミネーションを連想できるくらい
光とは切っても切れない関係にあります。

このクリスマスイルミネーションの起源は16世紀ごろで、
ドイツの神学者のマルティン・ルター(ドイツ)が考えたと言われています。

ルターは夜に森の木の枝に多くのロウソクを飾ることで
空にきらめく星空の景色を再現しようとしたようです。

これが、現在のイルミネーションのもとになっています。

クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではない

イエス・キリストの正確な誕生日はわかっていません
なので正確には12/25ではありません。

イエス・キリストの誕生日には諸説あるのですが、「1/6、3/28、4/19、5/29、10/1」など
いくつか言われています。

ですが、キリスト教の正典である「新約聖書」にもイエス・キリストの誕生日にかかわる記述がありません。
そのため、正確な誕生日は未だ不明となっています。

新約聖書にも誕生日の記述がないために、
キリスト教でもクリスマスである12/25は「キリストの降誕を記念する祭日」として扱われています。
イエス・キリストの誕生日として考えられているわけではないんですね。

スポンサーリンク

プレゼントのために靴下を飾る意味

先に少し書きました聖ニコラウスの逸話にあった通り、
煙突から投げ入れたコインが暖炉そばの靴下の中に入ったことにより、
サンタクロースのプレゼントは靴下の中に入れてもらうという
今のサンタクロースの風習が誕生しました

また、サンタクロースが煙突から入ってくるというのも、
聖ニコラウスが煙突から金貨を投げ入れたことに由来しています。

サンタクロースの衣装は最近定着したもの

現在の衣装で定着してきたのは1930年代のことです。

サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスは4世紀ごろの人物ですが、
サンタクロースで特徴的な赤と白のデザインの衣装を着て
白ひげのイメージが定着したのはごくごく最近のことです。

サンタクロースの恰好で赤白のデザインというのはコカ・コーラの赤白が由来になっています。

コカ・コーラを普及させるときにコカ・コーラを連想させる
衣装を着たサンタクロースが世界的に広まっていき、
現在のイメージとして定着しました。

キリスト教徒以外の人には「ハッピーホリデーズ」と言う

出典:http://event-pre.com/?p=2171

キリスト教以外では「メリークリスマス!」という言葉は使いません
クリスマスがキリスト教のお祭りなので、ほかの宗教では使わないのは
当然なのでしょうけどね。

ほかの宗教では12月には祭日があることから
「ハッピーホリデーズ!」というのが正しいです。

「ハッピーホリデーズ!」は「よい休日を!」というあいさつになります。

日本のクリスマスの始まりは戦国時代

日本のクリスマスの始まりは1552年で、場所は現在の山口県でした。

この地域はキリシタンを保護していた大内義隆がおさめていて、
大内義隆に保護されていた宣教師たちによって、日本で初めての教会が建設されることになり、
その記念行事としてクリスマスを祝った事が始まりといわれています。

このとき行われたクリスマスは、サンタクロース、プレゼントやトナカイなどはなく、
祈りを捧げる儀式でした。

クリスマスやクリスマスイブが休日にならない理由

憲法が定める政教分離の原則があるため、
日本ではクリスマスやクリスマスイブが休日にはなっていません。

ですが、欧米やその他多くの国々では12/25クリスマスを祝日としています。

日本でも祝日にしようという話は出ているようですが、
先に挙げた理由のために、休日には

特定の宗教の記念日を祝日にすることは、この原則から難しいとされています。

ちなみに、現在において12/25を祝日とした場合、
12/23天皇誕生日と12/25クリスマスの両日に挟まれた12/24も自動的に国民の休日となるため、
3連休が成立します。

多くの企業が繁忙期を迎えますし、何かとせわしない年の瀬ですから、
12月末に大型連休を設けると仕事にならないため、現実的にはクリスマスの祝日化は想像以上に厳しいようです。

サンタクロースはいつから登場したのか?

出典:https://kininaruhatena.com/2307.html

4世紀ごろの東ローマ帝国の司教「教父聖ニコラオス」が伝説の起源とされ、
呼ばれ名は言語によって違い、「ニコラウス、二コラ、ニコラオ、ニコライ」など様々あります。

ある日二コラオスはあまりの貧困のせいで三人の娘を嫁がせなければならない家庭の
家の存在をしりました。事情の知っていた二コラオスは夜中にその家をこっそりと訪れ
煙突から金貨を投げ入れました。

その金貨は暖炉のすぐそばに干してあった靴下の中にはいり
この金貨のおかげで娘の身売りを避けることができました。

という逸話が残されています。

この話の由来となってサンタクロースは煙突から入り、
靴下の中にプレゼントを入れるという
今日におけるサンタクロースの伝承が生まれています。

クリスマスリースはいつから飾る?

リース自体に「新年の幸福を祈る」という意味があるため
年末当たりのクリスマスにリースを飾るのが適しています

クリスマスリースはキリスト教が存在しなかった時代の
古代ギリシャ時代に誕生したようです。

リースは「冠、花冠、花輪」といった意味で
輪が意味するのは永遠、新年の幸福を祈る、はじめもなく終わりもない
永遠に続く神の愛となります。

スポンサーリンク

楽天のクリスマスの人気の商品はこちら☆

シリーズ累計出荷台数 5万本突破 クリスマスツリー 210cm

こちらはクリスマスツリーセットですね。
高さが210cmもあり、存在感が半端ないですね^^
カラーも鮮やかな4種類から選べ、きれいなクリスマスが演出できますね^^

北欧 lovi クリスマスツリー 30cm

こちらはlovi クリスマスツリー キットですね。
うすい白樺をつかって組み立てますが、スムーズに組み立てられます。
サイズ的にも可愛くて、天然木の温もりを感じるクリスマスツリーですね。

迫力の35cm!4,355個完売!本物のクリスマスリース

こちらは大きさが35cmと迫力のサイズのクリスマスリースです☆
手作業で丁寧に作られており、長年愛されているのが分かりますね。

まとめ+関連記事

意外にもクリスマスにはいろんな雑学がありましたね。クリスマスを盛り上げるネタの一つに使ってもらえたらうれしいですね☆
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサーリンク