最近はメールに押され気味ですが、手紙で時候の挨拶に使う「青葉の候」って知っていますか?仕事などで丁寧な手紙を出したいけど、その意味や使い方がわからないという人も。そのため今回は、青葉の候の読み方や意味!時期はいつ・いつまで、使い方や例文もご紹介します!

スポンサーリンク

青葉の候の読み方と意味は?

出典:https://www.pakutaso.com/20131143332post-3544.html

「青葉の候」は、あおばのこう」と読みます。読み方は簡単なので、問題ないですね。

「青葉の候」の意味は、「木々の葉が成長し、深い緑に包まれるころ」「木々が青々と茂る季節」などになります。

「青葉」には、植物や生き物の躍動感、日差しも暑く感じるほどの夏への一歩を感じます。
また、青葉という言葉からは、新緑、初夏、香り、色彩、風などたくさんのイメージが広がります。

「候」こうと読み、「季節」とか「気候」「自然現象」といった意味になります。

青葉の候の時期はいつ?いつまで使える?

出典:http://gahag.net/007536-hydrangea-rainy-season/

「青葉の候」は、5月中旬〜6月中頃まで使えます。

「青葉」は夏の季語でもあり、暦の上では立夏の5月5日から夏が始まります。では、そのあたりから使ってもいいのかいうと、少し早い気がします。青葉のイメージは青々とした深い緑のころでしたね。ですから、5月中頃から使うといいですね。

いつまでかというと、梅雨が本格的になる前の6月中旬くらいまで使えます。

同じ時期に使える時候の挨拶

5月中旬頃から使える時候の挨拶は他にも、
「深緑の候」「軽暑の候」「梅夏の候」「初夏の候」「入梅の候」「向夏の候」などがあります。

5月中旬〜5月下旬なら、「軽暑の候」「深緑の候」「梅雨の走り」「五月雨の候」など。
梅雨の走りは、5月中旬から、梅雨を思わせるように雨や曇り空の日が続くことをいい、「迎え梅雨」とも言います。5月下旬なら、「五月雨の候」も梅雨にぬれる青葉のしっとりとした風情を感じる表現です。

5月下旬〜6月上旬なら、「軽暑の候」「梅夏の候」「初夏の候」など。
梅雨入りの前は、肌も汗ばむような蒸し暑い日が続くことがあります。梅雨は春から夏に以降する時、その前後の時期とくらべて雨が多くなります。梅雨入りには、平均的に5日程度の移り変わりの時期がありるそうです。

6月上旬〜6月中旬なら、「入梅の候」「長雨の候」など。
入梅とは、梅雨入りのことで太陽暦の6月11日ごろにあたります。気象学的には梅雨に入る日のことを指します。ちなみに、関東地方の梅雨入りは昨年・2017年は、梅雨入りは6月8日でした。

6月のポイントは、雨もいいものという風情を表現しましょう!梅雨の時期に入るため、雨の中で花を咲かせる紫陽花やくちなし、活動する生き物などにふれて、うっとうしさを払拭するような挨拶文にしたいですね。

スポンサーリンク

青葉の候の使い方・時候の挨拶の例文と結び

出典:http:///01.gatag.net/12475-free-photo/

「青葉の候」の意味や使う時期はわかりましたね。手紙やハガキの作成など、何から書き始めればいいのか?
手紙の基本の頭語、時候の挨拶、結びの言葉などを実際に使ってみましょう。

では「青葉の候」を使った例文をご紹介します!

【書き出し】
  • 拝啓 青葉の候 貴社におかれてはますますご清祥のことお慶び申し上げます。
  • 拝啓 青葉の候 風清らかな初夏、木々の緑も一段と深まる季節となりました。
  • 拝啓 青葉の候 梅雨の走りでしょうか。雨に光る若葉がしっとりしています。
    「拝啓」より、「謹啓」のほうがより敬った言い方です。
【結び】
5月の結び
  • 木々の葉が緑をますこの頃、貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます。
  • 初夏とはいえ寒暖の差が大きい時節柄、体調をくずさないようお気をつけください。

6月の結び

  • 長雨の季節でもありますので、どうかご自愛ください。
  • 梅雨が開けたら、夏到来。ビヤガーデンでも一緒に行きましょう。

「拝啓」で始めたら「謹啓」「敬白」で終わる、がセットになっています。

最後に、手紙を書く順序〜流れは次のようになります。

1.「頭語」「拝啓」「謹啓」などを書きます。
2.時候の挨拶青葉の候」などを書きます。
3.相手を気づかう言葉「いかがお過ごしですか」などを入れます。
4.「さて」「このたびは」「さっそくですが」などの起語から入り、本文〜を書きます。起語は、ここから用件ですと知らせる言葉で、これを入れると流れがスムーズになります。
5.相手の活躍や健康を祈る結びの挨拶を書きます。最後に「敬具」「かしこ」などの結語を添えます。
6.日付、自分の名前、宛名を書きます。(自分の名前は便箋の下の方に、宛名は便箋の高い位置に書きます。)

引用:https://entame-lab.com/syokano-kou/

手紙の書き方は面倒くさいと思うかも知れませんが、用件をスムーズに伝えるためのマニュアルと考えれば納得できるのではないでしょうか☆

スポンサーリンク

青葉の候を使う際の通販のおすすめをご紹介☆

万年筆 でも ボールペン でもない 第5の筆記モード『アーバン プレミアム』

若い世代に人気の高いパーカー5th。自分仕様のペン先に育っていく楽しみ、重厚感も大満足、手放せない相棒!

売れ筋No1!DELFONICS デルフォニックスポワン レターセット

リンゴ、クローバー、キーなど幸福を呼ぶ箔押しモチーフ入りレターセット。封筒も赤や紺、緑など個性的!

まとめ+関連記事

いかがでしたか?「青葉の候」は「あおばのこう」でしたね。意味は、「木々が成長し深い緑に包まれたころ」でした。梅雨時の時候の挨拶は、天気予報をチェックでしたね。ビジネス文章やプライベートでも、ぜひ参考にしてください☆

良かったら関連記事もご覧ください↓↓↓^^
【関連記事】

お役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

スポンサーリンク