みなさん、こんにちは!

今回は緑茶についての話です。

日常生活で私達がよく飲む美味しい緑茶ですが、飲みすぎてしまうと悪影響があるようで、
腹痛・下痢・太る原因にになってしまうようです。
こちらは本当でしょうか?

また緑茶はどのぐらいの量が1日の適性量なのでしょうか?

そこで今回は、緑茶の飲みすぎは腹痛・頭痛・太る原因!適正量を紹介していきます!^^

スポンサーリンク

緑茶の飲みすぎは悪影響がでるので注意?原因は?

画像引用:https://www.photo-ac.com/

健康に良い緑茶ですが、のみすぎることで悪影響が出てしまいます!
そのため、飲みすぎは注意が必要です!

悪影響が出る原因は下記の3つの原因があります。

緑茶の飲みすぎは悪影響がでる原因1:カフェイン

緑茶にもカフェインは入っています。
緑茶を飲みすぎると、当然カフェインも多く摂取していることになります。
カフェインの過剰摂取は、カフェイン中毒・依存症や胃の荒れに繋がります。
コーヒーほどではないにしろ、飲みすぎには注意が必要です。

市販のペッドボトル(500ml)の緑茶だと、約50mg前後のカフェインが入っています。

緑茶の飲みすぎは悪影響がでる原因2:タンニン

緑茶にはタンニンという成分が入っています。
タンニンとは、緑茶の中では苦み渋みを出す成分です。

このタンニンには、「鉄の吸収を防ぐ」効果があります。
なので、主に貧血の人などが緑茶を飲みすぎると、貧血の症状が悪化してしまうことがあります。

緑茶の飲みすぎは悪影響がでる原因3:シュウ酸

あまりよく知られていない(筆者が知らないだけ?)シュウ酸という成分が緑茶には入っています。
こちらも取りすぎると「尿路結石」が出来てしまいます。
シュウ酸の過剰摂取でできるから「シュウ酸結石」といいます。

シュウ酸結石は、シュウ酸とカルシウムの結合によってできるもので、バランスのいい摂取量ならば便として排泄されます。
しかし、過剰摂取をしてしまうと背中や脇腹にかなりの痛みが生じる場合があるので、気を付けましょう。

緑茶の飲みすぎは腹痛・下痢等のどんな症状が出る?

画像引用:https://www.ac-illust.com

緑茶の飲みすぎで出る症状1:体の冷え

緑茶には体を冷やす効果があります。
なので、夏にはぴったりの飲み物です。
だからと言って夏に冷えた緑茶を飲みすぎると、冷えた飲み物+緑茶のからだを冷やす効果のダブルパンチで体に負荷を掛けてしまいます。
ちなみに温かい緑茶を飲む、適量を飲むという行為は問題ありません。

 

緑茶の飲みすぎで出る症状2:腹痛・胃痛

カフェイン多量に摂取してしまうと、胃を刺激し過ぎてしまい、腹痛引き起こしてしまいます。
なんかお腹や胃がキリキリするなと思ったら、カフェインを摂りすぎ、緑茶等を飲みすぎてないか思い出してみましょう。

緑茶の飲みすぎで出る症状3:下痢

上で紹介したカフェイン・タンニンは胃腸を刺激するので、腹痛や下痢を引き起こすこともあります。

スポンサーリンク

緑茶の飲みすぎは太るの?

画像引用:https://www.photo-ac.com/

緑茶自体はカロリーはほとんどないので、飲みすぎることで太ることはほとんどありません。
しかし、緑茶の種類によっては太ってしまう場合もあります。

原因は「カフェイン」です。
カフェインは食欲を暴走させる効果があるので、緑茶で太るというよりかは、緑茶によってほかの食べ物を食べてしまい太るといった方が正しいかもしれません。
また、カフェイン中毒・依存によって、カフェインを取れない時にイライラして暴食をしてしまい、太ってしまうといったことはあるかもしれませんね。
カフェインはろくなことないですね^^;

そのため、後述でカフェインが入ってない緑茶も紹介しています☆

緑茶の一日の適切な摂取量は?

画像引用:https://www.ac-illust.com

欧州食品安全機関(EFSA)によると、
健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量は、
体重1kgあたり20mg以上のカフェイン接種で下痢や嘔吐などの症状が出るといわれています。

なので、緑茶は一日に1リットルまでが適切な量だと思います。

子供の緑茶の適正量は?

大人の場合は上で紹介した量でいいのですが、子供は当然、成人の方よりも適正量は少なくなっています。

・4~6歳 225ml
・7~9歳 312.5ml
・10~12歳 425ml

となっています。
予想以上に少ないですね。
子供は大人よりもカフェインによる影響を受けやすいので、飲む量は気をつけましょう!

スポンサーリンク

緑茶を飲みすぎても良いように、ノンカフェインがおすすめ!

キリン カフェインゼロ 生茶

こちらはキリンが出している定番「生茶」のノンカフェインバージョンです!
カフェインクリア製法という方法でカフェインを無くし、なおかつ国産茶葉を使用しているので安心です。
やわらかい味わいなので、だれでも飲みやすいのでおすすめです。

カフェインレス緑茶 煎茶 40g

こちらは使いやすい粉タイプのカフェインレス緑茶です!
粉タイプなので、飲みたい量を調整できるのが良いですね☆
緑茶1杯(0.7g)でカフェインが0.001g(1mg)未満なので、安心です!
市販のペッドボトル(500ml)の緑茶だと、約50mg なので、約1/25ぐらいですね☆

ノンカフェイン緑茶

ノンカフェイン緑茶 50g ノンカフェイン(デカフェ、カフェインレス)で妊娠中・授乳中のティータイムに、マタニティ、ギフト

こちらは上の2つと違い、茶葉の状態の商品です。
この商品のメリットは、安い点と茶葉の状態な点です。

茶葉なので、来客にもてなす時などに便利ですし、袋で常時保管だから場所も取らないし、捨てるものも袋だけなので便利です。
また、「釜炒り製法」という製法により、香ばしさも楽しめます。

その他の美味しい緑茶の飲み方

緑茶は美味しいので、適性量を守って飲みたいですね!
その他の緑茶の美味しい飲み方を関連記事で紹介しています↓↓↓

緑茶ハイはお茶割りとどう違うの?作り方やおすすめ商品も紹介!

 

まとめ

緑茶はとても簡単で気軽に家で作れる美味しい飲み物ですね☆
そのためたくさんの量を飲んでしまいがちなので、できればノンカフェインのものを飲まれた方がいいですね!
記事がお役に立ちましたら、是非ブックマーク登録お願いします!^^

スポンサーリンク