飛行機の機内向けの服装って、どんな格好がいいのでしょう?それから、機内へ持ち込む持ち物も気になりますね。
そのため今回は、『飛行機の服装は?メンズ・レディースが楽に過ごせる格好と機内へ持ち込む持ち物も!』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

飛行機の旅が楽に過ごせる服装は?

出典:kids.wanpug.com/illust/illust3394.png

長時間でもラクな服装が◎

長時間座っていても楽なストレッチ素材のパンツが、機内コーデにおすすめのアイテムです。国際展の座席は窮屈なので、しわになりにくく、動きやすく、軽いなど、旅行に適したものを選びましょう。
上下ともスリムな服装より、ゆとりのあるデザインのもので、疲れにくいことが大切です。
おしゃれ感も漂わせながら、開放感のあるコーデで、快適に過ごしたいですよね!
では、楽なら何でもいいかというと、部屋着のようなジャージやスウェットはNGです。
飛行機や空港ラウンジは、公共の施設なので周囲の人々が不快にならない気配りも大事です。

脱ぎ着がしやすいトップス

機内は、色々な場面に備えて、温度調節がしやすい格好がベストです。旅行先との気温差や機内での冷房対策もしっかりしておきましょう。脱ぎ着がしやすいトップスを持って行くと便利です。座席によっては空調が効きすぎていたり、暑すぎることもあるので、カーディガンやパーカーなど薄手の羽織物が一枚あると、機内も快適に過ごすことができます。

飛行機によっては、暑がりな欧米人の体質に合わせてクーラーがガンガン効きすぎて、常に寒いくらいです。ですから、機内の服装は暑さ対策より冷房対策を考えた服装がちょうどいいですね。
もちろん、行き先によって事情が違ってくるので、出発前のチェックを忘れずに!

スリムなボトムスは避ける

長時間同じ体制で座っているので、伸縮性のないジーンズやスキニーは避けましょう。エコノミーの座席はとても狭くて疲れやすいので、締めつけ感のないスウェットや緩めのズボンがおすすめです。スリムなボトムスはじわりじわりと身体を締めつけられ、血行を悪くし、疲れる原因にもなります。目的地に到着したころに、どっと疲れたというのでは、せっかくの海外旅行が台無しです。

CAにも人気の旅行コーデ


出典:https://www.locondo.jp/shop/commodity/SFFX0618D/CO3909EW06831

締めつけ感のないマキシ丈スカートは、CAにも人気の旅行コーデです。ジーンズのようにタイトなものは腰回りを締め付けるので見、血行不良になりやすいです。マキシ丈の長いスカートなら、足回りも気にすることなくリラクスできて、パンツより女性らしいオシャレ感を演出することもできますね。

着心地の良さを事前にチェック

機内は乾燥しているので、特に敏感肌の人は素肌に触れるTシャツやセーターの素材にも、注意が必要です。もしも、肌にチクチクするような素材や首の後ろのタグが引っかかってないか、着心地を事前にチェックしておくといいでしょう。ずっとその服装で我慢しなければならなくなるので、着心地はとても重要なポイントです。素材としては、夏用なら柔らかい綿やポリエステル冬用ならウール、カシミアなど薄くても温かい上着を準備して乗りましょう。

英字のロゴプリントに注意!

英字のロゴ入りTシャツは、差別的なワードでないかチェックしておきましょう。
何気なくデザインが素敵だから、意味もよく考えずに着ていませんか?国際空港には、世界中の人々が行き来する場所です。差別的な表現やデザインのものは、相手を侮辱するだけでなく、あなたの品位が疑われますのでやめておきましょう。普段から国際ニュースなどにふれながらいろんな国の情報入手しておくと、余計なトラブルに巻き込まれることもないですね。

飛行機内では足元対策が必須

出典:http://sozaing.com/photo/飛行機の中.html

着圧ソックスでむくみ対策

「気圧ソックス」は、足のむくみやだるさに効果があるといわれます。一般的なソックスと違って、足に圧力をかけ足の余分な水分を排出する手助けをしてくれるそうです。
足のむくみは、血行不良から起こり、身体全体のだるさにもつながります。機内で使うときは、履き替えがしやすいひざ下タイプがおすすめ。夜用の弱めの圧力のものが、長時間に使いやすいと思います。

足先までリラックス

機内では、足の指のムレを防ぐ「五本指ソックス」が快適です。エアコンの冷気が足元に溜まって足がむくんでしまう原因になります。足元も服装と同じで、締めつけ感のあるものより、リラックス!長旅でじっとしてなきゃいけない時間に、足の指を動かす運動だけでも、けっこう気分転換になります。

スポンサードリンク

飛行機の機内へ持ち込む持ち物は?

出典:https://www.irasutoya.com/2017/06/blog-post_651.html

スマホ&タブレット

機内のビデオや音楽チャンネルも聴けますが、スマホかタブレット自分お気に入りの音楽聴けたら、気分もルンルンでしょう。電子書籍も読めるし、旅行中の観光スポットやお店の情報もこの中に全部入れておくと、かさばらなくて重宝します。

薄いスリッパ

長時間のフライトでは、スリッパに履き替えて足もリラックスさせるるのがベストです。サンダルでもいいのですが、これだと機内で荷物になりますね。旅行に行ったときにホテルで提供される薄いスリッパなら、使い捨てで履けるのでおすすめ。
機内では気圧の低下で足がむくみがちにならないよう、足の指を動かしたり、時々立つなど気をつけましょう。

アイマスク

アイマスクは、機内の快眠に欠かせないアイテムです。眠りたくてもなかなか寝られないときに、肌触りのいいアイマスクで、外からの光をシャットアウト。リラックスタイムを確保しましょう。

足掛け

エコノミークラスで長時間フライトの方におすすめの、「足掛け」。座席のテーブルに引っ掛けるだけの簡単な仕掛けになっています。高さも調節できて、自分専用の足掛けスベースが確保できます。快適な睡眠や、長時間の移動でも足をリラックスしてくれるトラベルグッズですね♪

首枕

機内では首枕がないと、なかなか眠るのは難しいですね。ずっと同じ姿勢ですわっていると、首回りがとても疲れます。空気を入れて使うタイプとかあれば、ぜひ持って行きたいアイテムのひとつです。使う人を選ばないシンプルなデザインで、幅広い年代の方にオススメです。

化粧ポーチ

女性は、機内で睡眠したあと、メイクが気になりますね。試供品サイズの化粧水やファンデ、アイペンシル、口紅など一応化粧ポーチを持つと安心ですね。座席でお化粧直しは、隣に座ってる人にあまりいい感じがしないので、トイレの時間にさっと化粧直しするのがマナーです。
液体の持ち込みは、制限があるので確認しておいたほうがいいですね。

歯ブラシ

長時間のフライトでは、食事も出ますし仮眠時間もあります。せめて、起きたあとは歯磨きしたいですよね。日本のホテルや温泉宿に付いている使い捨てを持って行くと、荷物にならなくて便利です。

ボールペン

入国審査、タックス申告書などは、機内で一人ひとりで書かなければいけません。旅行中の絵葉書を描いたりするにも、ボールペンを持って行くと役立ちますね。

まとめ+関連記事

機内で快適に過ごすには、ゆったりとたデザインや素材の服装が、リラックスできますね。持ち物も、長時間に備えてアイマスクや足掛け、首枕など必須アイテムでした!^^

スポンサードリンク