エンタメLab.com

季節のイベント情報・生活お役立ち・雑学等・iPhone・アプリの情報を発信!面白いブログを目指します!^^

YouTubeが全画面表示ができない時の対処方法!

 

みなさん、こんにちは!シゲル(@shigeki002)です!^^

YouTube使われていますか?

そのYouTubeですが、どうやら上手く全画面表示ができない時があるようです!

左上に動画が配置されるだけで、画面サイズまでは大きくならず、余白部分の右下全体が真っ黒なままになってしまうようですね。
これは困りますね^^;

そのため今回は、

・YouTubeが全画面表示ができない時の対処方法!

をご紹介します!

スポンサードリンク

YouTubeが全画面表示ができない時の対処方法

YouTubeを視聴しているとき、フルスクリーン(全画面表示)で視聴しようとしたときに全画面にならない原因は以下の要因が挙げられます。

Flashの設定の確認・変更

Adobe flash playerでの設定を確認する方法です。

  1. まず、検索窓で「chrome://plugins」と検索します。
  2. 出てきた画面の右上にある「+詳細」をクリックします。
  3. そうすると画面上の情報が詳細化されますので、その中から「Adobe Flash Player」というものを探します。
  4. 見つけたら、その中にある「pepflashplayer.dll」という文字が書いてあるものを無効にしましょう

これでFlashの設定の確認・変更はOKです!

 

全画面表示の設定の見直し

まず、知らない間に全画面を表示できるようにする設定が変更されている場合です。
まずはブラウザ側で設定されている権限を確認してみましょう。

こちらはお使いのブラウザによって方法が違いますので、ご自分の使用しているブラウザの方法で実行してください。

Google chrome

Google chromeでの確認方法です。

  1. chromeブラウザを起動し、アドレスバー内の左側にあるアイコン(鍵、丸印に「i」、三角に「!」の三種類)があるので、そちらをクリックします。
  2. そうすると吹き出しが出てくるので、その中にある「Flash」という項目の右側に「▼」マークがあるので、それをクリックします。
  3. 4種類の項目が出てくると思うので、その中の「全体の規定値を使用(検出)」にチェックマークを付けます。
Internet explorer

Internet explorerでのやり方ですが、こちらは報告例があまりないので参考程度にご確認ください。

  1. まず右上の歯車アイコンを押し、「インターネットオプション」を押します。
  2. 表示されたウィンドウの中に「詳細設定」というタブがあるのでそれを押します。
  3. 出てきた中に「TLS1.0を使用する」、「TLS1.1の使用」「TLS1.2の使用」という項目があるので、それら全てにチェックマークがあるかを確認します。無い場合はチェックを付けましょう。
Firefox

Firefoxでのやり方です。

  1. Firefoxブラウザを起動後、アドレスバーに「about:permissions」と入力し、検索します。
  2. そうすると「すべてのWebサイト」という所に、全画面表示を行ったことがあるサイトが表示されるので、そちらを確認します。
  3. その中に、全画面表示を使用したいサイトを見つけ、「全画面表示」の所を「許可」もしくは「毎回確認」を選び、設定を変更します。

スポンサードリンク

 

アドオンや拡張機能の確認・変更

次に、アドオンや拡張機能の影響で全画面表示ができなくなっている可能性がありますので、
アドオンや拡張機能によって全画面表示が無効になっているかを確認・変更をしましょう!

Internet explorer

Internet explorerでの方法です。

  1. ブラウザの画面の上部にあるツールバーに「ツール▼」というのがありますので、そちらをクリックします。
  2. 出てくる項目の中に「アドオンの管理」という項目があるので、そちらを押します。
  3. そうして出てきたウィンドウには現在読み込まれているアドオンが表示されていますので(表示されていない場合はウィンドウ左側「表示」の下にあるバーを「現在読み込まれているアドオン」に設定)、それらの中から原因になっているアドオンを見つけ出し、「無効にする」を押してください。
Google chrome

次にGoogle chromeでの方法です。

  1. Chromeブラウザを起動し、ブラウザ右上にある点が縦に3つ並んでいるアイコンがあるので、そちらを押します。
  2. 出てきた項目の下の方にある「設定」を押します。
  3. 画面が切り替わったら、左側にある「拡張機能」を押します。
  4. そうすると、現在chromeブラウザに入っている拡張機能が表示されるので、その中から原因になっている拡張機能を探し、右側にある「有効にする」のチェックマークを外します。

アドオンや拡張機能による不具合の原因は数多くあるので、それぞれご自分で調べる必要がありますのでご注意ください。

全画面表示できる裏技URL!


次にYou Tubeの動画を全画面表示させるURLのご紹介です。

  1. 見たい動画のページまで行き、表示されましたら動画の下にある「追加 共有 その他」の中の共有を押します。
  2. 出てきたアドレスをコピーし、アドレスバーに貼ります。
  3. 貼ったアドレスの「youtu.be」という部分を削除し、その部分に「youtube.com/embed/」と入力します。

これで完了です。

そのまま検索すると全画面で表示された動画が表示されます。

 

まとめ

以上が、YouTubeが全画面表示ができない時の対処方法! でした。

参考になりましたでしょうか?

全画面表示の不具合はなかなか複雑なので、焦らず上記の方法を試してみてください!

他にもYouTubeの不具合に関する情報をまとめているので、良かったらどうぞ↓↓↓

関連:YouTubeで関連動画が表示されない原因と対処方法!まとめ

関連:YouTubeの動画が不具合(再生できない・見れない・動かない)時の対処方法

関連:YouTubeの「クラッシュしました」の意味・原因・対処方法!

スポンサードリンク


Return Top