エンタメLab.com

【毎日更新】季節のイベント情報・生活お役立ち・雑学等・iPhone・アプリの情報を発信!面白いブログを目指します!^^

海開きとは?いつ頃?海開き前に泳いでいいの?おすすめの必需品も紹介!

みなさん、こんにちわ!

最近暖かくなり、日よって半袖で過ごせちゃうような日もありますね!
暖かくなったら海や川に遊びに行こうと計画される方も多いのではないでしょうか?
画像引用:https://www.photo-ac.com/

そこで今回は、海にスポットをあてて、海開きについて・海に行く時の必需品などを紹介します!

この記事を読んで夏のレジャーの計画をたてちゃいましょう★

スポンサードリンク

 

海開きとは?

画像引用:https://www.photo-ac.com/

海開きって言葉はみなさんよく聞くと思いますが、海開きって何のことがご存知でしょうか?
海開きとは、海水浴場を開設する日や、開設の日に行われる行事のことも海開きと言われるそうです。

海水浴シーズンの始まり!ということですね。
シーズン中の安全を願い神主などが神事として執り行うことが多いようです。
私は恥ずかしながら海開きは「海で遊べるようになる日」というくらいの認識でした(笑)

 

全国の海開きは大体いつ頃から?

画像引用:https://www.photo-ac.com/

やはり沖縄県の海開きは早く、毎年3月下旬~4月中には海開きをするようです。
今年は3月中旬頃に海開きをしたようですよ!

関東、東北の人からしたら、3月とかまだまだ上着がいる季節なのでびっくりですよね!
そして南から順に、九州、四国、本州にかけて6月下旬から7月上旬に海開きをします。

2016年は千葉県の片貝中央海岸では4月29日、和歌山県の白良浜海水浴場では5月3日に海開きをしたようです。
本州でもゴールデンウィーク中に海開きされているところもあったんですね!

 

海開き前に泳いでもいいの?

海開きしていなくても泳ぐことはできます。

しかし、海水浴場によっては、海開きされるまでは遊泳禁止とされているところもあるので、どこでも泳げるというわけではありません。
海開き前はライフセーバーや監視員もいないので事故がおこった時の対応も遅れてしまうので大変危険です。

また、海開きは事前に水質検査やごみや流木の除去、水温などのチェックがされて実施されるので、やはり海開きをされてから泳いだほうがよいでしょう。
海開きされていても天候や海の状態により危険と判断された場合は海水浴場の支持に従うようにしましょうね!

 

スポンサードリンク

 

海開き後に海に行くおすすめの必需品リスト

ここからは、快適に海を満喫するための必需品を紹介します!
まだ持っていない物があればこの機会に購入を検討してみてもいいかもしれませんよ!

ワンタッチテント

海に行くときって何かと荷物が多くなりませんか?飲み物、着替え、タオル、など。。。そんな時に便利なのがこのワンタッチテント。

ちょっと休憩したい時に日よけにもなります。
160cmと200cm選べて大人が寝転べるサイズ。色も7色から選べるのも嬉しいですよね!
できれば4人用が幅広い用途で使えておすすめです☆ 2人用だと狭いかも^^;

このようなテントは設置が大変そう。。。と思われるかもしれませんが、このワンタッチテントは名前の通りワンタッチでセットができてしまうんです!
さらに取って付きなので持ち運びも楽々です!

海だけでなくいろいろな所で活躍しそうなこのテント、一家に一台どうですか?

ラッシュガード(UVカット機能付きパーカー)

日焼け止めだけじゃ不安、絶対日焼けしたくない人におすすめなのが、ラッシュガード。
長袖って暑そう。。。って思うかもしれませんが、クールドライでひんやりする肌心地。

そのまま海やプールに入ることもできるので肌をだすことに抵抗がある人にもオススメです。
足用もあります! 足がヤバイ!!って時にも使えます☆ 水着の下に履く感じですね。

冷房対策にもなるので一枚もっているとかなり重宝しますよ!

男性用ももちろんあります☆

 

アクアシューズ

夏レジャーにもってこいのこのシューズ!まるで素足で歩いている感覚なのに滑らない。

このシューズを履いたまま海に入るのもよし、ランニングしてもよしの万能なシューズです。
特に海や川で遊ぶ時はサンダルよりも足を全体を守ってくれるので岩場で足を切る心配もありません。
海の底で貝殻で足を切ったりしたら危険ですよね^^;

サイズも18cmから28cmあるので親子でお揃いも可能です。
価格も送料無料で大変リーズナブル。色違いで買って洋服に合わせるのもいいですね!
まだサンダルを用意していない人にオススメです!

 

ビーチサンダル

海に行くなら持って行くの当たり前でしょ。と思いますが、けっこう忘れてしまう人が多いのがビーチサンダル。履いてきた靴で遊ぶとかなり汚れてしまうし、乾きにくい。

それに海水浴場を素足で動くのは危険です。石やゴミで足の裏を切ってしまうこともあります。
直射日光があたり続けている砂場はかなり熱いので素足で歩くと火傷してしてしまうことも!

 

日焼け止め

これを忘れてしまったら、海のいい思い出が悲惨なものになりかねません。
日焼け止めなら何でもいいというわけではありません。
しっかり紫外線から肌を守ってくれるものを塗っていないと、意味がありません。

適当な日焼け止めを塗っていると、全然紫外線から肌を守れていない場合もあります^^;

この日焼け止めは美肌で有名なシルク姉さん愛用の日焼け止め。紫外線から肌を守るだけではなく、日焼けによるシミ・ソバカスも防いでくれます。
ウォータープルーフで水や汗にも強いので海に最適ですよ!
日焼け止めによくある白浮しないのも嬉しいですね!

帽子

これが意外にいります!!
夏外にいると、家の中で解らない想像できないぐらい直射日光を受けます。
そのため、帽子がないと頭皮がマジで熱くなります!笑

帽子は忘れないようにもっていきましょう☆

スマホ防水ケース

海水での塗れた手でスマホを触ると、スマホがべたべたになってしまいますよね!
また、汗ばんだ手でスマホを触っても、それが原因でスマホが故障してしまう時もあります。

その時は防水ケースを使いましょう!水を完全に防いでくれます☆
商品によっては水中で使えたりもします! 水中の写真が撮れたりするんです!!これは驚き!

しかし、商品によって耐水性が異なるので、自己責任で注意してください。
とりあえず、地上ではこれに入れておけば、水での故障は心配なくなります☆

家のお風呂でも使えるので、持っておいて損はなしですよ^^

レジャーシート

砂の上にひくレジャーシートですね!
忘れると砂めっちゃ熱いので忘れずに持っていきましょう!

 

代えのTシャツ・パンツ・タオル

夏場の海では熱すぎて、汗をかく量がハンパではないです!
自分の予想の2倍の代えのTシャツ・パンツ・タオルを持っていった方がいいです!
私は毎回、持っていくと助かっています! 友人はくらっています!笑

 

まとめ

海水浴場ではルールやマナーを守り、安全面に気をつけて楽しみたいですね。
そして、早めの計画と準備で、夏レジャーを思いっきり楽しんじゃいましょう!

アクアシューズはケガ防止でかなりおすすめなので、是非試してみてください☆

記事がお役に立ちましたら、是非ブックマーク登録お願いします!^^

スポンサードリンク

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top