3月と言えば、そろそろ冬のコートをしまう時期ですが、あなたはこの時期どんなコートを着るべきか迷ったりということはありませんか?
そのため今回は、『3月のコートはおかしい?着れる種類や時期、春コートはいつまで着れる?』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

3月のコートはおかしい?3月上旬~中旬に着れるコート

出典:http://urx.red/PcDH

  • チェスターコート
  • ノーカラーコート
  • ダッフルコート
  • トレンチコート
  • デニムジャケット
  • ライダースジャケット

チェスターコート

一般的にチェスターコートがアウターとして活躍するのは、
11月下旬~2月頃までだと言われています。

ですが最近では、薄手のコットンやデニム素材のものも台頭してきているので、
それらであれば3月に着ていても何ら違和感は無い上に、
きっと街行く人から「お洒落な人だな」という印象を持たれることでしょう。

ノーカラーコート

比較的薄手でグレーなどの落ち着いた色が多いノーカラーコートもまた、
チェスターコートと同じく3月でも違和感無く着ることができる冬物コートのひとつです。

女性であればこれを着て「落ち着いた大人の女性」の雰囲気を出してみるのも面白いでしょう。

ダッフルコート

いかにも「冬物のコート」という感じがするダッフルコートは、
元来チェスターコートと同じく、冷え込みが厳しい11月~2月に活躍するコートです。

ですので、できれば3月に着るのはあまりオススメではありませんが、
「寒いのが苦手」という方は極力ダッフルコートと共に、
春を意識したコーディネートを取り入れるようにしましょう。

トレンチコート

出典:http://urx.red/PcBo

トレンチコートは、まさに3月から着るのに相応しいと言えるスプリングコートの代表格です。

また、冬の間に着ていたインナーの上にサッと羽織るだけでも一気に春っぽさを演出できるので、
そのぶん着こなし方が豊富なのも魅力と言えるでしょう。

トレンチコートの時期に関しては、別記事で詳しくご紹介しています↓↓↓

デニムジャケット

可愛らしさととシンプルさを兼ね備えていることから、
徐々に寒さが和らいでくる3月という季節にぴったりのアウターです。

このことから「おしゃれに興味はあるけど、どういうものを着たらいいかイマイチよく判らない」
という人でも躊躇なく手を伸ばせると言えるでしょう。

また、着こなしという点においても、そのまま着るも良し、
実用ではなくファッションとして肩に引っ掛けるも良しと、いろいろアレンジできるので、
1着持っていれば重宝すること間違いなしです。

ライダースジャケット

ひょっとすると「コート」という括りからは外れてしまうかもしれませんが、
ライダースジャケットも春物アウターとしてはとても優秀です。

ズボンはたとえ冬仕様であっても、
アウターをライダースジャケットにするだけで、一気に春めいたファッションになりますよ。

続いて、3月中旬から下旬にかけて着るコートをご紹介していきます。

3月中旬~下旬に着るコート

出典:http://urx.red/PcCO

  • トレンチコート
  • ジャケット
  • ロングカーディガン
  • ネオプレーンコート

トレンチコート

上でもご紹介したトレンチコートですが、
上旬から中旬にかけてだけではなく、下旬であってもまだまだ活躍してくれます。

ただいくら3月とはいえ、下旬ともなれば20℃近くまで気温が上がることもあるので、
その日その時の自身の体感温度と相談しつつ、インナーをなるべく軽めなものにするなど、
季節感を出すことを忘れずに。

トレンチコートの時期に関しては、別記事で詳しくご紹介しています↓↓↓

ジャケット

出典:http://ur0.work/Pe6A

これも上でご紹介しましたが、
デニムやライダースといったジャケット系統も3月いっぱいは現役で活躍(?)してくれます。

また、ダウンジャケットやウールジャケットも、
「今日はちょっと寒いかもしれないな」と感じた時にサッと羽織るのに適しています。

ロングカーディガン

ロングカーディガンはワンピースの上に重ね着したり、
キャップやデニムなどを取り入れたカジュアルなファッションを引き立たせたりということにも、
一役買ってくれる優れものです。

ふわっとした手触りが持ち味のニットや、サテン地に織で花模様などを浮き上がらせた、
高級感のあるジャガードなど様々な素材があるので、その日の自身の気分に合わせていろいろと着まわしてみるのも面白いはず。

ネオプレーンコート

3月中旬から下旬とは言っても、
ごくまれにグッと気温が下がり寒さが身に沁みるという時がありますよね。

そんな時に大いに役立つのが、ネオプレーンコートです。

なお、このネオプレーンという素材は、ウエットスーツの設計にも使われていて、
とてもライトな着心地でありながら風を通さず暖かいのが特徴です。

さらにピンクやブルーなどの明るい色をチョイスすれば、
春を先取りできること間違いなしです。

次は、その日の気温・体感温度に適したコート・服装についてです。

スポンサードリンク

気温・体感別のコート・服装について

出典:http://ur0.work/Pe6p

花粉対策も考えて

花粉症の人がこの時期に外出するとなれば、
当然ながら花粉対策を考えなければいけません。

そういった人におすすめなのが、花粉対策コートで

その名前通り、花粉が付きにくくなおかつ落ちやすい加工が施されているほか、
現在市場に多く出回っているものは、トレンチコートをはじめとしたスプリングコートなので、
花粉症の人がこの時期に着るコートには最適ですよ。

色を工夫すると良い

また、こういったコートを選ぶ際には、濃い色の方が花粉が目立って落としやすいので、
ネイビーなど濃い色のものを選ぶようにしましょう。

紫外線による変色に注意

3月は徐々に気温が上がり始めることで紫外線の量も多くなるので、
紫外線による変色に注意するようにしましょう。

もちろんこれはコートだけに限ったことではありませんが、
衣類というのは、紫外線を受けることで染料の化学構造が変化してしまい、
色が変わってしまうことがあるんです。

また、野外だけではなく室内であっても、
蛍光灯の光などから紫外線は微量ながら出ているので、油断は禁物です。

特にレッドやブルー、グリーンなど明るい色のものは要注意ですよ。

対策としては…

fa-arrow-circle-right

屋外の場合

紫外線が強い日および時間帯の外出を避ける
fa-arrow-circle-right

屋内の場合

洗濯後に干すときは裏返しにして干す
衣類に紫外線が当たらないように保管する

などのような対策があります。

住んでる地域や気温による

出典:http://ur0.work/Pe6P

こういうふうに言ってしまっては身も蓋もないかもしれませんが、
この3月という時期にどういうコート・服を着るかというのは、
正直に言うと…住んでいる地域やその地域ごとの気温によります。

たとえば、北海道や東北地方などであれば、
3月と言えどもまだまだチェスターコートやダッフルコートなどの冬物コートが必要でしょうし、
比較的暖かい関西地方や九州地方であれば、
長袖シャツに薄手のジャケットを羽織るだけで良いという人もいるでしょう。

そう考えれば、やはり1番頼りになるのは自身が住んでいる地域の気温、自身の体感温度です。

寒い日用のコート・服装

地域差がありますが「今日は寒いな」と感じる日のコートを含めた服装は、
やはり最初にご紹介したチェスターコートやダッフルコート
そして中に着るインナーも、例えばニットのセーターやカーディガンなど、
とにかく防寒を最優先にした服装を心掛けるようにしましょう。

中くらいの日用のコート・服装

「それほど寒くないな」と感じる日であれば、コートはトレンチコート、
ジャケットは薄手のダウンジャケットなどがおすすめです。

ただ、万が一急に気温が下がった時のことを考えて、
あらかじめジャンバーやネオプレーンコートなどを携帯しておくのも良いでしょう。

暖かい日用のコート・服装

出典:http://ur0.work/Pe77

「今日は暖かいな」と感じるのであれば、アウターはデニムジャケットやライダースジャケット、
インナーは普段体温が高い人であれば長袖のシャツで十分でしょう。

ですが、ここでも急な気温の低下に備えて、トレンチコートなどのスプリングコートを持っておくと助かりますので、抜かりなくしっかりと準備しておきましょう。

小物でも調節しよう

また、寒さが厳しい日にはコートや服装以外に、
様々なファッション小物を取り入れて調節することも大切です。

ですので、ここからは寒さをしのぐために役立つ小物を紹介していきます。

手袋

まずは寒さ対策に役立つ小物の王道とも言える(?)手袋です。

たとえば、手がかじかんで動かしにくいという時に手袋を付けると、
何となくホッとするというか、安心感がありますよね。

特に、女性用の手袋は男性用とは違い、いろいろと可愛らしいデザインのものも多いので、
自身の好みに合わせて数点購入し、その日の気分によって付け変えてみるのも面白いでしょう。

ニット帽

続いては、これも定番のアイテム・ニット帽です。

男女問わず「今日は風が強くて(あるいは風が冷たくて)顔が痛いな」、
「俺は坊主(あるいは短髪)だから頭が寒く感じる」という時に被ると、
あなたの頭を強風から守ってくれるのはもちろん、ファッションアイテムとしても使えるので、
両方の用途で活用できる心強い相棒になってくれますよ。

マフラー

出典:https://www.pakutaso.com/20150332071post-5267.html

「冬のソナタ」のヨン様ことペ・ヨンジュンさんではありませんが、
マフラーも冬ファッションにおけるマストアイテムのひとつですよね。

また、巻き方も様々なバリエーションがあるので、いろいろな巻き方を研究して実践してみたり、
恋人がいる方ならひとつのマフラーを2人で巻けば…、
お互いのラブラブ度が一気に高まってあっという間に寒さを感じなくなるかも(!?)。

ストール

ストールもマフラーと同じく冬ファッションの定番ですが、
ストールの場合は、セーターの上から巻いたりニットワンピースと組み合わせて使ったりと、
使い道の幅が広いことが特徴です。

また、マフラーと比べると薄手なので「3月にマフラーはちょっと・・・」と抵抗を感じる人も、
安心して使えることが強みです。

スポンサードリンク

楽天のコートのおすすめはコチラ☆

レディース トレンチコート 着脱ライナー付き

秋~春にかけての3シーズンにかけて着用できるミドル丈のトレンチコートです。
水をはじく撥水加工が備わっているほか、軽くて暖かいカルゼ素材を使用しているので、
脱いだ時にリッチさをアピールできますよ。

選べる2丈 テーラードジャケット レディース

カーディガン感覚でサッと羽織れる手軽さが魅力の、カジュアルなテーラードジャケットです。
ポンチ素材を使用していることで、快適な着心地でありながら、
アクティブな動きもしっかりとサポートする優れもの!

【Scawaii!掲載/送料無料】ロングニットカーディガン

様々なコーディネートに使える、便利なロングニットカーディガンです。
カジュアルさを適度に抑え「大人の女性」を演出してくれるので、
スタイリッシュな印象を与えてくれますよ。

まとめ+関連記事

3月は徐々に気温が上がりだすものの、ごくまれに寒い日もあるので、その日の気温および体感温度と相談しながら、様々なコートを上手く活用しましょう☆
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓☆

    記事がお役に立ちましたら、ブックマーク・お気に入り登録をお願いします☆

    スポンサードリンク