エンタメLab.com

【毎日更新】iPhone・アプリ・ガジェット・漫画アニメ・ニュース等の情報を発信!面白い情報を提供できる場を目指しています☆

橘綾【弱虫ペダル】のプロフィール・かわいい名シーン・通販のおすすめも

メインでレースに出場する選手だけでなく、サポートで出てくるキャラまで人気の弱虫ペダル。
そんな中、秘かにコスプレイヤーから人気を集めているキャラクターが橘綾ちゃんです。
そのため今回は、橘綾【弱虫ペダル】がかわいい!プロフィール・名シーン・通販のおすすめも紹介します!^^

スポンサードリンク

橘綾【弱虫ペダル】のプロフィール

出典:http://tarantullara.hatenablog.com/entry/2015/04/04/201810

出典:https://matome.naver.jp/odai/2148800257213416301

名 前:橘綾
高 校:千葉県立総北高校(坂道や寒咲妹と同じ学年)
部 活:テニス部
誕生日:不明
血液型:不明
身 長:不明(体重:ヒミツ)
性 格:体育会系・若干短気・オタクを見ると鉄拳を放ちたくなる
坂道の呼び方:メガネ
C V:潘めぐみ

主人公“小野田坂道”の同級生で、本格的にロードレーサーに乗るよう色々と仕掛けをしていたヒロイン“寒咲幹”といつも一緒にいる友達の“橘綾”ちゃん。
1年生と時と2年生になった時で変化する坂道に対する態度に注目です。
インターハイに出場するような選手としてのキャラクターではないですし、ヒロインという訳でもないのですが、弱虫ペダル好きのファンからすると、ツンデレキャラがかわいいと大人気です。
そんな体育会系女子の綾ちゃんの言動に注目が集まっています!

橘綾【弱虫ペダル】のキャラソン・制服も発売中

綾ちゃんの人気は、実はアニメ化1期の頃からすでにあったのです。
各キャラクターの歌うキャラソンが発売されています。VOL.1が坂道&巻島コンビだったのですが、なんと同時発売のVOL.2が幹&綾コンビだったのです。
VOL.3の今泉&金城を差し置いて先に発売されるとは驚きです。
当時唯一の女の子キャラ2人ですが、アニメ化の時点で赤マル人気急上昇だったのです。

『弱虫ペダル キャラクターソングCD VOL.2』の中身を紹介します。

1.Top of Tops! 寒咲幹
2.道しるべ 橘綾
3.エール!! 寒咲幹&橘綾

3曲目は幹ちゃんと一緒に歌っていますが、2曲の『道しるべ』は綾ちゃんのソロとなっています。
ちなみに、原作コミック29巻の限定同梱版オリジナルアニメのエンディングテーマとして幹ちゃんの『Top of Tops!』が起用されています。

また、綾ちゃんと寒咲ちゃんの学校の制服も通販で見つけました↓↓↓
これはかわいいですね^^

 

橘綾【弱虫ペダル】の担当声優

名 前:潘めぐみ
誕生日:1989年6月3日
出 身:東京都
血液型:O型
趣味・特技:歌・ダンス・スキューバダイビング
所 属:アトミックモンキー
愛 称:ぐみ・はんめぐ・はんちゃん
母親は声優・女優・西洋占星術師の潘恵子

かわいいと評判の綾ちゃんですが、中の人も超絶かわいいのです。
多数のアニメ作品で主役はもちろん、ゲーム関係や洋画の吹き替えにも参加している人気声優の潘めぐみさんが担当しています。

出演した主なアニメ作品

HUNTER×HUNTER/ゴン・フリークス(主役)
リトルウィッチアカデミア/アツコ・カガリ(主役)
俺物語!!/大和凛子(ヒロイン)
双星の陰陽師/化野紅緒(ヒロイン)
かみさまみならい ヒミツのここたま/ラキたま(メインキャラ)
ハピネスチャージプリキュア!/キュアプリンセス・白雪ひめ(ヒロイン)
他多数出演

かわいい声だけでなく、大人魅力溢れる女性の声も演じ分ける若手実力派の声優さんです。
まさかのゴンっ!!
そして、綾ちゃんのツンデレっぷりもかわいく演じています☆

スポンサードリンク

橘綾【弱虫ペダル】のかわいい名シーンや小野田との仲は?

ファーストコンタクトで鉄拳!

体育会系の綾ちゃんは、オタクという人種が苦手なのか、かわいい顔してオタクを見ると鉄拳を繰り出す時があるのです。
坂道との最初の出会いは、幹ちゃんが坂道に話しかけた時でした。
坂道の優柔不断な態度にイラついたのか、つい手が出てしまったようです。

驚きの事実

出典:http://cohga.net/hatena/user/pema_174.html

綾ちゃんは、坂道が自転車で秋葉原まで行った事を全く信じていませんでした。
チェーンが外れてしまったというエピソードを聞いた時も、やっぱりウソだと決めつけていましたが、家に帰ってから外れたという話に驚いていましたね。
確かに、片道45kmを自転車で往復と聞けば、誰でも驚くところです。

坂道を見る目が変わった瞬間

出典:http://www.moview.jp/77702519.html

最初は、オタクでなよなよしてて、さらに優柔不断という坂道に対し、露骨に嫌な顔をする時があったのですが、インターハイで優勝した後は態度が180度変わりました。総合優勝を果たした坂道を選手として、男として認めたようですね。


出典:http://anime-twitter.blog.jp/archives/cat_415211.html

橘綾の秘める想い?

出典:http://aniban.ldblog.jp/archives/41560803.html

優勝した後の、ツンデレ的要素がありそうな「おめでとう」は、橘綾のかわいさポイントが高く、読んでいる方がトキメクくらいかわいいと思える瞬間でした。
2年目のインターハイで、前年の優勝者と言う立場が合わず、どう見てもプレッシャーに押しつぶされそうになっている坂道を本気で心配するようになりました。
もう坂道の心配ばかりしているようですね。

スポンサードリンク

マネージャーとしてお手伝い参加のインターハイ

出典:https://www.plurk.com/p/koenib

2度目のインターハイは寒咲幹の手伝いとして、マネージャーの立場で来たのですが、率先して坂道の応援をする姿は、少しトキめいているようにも思えるのは気のせいでしょうか。
レース前に、「がんばんなよ」と声をかけるのですが、やはりここでもツンデレ要素が高いですね。

「やっと言えたね」

出典:http://anime-twitter.blog.jp/archives/20932902.html

「がんばんなよ」と言った時、一緒についていた寒咲幹に「やっと言えたね」と言われて照れている姿が、坂道に対する秘かな想いの一片の様に見えますね。

坂道がうらやましいです!

寒咲幹と今泉の仲を応援する橘綾

出典:https://matome.naver.jp/odai/2148800257213416301

天然な幹ちゃんと、鈍感な今泉がお似合いに見えているのか、時々二人にさせようとしたり、話しかけるタイミングを見計らったりしていますが、当の幹ちゃんと今泉はあくまでもっ友達で幼馴染みという関係から進まないのではないかと思いますね。
でも、そういう乙女な綾ちゃんもかわいいですね。

コスプレイヤーさんや同人作家さんからの視点

出典:http://tarantullara.hatenablog.com/entry/2015/04/04/201810

インターハイレース直前の「がんばんなよ」がきっかけだと考えられますが。
綾ちゃんのツンデレ具合から、坂道とカップリングにされる事が多いようです。
同人作家さんの作るキーホルダーなど、オリジナルアイテムでもセットで描かれるのですが、体育会系とアニメオタクでも仲良くなれそうですね。

まとめ

弱虫ペダルは、坂道や真波などのレースを熱くするキャラはもちろんですが、サポートに回る選手や応援している人達にもスポットが辺り、全ておいて人気作品となっています。
レースの熱い戦いも燃えますが、かわいいキャラ達も萌えているので、色々な視点で楽しめる弱虫ペダルは何度見ても面白いですね。
橘綾ちゃんの正直な気持ちが何処に向いているのか、これからそんな展開があるのか楽しみにしながら、インターハイの熱いバトルを応援しましょう!^^

スポンサードリンク

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top