エンタメLab.com

【毎日更新】季節のイベント情報・生活お役立ち・雑学等・iPhone・アプリの情報を発信!面白いブログを目指します!^^

Bluetoothのヘッドセットおすすめ5選!iPhoneでも使いやすい!

みなさん、こんにちは!

Bluetooth製品使われていますか?☆

今回はBluetoothのヘッドセットについてです!

Bluetoothのヘッドセットも色々種類があって、どれを選べばいいか解らないですよね!
そのため今回は、Bluetoothのヘッドセットを選ぶポイントと、売れてるランキングの商品から特にお勧めの商品5選を選びましたので、ご紹介していきます!

スポンサードリンク

 

Bluetoothのヘッドセット選びのポイント

みなさんはBluetooth対応ヘッドセットを購入する際、どんな基準で選びますか?
現状、ヘッドセットはあまり性能差がないので、形状が大きなポイントとなるかと思います!

ヘッドセットの形状

 片耳タイプ

通常のイヤフォンやヘッドフォンのように両耳につけないタイプとなります。
この場合は、通信中・通話中でも逆の耳から外部の音が聞こえるので、作業をしながらでも使えますし、外出時に移動しながらでも安全に使うことができます。
また、本体もひとつだけなので持ち運びや管理が楽なのも特徴です。

ネックタイプ

左右のイヤフォン部分を1本のケーブルで繋いでいるタイプのものです。
主にランニングなどのトレーニング中でも使える防水仕様であることが特徴で、種類が多いうえに安価で高性能なものも最近では増えてきています。

ヘッドフォンタイプ

最近ではヘッドフォン型のBluetoothヘッドセットも徐々に増えてきていて、その音質の良さが音楽好きのユーザーから好まれているようです。

完全分離タイプ

最近流行っているのがこのタイプで、左右のイヤフォン部分が完全に分離していてそれぞれにバッテリーを搭載しているのが特徴です。
やはり何と言ってもケーブルの煩わしさが一切無いため、装着しながら自由に動き回ることができ、見た目もスタイリッシュです。

 

Bluetoothのバージョン

Bluetoothのバージョンによって、音質や有効範囲等が変わってきます!
ヘッドセットの場合そこまで大きな差は現状ないと思いますので、もし2個目以降で形状以外にもこだわりたいって場合は確認してみましょう!

Bluetoothのバージョンに関しては詳しくは、関連記事にまとめています↓↓↓

Bluetoothのバージョン(5.0・4.2・4.1・4.0)の違い!互換性はあるの?

 

 

スポンサードリンク

 

Bluetoothのヘッドセットおすすめ5選!

それでは、具体的にどんな製品がおすすめなのか、たくさんある中から5つご紹介します。

「iPhone7 bluetooth イヤホン」

Bluetooth 4.1
通信範囲:最大10m
重さ:約7g
片耳タイプ
サイズ:54×21.5×11mm
連続通話時間:6〜8時間

Bluetooth 4.1に対応していることで、パソコンやスマホ、タブレットなどさまざまな機器と接続して使用できます。
さらにBluetooth 3.0と比較して伝送距離が3倍、騒音抑制能力が4倍向上しているのもポイントです。

iPhoneとのペアリング完了後、「Hey Siri」と呼びかければ音声アシスタントのSiriを呼び出すことができ、手を使うこと無く通話やナビが可能になります。

 

「Plantronics M70 Black-White」

Bluetooth 3.0
通信範囲:約10m
重さ:約8g
片耳タイプ
連続通話時間:約11時間

人間工学に基いてデザインされ、快適な装着感を実現したワイヤレスヘッドセットです。マルチポイントテクノロジー搭載により、2つの接続先を登録でき、スマホやパソコン、PDAなどの機器を簡単に切り替えて接続することができます。

初期設定の際に音声ガイダンスに従って設定するだけで、連続通話時間や接続状態などの現在の使用状況を教えてくれます。さらに、電源をオンにしたまま登録機器が通信圏外になり、90分以上経過すると自動的に省電力モードに切り替わる「ディープスリープモード」を搭載しています。

 

「スポーツイヤホン Bluetooth4.1ヘッドセット 」

Bluetooth 4.1
通信範囲:約10m
両耳タイプ
連続通話時間:約8時間

マグネット技術を採用したのが特徴で、例えば音楽再生中に左右のイヤフォンをくっつけると一時停止、電話を切ることができます。
また、音楽が一時停止している状態で左右のイヤフォンを分離させると、再び音楽が再生、電話を受けることができます。

CSR8645チップ、aptXコーデックを採用したことで、低遅延で高音質を実現し、CD品質のステレオサウンドが楽しめます。そして耳にしっかりとフィットするデザインになっているので、ランニングも快適に行なうことができます。

 

「EXPLORER500-G プラントロニクス Bluetooth4.1 ワイヤレスヘッドセット」

Bluetooth 4.1
通信範囲:約10m
重さ:約7.5g
片耳タイプ
連続通話時間:約7時間

Bluetooth 4.1対応のため、遅延が少なく高音質で使用できます。
また、左右の耳どちらでも快適にフィットするように設計されていて、重さ7.5gという軽量を実現しているので長時間の装着でも疲れにくいのが特徴です。

iPhone6/6 Plus/5s/5c/4S/4/3GS/およびiPad/iPad2に対応しており、ヘッドセットのバッテリー残量を確認することができます。

さらに、電源オンの状態で圏外になり、90分以上が経過すると自動的に省電力モードに切り替わる「ディープスリープモード」を搭載。満充電時から電源を切らない状態でも最大6ヵ月間、「いつでも通信できる状態」を維持することが可能です。

 

「Jabra CLASSIC USB クラシック 」

Bluetooth 4.0
重さ:約10g
片耳タイプ
連続通話時間:約9時間

万が一ヘッドセットが見つからない場合でも、スマホアプリの「Find My Jabra」機能で探しだすことができるのが特徴です。

また、自動ペアリング機能に対応した端末であれば、自動的にBluetooth対応端末とペアリングされ、近くにある端末も自動的に接続されます。

ヘッドセットが1時間以上接続されていない状態が続くと、自動的に電源がオフになる便利機能を搭載しており、長時間の装着でも疲れにくい人間工学に基づいた設計になっています。

 

まとめ

Bluetoothのヘッドセットは種類が豊富で迷うと思うのですが、初めての方は使いやすい形状で選ぶのが良いと思います。
2個目以降のかたはBluetoothのバージョン等その他の点もチェックしていきましょう!

他にもBluetoothに関する記事をまとめていますので、よかったらどうぞ^^↓↓↓

記事がお役に立ちましたら、是非ブックマーク登録お願いします!^^

スポンサードリンク

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top